「無線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「無線」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ケイン・コスギさんも愛用:
ついに無線化を果たしたゲーミングマウス「ロジクール G502 LIGHTSPEED」
ロジクールは、eスポーツ向けをうたったワイヤレスゲーミングマウス「G502 LIGHTSPEED」を発売する。当日行われた発表会では、ゲストにケイン・コスギさんが登場した。(2019/5/16)

水中で大容量の無線通信 東京海洋大など成功
水中の無線通信で大容量の動画データを送受信することに東京海洋大などのチームが成功した。(2019/5/13)

準拠品は徐々に増加
ドラフト版でも「Wi-Fi 6」の無線LAN製品を買うべきなのか?
ネットワークベンダー各社が新しい無線LAN規格「Wi-Fi 6」に準拠したデバイスを発表した。ただし同規格はまだIEEEで承認されていない。この無線LAN新規格への適切な投資タイミングとは。(2019/5/13)

「FlashAir」とクラウドつなぐ「FlashAir IoT Hub」終了 「想定より利用少なく、有償サービス化できなかった」
無線LAN機能を搭載した東芝メモリのSDカード「FlashAir」とクラウドをつなぐIoT支援サービス「FlashAir IoT Hub」のサービスが7月31日に終了する。(2019/5/9)

オン・セミコンダクター RSL10 ソーラーセルマルチセンサープラットフォーム:
バッテリーレスのBLEマルチセンサーシステム
オン・セミコンダクターは、ソーラーセルのみで動作するバッテリーレスの「RSL10 ソーラーセルマルチセンサープラットフォーム」を発表した。低電力無線通信、小型太陽電池、環境センサーなどを統合している。(2019/5/8)

影響と危険度を解説
無線LANを安全にするはずのWPA3に見つかった脆弱性「Dragonblood」とは?
無線LANのセキュリティ規格「WPA3」に脆弱性が見つかった。「Dragonblood」の名が付いたその脆弱性は、攻撃者が「ダウングレード攻撃」「サイドチャネル攻撃」に悪用する恐れがある。(2019/5/8)

AIベースのネットワーク監視ツールを活用
「学生寮の無線LANが遅い」 米大学はPCゲーム好き学生の嘆きにどう応えたか
ニューハンプシャー大学は学生寮のネットワークを有線LANから無線LANへ移行した。その際に直面したのが、無線LANのパフォーマンスの問題だ。どのようにして解決したのか。(2019/4/30)

AGVの自動給電を実現:
TDK、1kWクラスの無線給電システムを開発
 TDKは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2019年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)で、無人搬送車(AGV)向けの1kWワイヤレス給電システム「WPX1000」や、独自の構造によって故障リスクを低減した車載用電源系インダクター「HPLシリーズ」を展示した。WPX1000は今月17日から発売中、HPLシリーズは現在開発中だが1部の製品のみ今月から発売を開始している。(2019/4/23)

組み込み開発ニュース:
土壌発電や水分発電などの実用化を促進する実験キットを発売
エイブリックは、CLEAN-Boost技術実験用の土壌発電キットと水分発電キットをセットにした「バッテリーレス無線センサー実験キット」を発売した。身の回りの微小エネルギーを集めて電力に変換する技術の実用化を促進する。(2019/4/22)

これまでと根本的に違う点
次世代無線LAN「Wi-Fi 6」がIoTを普及させる3つの理由
新しい無線LAN規格の「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)には、IoT(モノのインターネット)普及を促す一助となり得る機能が幾つかある。注目すべき特徴を解説する。(2019/4/21)

ESEC2019&IoT/M2M展:
マイクロ秒精度で時刻同期できるLPWA、最短2週間のPoCサービスを開始
ソナスは、「第8回 IoT/M2M展 春」において、同社が独自に開発した省電力のマルチホップ無線「UNISONet(ユニゾネット)」を展示した。IoT向けのLPWAネットワークに最適として提案を進めている。(2019/4/19)

TECHNO-FRONTIER 2019:
TDKの1kWクラス無線給電システム、小型高効率でAGVに最適
TDKは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2018年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)に出展し、伝送電力1kWクラスのワイヤレス給電システム「WPX1000」を初めて展示した。同製品は無人搬送車(AGV)や産業用ロボットなど、バッテリーを搭載する産業用機械の電源用途を想定する。(2019/4/19)

