「ワイヤレス充電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワイヤレス充電」に関する情報が集まったページです。

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(35):
Galaxy S10 5Gを分解 ―― ケータイで流行した2層基板が再び登場した背景と今後
今回は、Samsung Electronicsの第5世代移動通信(5G)対応スマートフォン「Galaxy S10 5G」の内部などを紹介しながら、最近のハイエンドスマートフォンで主流になっている“基板の2階建て構造”(2層基板)を取り上げる。(2019/5/23)

ASUS、曲面デザインの37.5型ウルトラワイド液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、ウルトラワイド曲面パネルを採用した37.5型液晶ディスプレイ「MX38VC」を発売する。(2019/5/22)

「HUAWEI P30 Pro」のSIMフリー版は「現時点で予定なし」
ファーウェイ・ジャパンが5月21日に新製品の発表会を開催。P30シリーズを披露したが、P30 Proは現時点でSIMロックフリーモデルを発売する予定がないとのこと。国内ではドコモが取り扱うが、P30との価格差は意外と小さい。(2019/5/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i3-9100Fが登場も「渇きは潤せない」の評
品薄が続くCore iシリーズだが、先週は「Core i3-9100F」が登場し、新ステッピングの「Core i7-9700K」も出回るようになった。が、まだ乾きは潤すことができない……。(2019/5/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ここはひとつ、Appleに期待するしか……「GaNの採用」
なんだかんだ言って、期待してしまう。(2019/5/20)

「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する
ASUSが新フラグシップスマホ「ZenFone 6」を発表した。ノッチのない狭額縁ディスプレイとモーターで駆動するフリップカメラが特徴。ASUS本社で実機に触れる機会を得たので、本機の新しさを徹底解説する。(2019/5/17)

「AQUOS R3」がドコモからも登場 下り最大1576Mbpsに 価格は8万円台後半
ドコモがシャープの「AQUOS R3」を6月1日に発売する。ドコモオリジナルの「ラグジュアリーレッド」を用意。新開発の「Pro IGZO」ディスプレイや15秒のダイジェスト動画を作成するカメラが特徴。(2019/5/16)

ドコモから「Galaxy S10」「Galaxy S10+」登場 S10+には「オリンピックエディション」も
サムスン電子のフラグシップスマートフォンがドコモからも登場。「東京オリンピック」とコラボレーションしたS10+のスペシャルエディションも1万台限定で登場する。【更新】(2019/5/16)

おサイフケータイ対応:
Leicaの4眼カメラ搭載、10倍ハイブリッドズーム対応の「HUAWEI P30 Pro」がドコモから登場
NTTドコモが、2019年夏にHuawei製のスマートフォン「HUAWEI P30 Pro」を発売する。6.5型のフルHD+有機ELや、Leicaと共同開発した4眼カメラを搭載する。FeliCaや防水機能にも対応する。価格は8万円台後半の予定。(2019/5/16)

ワイヤレス充電しながら自動バックアップ サンディスクiXpandワイヤレスチャージャー
ウエスタンデジタルコーポレーションは、7月下旬以降に「サンディスクiXpandワイヤレスチャージャー」を発売。256GBの内蔵メモリーを搭載し、最大10Wのワイヤレス充電を行いながら写真などのデータを自動的にバックアップできる。(2019/5/13)

置くだけで写真をバックアップできるワイヤレス充電器 WDが7月発売
ウエスタンデジタルが、スマートフォンを置くだけで写真をバックアップできるスマートフォン向けワイヤレス充電器「サンディスクiXpandワイヤレスチャージャー」を発表した。(2019/5/13)

「Galaxy S10」「Galaxy S10+」がauから登場 予約購入で純正ワイヤレスイヤフォンプレゼント【写真追加】
サムスン電子の最新フラグシップスマートフォンがauから登場。事前予約購入で、サムスン電子の完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」をプレゼントするキャンペーンも実施する。(2019/5/13)

Pro IGZO搭載、カメラ機能も強化した「AQUOS R3 SHV44」 auから登場【写真追加】
KDDIが、シャープ製のスマートフォン「AQUOS R3 SHV44」を5月下旬に発売する。前モデル「AQUOS R2」からディスプレイやカメラ機能を強化したシャープのフラグシップモデル。au独自カラーのピンクアメジストを用意する。(2019/5/13)