ASUS、無線/有線接続に対応した光学式センサー搭載ゲーミングマウス 
ASUS JAPANは、計3種類の接続方法をサポートした光学式ゲーミングマウス「ROG Gladius II Wireless」を発売する。(2019/4/18)

バッファロー、単三アルカリ乾電池よりも軽い小型軽量の11ac対応トラベルルーター
バッファローは、IEEE 802.11ac接続に対応した小型無線LANルーター「WMR-433W2」シリーズを発売する。(2019/4/17)

特選プレミアムコンテンツガイド
“危ない無線LAN”が嫌なら「WPA3」を使うべきこれだけの理由
無線LANのセキュリティプロトコルの最新版「WPA3」。弱点が発見された「WPA2」からWPA3への置き換えは今後、必至とみられる。WPA3を利用すべき理由について説明する。(2019/4/16)

実行のハードルが低い:
「WPA3」に脆弱性、最新のWi-Fiセキュリティプロトコルにもパスワード盗難の恐れあり
Wi-Fiセキュリティプロトコル「WPA3」に複数の脆弱性があり、これらを悪用した攻撃により、無線ネットワークのパスワードが盗まれる恐れがあることが明らかになった。(2019/4/15)

CORSAIR、円形タッチパッド+ジョイスティックも装備した多機能ワイヤレスキーボード
アスクは、CORSAIR製の無線+有線接続に対応した多機能キーボード「K83 Wireless」の取り扱いを開始する。(2019/4/12)

製造業IoT:
AP増設工数を10分の1に削減、アライドテレシスが無線LAN新技術を発表
ネットワーク機器を製造販売するアライドテレシスは2019年4月11日、無線LANアクセスポイント同士を無線接続することで容易に無線LAN環境を拡張できる「AWC-SC(Autonomous Wave Control Smart Connect)」を開発したと発表した。(2019/4/12)

組み込み開発ニュース:
低消費電力で広範囲をカバー、Wi-SUN Enhanced HAN対応の無線通信モジュール
ロームは、最新の国際無線通信規格「Wi-SUN Enhanced HAN」対応の小型汎用無線通信モジュール「BP35C0-J11」を発表した。リレー通信やスリープ通信により、広範囲のエリアをカバーしつつ、低消費電力で動作するIoTシステムの構築に貢献する。(2019/4/11)

ITはみ出しコラム:
次は「AirPods」対抗の無線イヤフォン? 気付けば身の回りはAmazonハードウェアだらけに
Amazonが「Alexa」搭載の完全無線イヤフォンを開発中とのうわさが話題ですが、気付けば、身の回りにAmazonのハードウェアがあふれつつあります。(2019/4/7)

AmazonがAirPods対抗Alexa搭載無線イヤフォン開発中とのうわさ
Amazonが、AIアシスタント「Alexa」搭載のオリジナル完全無線イヤフォンを開発中だと、Bloombergのマーク・ガーマン記者が報じた。AppleのAirPodsより安い価格で、下半期に発売される見込みとしている。(2019/4/5)

土壌発電と水分発電をセットに:
エイブリック、バッテリーレスの無線センサー
エイブリックは、独自のCLEAN-Boost技術とBLE無線モジュールを一体化した「バッテリーレス無線センサー実験キット」の販売を始めた。(2019/4/4)

機械学習も利用:
無線LANの速度を約3.4倍に向上、複数周波数帯を同時使用で
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)とモバイルテクノは、無線LANの速度を向上させる技術を開発し、伝送実験の結果、速度が約3.4倍に向上することを確認した。空いている無線チャネルを同時に利用することで高速化した。(2019/4/2)

サイレックス MNS-300EM:
CPU搭載メッシュWi-Fi組み込みモジュール
サイレックス・テクノロジーは、メッシュ型の無線LANネットワーク環境を自律的にに構築し、搭載機器同士をシームレスに接続する、CPU搭載型メッシュWi-Fi組み込みモジュール「MNS-300EM」を発売した。(2019/3/26)

新規格「IEEE 802.11ac/ax」への移行が重要に
「IEEE 802.11a/b/g」時代の無線LANを使い続けるべきではない理由
旧型無線LAN機器のアップグレードを先延ばしにすることは危険だと、専門家は警告する。それはなぜなのか。(2019/3/25)

独自のFOTA機能もサポート:
ローム、Wi-SUN Enhanced HAN対応モジュール
ロームは、最新の国際無線通信規格「Wi-SUN Enhanced HAN(Home Area Network)」に対応した無線通信モジュール「BP35C0-J11」を開発した。(2019/3/22)

PR:BYODの時代でスモールオフィス・店舗用のメッシュWi-Fiを構築する3つのポイント
Synology製無線LANルーターでWi-Fiを構築する際のポイントを丁寧に解説。(2019/3/14)

TP-Link、大型ハイパワーアンテナを備える11ac対応のUSB無線LANアダプター
ティーピーリンクジャパンは、USB接続対応の無線LANアダプター「Archer T2U Plus」を発売する。(2019/3/14)

かっけぇぇぇ! 名車オブ名車「トヨタ・2000GT」が無線マウスに 長ーいボンネットをカチカチできちゃう
観賞用にも使えちゃうクオリティー。(2019/3/14)

アイ・オー、11n対応のエントリー無線LANルーター
アイ・オー・データ機器は、IEEE 802.11n接続に対応したエントリー無線LANルーター「WN-SX300FR」を発表した。(2019/3/13)

製造業IoT:
古くて新しいアドホックネットワーク、普及を担う最新研究を知る
デバイスを無線通信で相互接続し、デバイス同士の直接通信を数珠つなぎする「モバイルアドホックネットワーク(MANET)」。立命館大学は2019年3月12日、東京都内でアドホックネットワークをテーマとしたプレスセミナーを開催し、同学 情報理工学部 准教授の野口拓氏がMANETの最新研究動向を概説した。(2019/3/13)

今後の鍵は無線LANの制御
無線LANは成熟市場ではなかった? 企業がアクセスポイントを増やす理由とは
オフィスでは敬遠されることが少なくなかった無線LAN。この市場がいま伸びている。企業が新たに無線LAN環境を導入する背景には何があるのだろうか。無線LAN市場の動向を紹介する。(2019/3/13)

Wi-Fi IoTソリューションを提供:
村田製作所、CypressおよびNXPと協業
村田製作所は、無線モジュールとプロセッサを組み合わせたソリューションを提供するため、Cypress SemiconductorおよびNXP Semiconductorsと協業する。(2019/3/12)

災害時の情報収集方法、地域で差 全国上位は「テレビ」「エリアメール」「防災無線」
NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所は、3月11日に災害時の情報収集手段に関する調査結果を発表した。全国では「テレビ」が最も高く、次いで「エリアメール」「防災無線」となった一方、北海道は「ラジオ」、東京は「SNS」、西四国は「テレビ」、沖縄は「エリアメール」が高い。20代はSNSが最も高く、テレビを上回っている。(2019/3/11)

テクトロニクス AWG70000Bシリーズ:
レーダーテストに適した任意波形ジェネレーター
テクトロニクスは、任意波形ジェネレーターの新製品「AWG70000B」シリーズを発表した。高性能任意波形ジェネレーターに、ストリーミング波形ID機能を追加し、無線通信やレーダー、防衛関連システムのテストに適している。(2019/3/11)

ITインフラは「究極の仮想化」へ 
5G、クラウド、ギガビット無線LANで企業ネットワークインフラが消滅する日
クラウド、5G、スモールセル、BYODなどによって、企業のネットワークインフラが完全になくなる可能性はあるだろうか。将来的になくなる可能性が大いにある。(2019/3/11)

Dialogの「SmartBond」:
「Cortex-M33」を採用した無線SoC、Bluetooth 5.1に対応
Dialog Semiconductorは、組み込み技術の国際展示会「embedded world 2019」で、Bluetooth Low Energy(BLE)向けワイヤレスコントローラーSoC(System on Chip)「SmartBond」の新製品として、Bluetooth 5.1に対応した「SmartBond DA1469x(以下、DA1469x)」を発表した。(2019/3/7)

無線LAN導入から改善まで継続的にサポート:
PR:工場IoTに欠かせない無線LAN、「つながらない」「遅い」を解決する方法は
工場のIoT化の流れから必然的にニーズが高まっている「無線LAN」。一方で、通信品質の安定性やセキュリティなど、無線LANでの運用は不安やリスクも少なくない。これからの工場では欠かせないものとなる無線LANだが、「課題がある」「もっと有効活用したい」「今後導入したい」と考えている現場をしっかりとサポートしてくれるのが、日立システムズの「製造業向けアドオン無線ネットワークサービス」だ。(2019/3/5)