ITはみ出しコラム:
「Pixel 3a」は日本で人気スマホになれる? Pixel 3ユーザーから見た“違い”
うわさ通り「Pixel 3」の下位モデルとなる「Pixel 3a」が登場。Pixel 3ユーザーの筆者が比較してみました。(2019/5/12)

Googleの廉価版スマホ「Pixel 3a/3a XL」で満足できる? 質感と見た目の第一印象を確かめた
国内でも5月17日に発売される実機を編集部で入手したので、ファーストインプレッションをお届けする。(2019/5/11)

アンカー、63時間限定のAmazon「タイムセール祭り」で最大43%オフ 35製品以上が対象
アンカー・ジャパンは、5月11日から63時間限定で開催されるAmazon「タイムセール祭り」で人気のスマホ関連製品や家電製品などを最大43%オフで販売。ロボット掃除機「Eufy RoboVac 11S」やモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」など、35製品以上が対象となる。(2019/5/10)

オリジナルカラーあり:
ソフトバンクから「AQUOS R3」登場 下り最大988Mbpsの通信に対応
シャープから発表されたばかりの「AQUOS R3」がソフトバンクから登場。下り最大988Mbpsの通信に対応するハイスペックモデルの1つで、ソフトバンクオリジナルカラーもある。(2019/5/10)

“動画撮りっぱなし問題”の解決に シャープが「AQUOS R3」で目指すもの
シャープが夏商戦向けに投入する新型スマートフォン「AQUOS R3」は、カメラ、ディスプレイ、基本性能を強化したフラグシップモデル。5月8日に開催した発表会でその狙いが語られた。3年連続、国内のAndroidスマートフォン出荷台数1位を目指す。(2019/5/9)

TDK WPX1000:
無人搬送車向け1kWワイヤレス給電システム
TDKラムダは、無人搬送車(AGV)向けに、防じん、防水設計の1kWワイヤレス給電システム「WPX1000」を発表した。給電可能範囲のズレ許容差はX方向±30mm、Y方向±5mmと広く、装置停止範囲を拡大する。(2019/5/9)

Google、新スマホ「Pixel 3a」発表 5万円弱の廉価版ながらカメラは上位機種と同等
お値段も性能もちょうどいい感じ。FeliCaにも対応しています。(2019/5/8)

Google、新スマホは廉価版 「Pixel 3a/3a XL」発表 4万8600円から FeliCaも対応
米Googleが自社開発の新型スマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を発表した。価格を抑えた廉価版モデル。(2019/5/8)

シャープが新フラグシップ「AQUOS R3」発表 ディスプレイが「Pro IGZO」に進化
シャープが「AQUOS R3」を発表。2019年初夏以降に発売する。ディスプレイには、画質と性能を向上させた「Pro IGZO」を採用。静止画用と動画用の2カメラを搭載しており、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する機能も用意した。(2019/5/8)

「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」発表 3と同等のカメラ性能でFeliCaあり 4万円台から
GoogleがスマートフォンPixelの新モデル「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発表。5月17日に発売する。価格(税込)はPixel 3aが4万8600円、Pixel 3a XLが6万円。ハイエンドモデル「Pixel 3」「Pixel 3 XL」と同等のカメラを搭載している。(2019/5/8)

Googleさん:
Google I/Oを予想する 低価格Pixel、Stadia、カメラ付きスマスピ
10連休が明けると「Google I/O」です。「Pixel 3a」発表は確定として、他には何が発表されるのか、うわさをまとめてみました。(2019/5/4)

サムスンのワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」登場 AirPodsと使い比べてみた
サムスン電子が、新たなワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」を5月下旬に発売する。GalaxyをはじめとするAndroidスマートフォンは、「Galaxy Wearable」アプリからペアリングや各種設定を行える。iPhoneでも使えるので、AirPodsと使用感を比較した。(2019/4/25)

人とくるまのテクノロジー展2019:
PR:接続技術が実現する次世代モビリティ、MRデバイスで体験
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」において、“CASE”(コネクテッド、自動化、シェアリング、電動化)を支える製品をMRデバイスを通じて訴求する。(2019/4/24)