ハンファ、太陽光だけで使えるセキュリティカメラ「DVR-SL1」をリニューアル
ハンファQセルズジャパンは、太陽光充電に対応した無線ネットワークカメラ「DVR-SL1」の仕様改訂を発表した。(2019/3/1)

ロボット開発ニュース:
四輪独立ステアリング駆動方式のROS対応台車ロボットを発売
ヴイストンは、四輪独立ステアリング駆動方式の台車ロボット「4WDSローバーVer2.0」を発売した。4つの独立駆動輪で全方向にスムーズに移動し、旋回動作も可能だ。無線や有線、ROS通信を接続して、さまざまなデバイスから制御できる。(2019/2/27)

エレコム、アンテナ付きで通信安定性を高めたUSB外付け型11ac無線LANアダプター
エレコムは、USB接続に対応したIEEE 802.11ac接続対応の無線LANアダプター「WDC-433DU2H2-B」を発売する。(2019/2/26)

信州善光寺、仁王門にクラウド監視カメラを設置 歴史的建造物への落書きなどを防止
長野県長野市の善光寺は、仁王門にクラウド監視カメラを2台設置した。シャープ製の無線LANアクセスポイント「QX-C300」を活用し、景観を損ねずに監視カメラを設置。落書きなどを防止し、参拝者に安心・安全な環境の整備を目指す。(2019/2/27)

真空管アンプの自作に挑戦! 初心者の壁「回路図」まで分かりやすく図解した作例集登場
オーディオ雑誌『MJ無線と実験』の人気企画から、厳選された12作例が掲載。(2019/2/25)

組み込み開発ニュース:
国際無線通信規格Wi-SUN FAN搭載無線機が認証取得
ロームは、京都大学、日新システムズと共同で開発した無線機器が、Wi-SUNアライアンスが制定している新国際無線通信規格「Wi-SUN FAN」の認証を取得したと発表した。(2019/2/22)

Samsung、無線イヤフォン「Galaxy Buds」と「Galaxy Watch Active」「Galaxy Fit」も発表
Samsungが「Galaxy S10」発表イベントで、無線充電対応の無線イヤフォン「Galaxy Buds」、「Galaxy Watch」の薄型軽量版「Galaxy Watch Active」、フィットネスバンド「Galaxy Fit/Fit e」も発表した。(2019/2/21)

IDC Japan:
高成長を続ける産業用無線LAN機器市場、製造現場における無線LAN活用が後押し
IDC Japanは、国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測を発表した。(2019/2/20)

組み込み開発ニュース:
複数のLPWA規格間のブリッジ通信を可能にするソフトウェア
ラピスセミコンダクタは、Sigfoxサービスエリア外からの通信を可能にする「LPWAブリッジ通信用ソフトウェア」を開発した。複数の無線通信規格に対応し、従来のLPWAだけでは難しかった広い範囲に、信頼性の高いIoTシステムが構築できる。(2019/2/15)

IEEE 802.11axは何をもたらすのか(前編)
新高速規格「IEEE 802.11ax」が解決する無線ネットワークの課題
接続端末の増加や用途の変化により、無線ネットワークにはさまざまな課題が生じている。これらを解決しつつ高速な通信を実現すると期待されているのが次世代規格「IEEE 802.11ax」だ。(2019/2/14)

ラピスセミコンダクタ ML7404:
エリア外でもIEEE 802.15.4kを使ってSigfox網へ、LPWAブリッジ通信で実現
ラピスセミコンダクタは、SigfoxおよびIEEE 802.15.4k/IEEE 802.15.4gの複数無線通信規格に対応する無線通信LSI「ML7404」を活用し、Sigfoxのサービスエリアの拡張を実現する「LPWAブリッジ通信用ソフトウェア」を開発した。(2019/2/13)

村田製作所 ミリ波帯(60GHz)RFアンテナモジュール:
60GHz対応のミリ波帯RFアンテナモジュール
村田製作所は、通信事業者の基地局など、屋外での用途に適した「ミリ波帯(60GHz)RFアンテナモジュール」を発表した。無線LAN規格IEEE802.11adに対応し、次世代高速ワイヤレスネットワークの構築に必要な大容量通信を可能にする。(2019/2/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。