AGVの自動給電を実現:
TDK、1kWクラスの無線給電システムを開発
 TDKは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2019年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)で、無人搬送車(AGV)向けの1kWワイヤレス給電システム「WPX1000」や、独自の構造によって故障リスクを低減した車載用電源系インダクター「HPLシリーズ」を展示した。WPX1000は今月17日から発売中、HPLシリーズは現在開発中だが1部の製品のみ今月から発売を開始している。(2019/4/23)

Googleさん:
Pixelアベンジャーズに加わる新ヒーローは「3a」?
Googleの年次開発者会議まであと約2週間。そこで発表されるらしいミッドレンジのオリジナルスマートフォン「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」についてのこれまでのうわさをまとめてみました。薄紫はちょっと欲しい。(2019/4/21)

TECHNO-FRONTIER 2019:
TDKの1kWクラス無線給電システム、小型高効率でAGVに最適
TDKは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2018年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)に出展し、伝送電力1kWクラスのワイヤレス給電システム「WPX1000」を初めて展示した。同製品は無人搬送車(AGV)や産業用ロボットなど、バッテリーを搭載する産業用機械の電源用途を想定する。(2019/4/19)

組み込み開発ニュース:
半導体製造プロセスで作る全固体電池は「医療用インプラント機器に最適」
英国のイリカ(Ilika)が、医療用インプラント機器向けの全固体電池「Stereax M50」について説明。てんかんやパーキンソン病の患者向けに用いられる神経刺激装置(ニューロスティミュレーター)や、健康維持のため肺動脈付近に埋め込む血圧モニターをはじめ、早ければ2021年にも医療機器メーカーの採用を見込む。(2019/4/17)

新型「AirPods」を試す 第1世代から何が変わった? 音質はどう?
Appleが3月末に発売した新型「AirPods」を実際に使ってみた。連続通話時間が伸びた他、接続スピードが向上し、「Hey Siri」の音声コマンドにも対応する。アップデートした部分を中心に、実際に使って気づいたことをお届けしたい。(2019/4/13)

次期三眼iPhoneは、6.1インチと6.5インチ有機ELモデル?
今年発売が予定されているiPhone次期モデルには三眼カメラ搭載が噂されている。そのさらなる詳細情報が寄せられた。(2019/4/8)

ユニットコム、フラットデザインのキューブ型デスクトップPC
ユニットコムは、iiyama PCブランドからスマートな外観のキューブ型デスクトップPCを発売した。(2019/4/8)

CIO、デスクがワイヤレス充電器になる次世代型充電器「deskHack」のクラウドファンディングを実施
CIOがデスクの下に設置するだけでワイヤレス充電器に早変わりする次世代型充電器をクラウドファンディングを使って先行販売する。厚さ12〜32mmのさまざまな素材の机で利用可能で、穴を開けずに設置できる。最大10Wの急速充電にも対応する。(2019/4/5)

スマホからサイズ調整できるシューズ「ナイキ アダプトBB」発売 3万5000円
ナイキは、スマートフォンアプリと連動するバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」を発売する。アプリを使うことでユーザーの足のサイズに合わせて調節できる。無料アプリはiPhoneとAndroid両方に対応し、シューズの本体価格は3万5000円(税別)。【訂正】(2019/4/5)

DSDV対応のSIMフリースマホ「Mayumi U1」、ビックカメラやヨドバシカメラで取り扱い開始
さくらネットは、4月1日にDSDVに対応したSIMフリースマホ「Mayumi World Smartphone U1」を家電量販店で販売開始した。自社運営のオンラインストアに加え、ビックカメラ、ヨドバシカメラの主要店舗とインターネット公式通販サイトで取り扱う。(2019/4/2)

次期iPhoneのバッテリー共有機能、著名アナリストも予想
3月25日既報のバッテリー共有機能を、ミン=チー・クオ氏も予想している。(2019/4/2)

Apple、ワイヤレス充電器「AirPowerマット」の開発を中止
画像がなくなったり、印刷されていたり、ユーザーをやきもきさせたAppleの純正Q充電マット「AirPower」は結局出ないことが判明した。(2019/3/30)

アンカー、63時間限定のAmazon「タイムセール祭り」で35製品以上を最大43%オフ
アンカー・ジャパンは、63時間限定で開催されるAmazonのビッグセール「タイムセール祭り」に合わせ、35製品以上を最大43%オフで販売。タイムセール祭り初登場の完全ワイヤレスイヤフォン「Soundcore Liberty Air」やモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」などをそろえる。期間は3月30日9時〜4月1日23時59分。(2019/3/30)

AirPower画像、新AirPodsパッケージに存在
AppleのWireless Charging Case for AirPodsパッケージにAirPowerマットのイラストがある。(2019/3/28)

「HUAWEI P30」シリーズ徹底解説 Proは「暗所撮影」と「ズーム機能」が驚異のレベルに
Huaweiが「HUAWEI P30」シリーズを発表。「Rewrite the Rules of Photography(写真の法則を書き換える)」というキャッチの通り、カメラ機能を大きく強化した。特に進化したのが、P30/P30 Proの暗所撮影機能と、P30 Proのズーム機能だ。(2019/3/27)

新AirPods、旧世代とどう違う? 比較してみた
Hey Siriに対応した第2世代AirPodsを試した。(2019/3/27)

「HUAWEI P30/P30 Pro」登場 Proは4眼カメラで10倍ハイブリッドズームが可能
Huaweiが新たなフラグシップスマートフォン「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 Pro」を発表した。Leica(ライカ)と共同開発したカメラ機能をさらに強化した。P30 Proは画質劣化を抑えた10倍のハイブリッドズームが可能。価格は日本円で約10万〜16万円。(2019/3/27)

力を分け与える次期iPhone 本体だけでAirPodsやApple Watch充電も?
Galaxy S10シリーズと同じように、次期iPhoneは本体から他のデバイスをワイヤレス充電可能になるかもしれない。(2019/3/25)

Qi対応AirPodsと対になるはずのAirPower、Appleサイトから消える
Appleは、Qiワイヤレス充電マット「AirPower」の製品画像を自社Webサイトから削除した。(2019/3/21)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
モバイルバッテリー選びで重視したい「3つのポイント」
モバイルバッテリーを選ぶ際には、自身の利用スタイルに適した製品を見定めることが重要だ。今回は、購入前にチェックすべき事柄について、大きく3つのポイントに分けて紹介する。「容量」「出力」「使いやすさ」を考えたい。(2019/3/21)

接続性高めた第2世代AirPods登場 Qiケースも
Appleは、新しいApple H1ヘッドフォンチップを採用した「AirPods (2nd generation)」を発表した。(2019/3/20)

ゲーム音声の遅延を最大30%低減 充電ケースが選べる新型「AirPods」登場 1万7800円から
2年4カ月の時を経て、Appleの完全ワイヤレスBluetoothイヤフォン「AirPods」に新型が登場。新しい「Apple H1」チップを搭載し、ペアリングや接続端末の切り替えにかかる時間を短縮した他、ゲームプレイ中の音声の遅延(レイテンシ)を低減。バッテリー持ちも改善した。ワイヤレス充電対応のケース付きモデルもある。(2019/3/20)

実現が本格化:
EV用ワイヤレス給電、なぜ10年にわたり“標準化争い”が続いたのか?
電気自動車(EV)用のワイヤレス給電は、長年2社間で、国際規格標準化をめぐり激しい争いを続けてきた。しかし、この2月、米ベンチャー企業、ワイトリシティが、米半導体大手クアルコムのEV向けワイヤレス給電事業「クアルコム・ハロ」を買収することで決着した。これによって、EV向けワイヤレス給電の実現が本格化すると思われる。ワイヤレス給電は約10年前から提案されてきたアイデアであるが、なぜ10年もの長きにわたり標準化争いが続いてきたのであろうか。筆者も過去にワイヤレス給電に携わった経験があり、考えを述べてみたい。(日本電動化研究所 代表取締役・和田憲一郎)(2019/3/12)

デスクに埋め込めるワイヤレス充電器 サンワサプライから
サンワサプライは、3月11日にデスクやテーブルの天板に埋め込んで使うQi規格対応ワイヤレス充電器を発売。ケーブルは天板の下に配線されるため散らからず、設置の際に取り回しがしやすい2mのロングケーブルを使用している。取り付けには別途穴あけ加工が必要だ。(2019/3/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。