「ワイヤレス充電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワイヤレス充電」に関する情報が集まったページです。

電気自動車:
ワイヤレス給電インホイールモーターは、大容量バッテリーよりも「トータルコストが安い」
東京大学とブリヂストン、日本精工(NSK)、ローム、東洋電機製造は2019年10月10日、千葉県柏市で説明会を開き、走行中のワイヤレス給電が可能なインホイールモーターの第3世代品を開発したと発表した。(2019/10/15)

CEATEC 2019:
村田製作所とソニーの技術を融合、容量25mAhの全固体電池として昇華
村田製作所は、「CEATEC 2019」において、「業界最高水準の電池容量を持つ」(同社)とする全固体電池を披露。これまで製品化されている全固体電池の電流容量は1mAh以下のものが多いが、同社は最大で25mAhの電流容量を持つ製品の開発に成功。2020年度中の製品出荷を目指している。(2019/10/15)

富士通、村田製作所が大臣賞:
CEATEC AWARD 2019、受賞企業を発表
2019年10月15日に開幕する展示会「CEATEC 2019」(シーテック 2019)の主催者であるCEATEC実施協議会は10月14日、CEATEC 2019に展示される技術、製品、サービスなどの中から優れたものを表彰する「CEATEC AWARD 2019」(シーテック アワード 2019)の受賞企業を発表した。富士通が総務大臣賞、村田製作所が経済産業大臣賞を受賞した。(2019/10/14)

耐衝撃性能を備えたUREBAN AREMR GEARのApple Watch用ケース プリンストンから
プリンストンは、10月18日にUREBAN AREMR GEAR製Apple Watch用ケースを発売。衝撃に強いポリカーボネートシェルと衝撃を和らげるソフトラバーの2層構造で保護し、装着したままでもDigital Crownやボタンの操作を邪魔しない。(2019/10/11)

電気自動車:
走行中のEVへワイヤレス給電に成功、東大らがインホイールモーターを新開発
東京大学と民間企業らの研究グループが、走行中の電気自動車にワイヤレス給電が可能なシステムを開発。従来より実際の車両に搭載しやすくした他、モーターや給電能力も高めることに成功した。(2019/10/11)

小型ボディーに21:9ディスプレイを搭載した「Xperia 5」、ドコモが11月1日に発売
ドコモがソニーモバイルの「Xperia 5」を11月1日に発売する。アスペクト比が21:9、約6.1型の有機ELディスプレイを、約68mmのスレンダーなボディーに搭載した。背面には広角+超広角+望遠の3眼カメラを搭載する。(2019/10/11)

タッチベゼル搭載のスマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」が11月上旬以降に発売
サムスン電子ジャパンは11月上旬以降にスマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」を発売する。全国のauショップや家電量販店などで販売される。フェースデザインのカスタマイズ性が向上し、センサー類が強化されたことで、より高精度なデータを記録できるとしている。(2019/10/10)

「Xperia 5」がauから登場 幅68mmボディーに6.1型有機ELや3眼カメラを搭載
KDDIが「Xperia 5」を10月下旬以降に発売する。価格は9万円台(税込み)の予定。縦に長い21:9のディスプレイを、幅68mmのボディーに搭載した。背面にはトリプルカメラを搭載し、映画品質をうたう動画の撮影が可能な「Cinema Pro」アプリも用意した。(2019/10/10)

トリニティ、iPhone 11シリーズ向け「カタリスト 衝撃吸収ケース」を発売
トリニティは、10月中旬から米国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠したiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向け「カタリスト 衝撃吸収ケース」を発売する。装着したまま充電できるスリムな設計で、端末デザインを損なわないクリア仕様となっている。(2019/10/8)

間もなく日本上陸? 「Galaxy Note10+」のSペンやカメラを試してみた
Samsung Electronicsが8月7日にニューヨークで発表し、日本での発売も期待される「Galaxy Note10」シリーズ。約6.8型ディスプレイを搭載するNote10+(グローバルモデル)を、いち早く試す機会を得た。サイズ感、Sペン、カメラなどをチェックした。(2019/10/8)

硬度9H強化ガラスを採用したiPhone 11シリーズ向けクリアケース Spigenから
Spigenは、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxに対応したクリアケース「クォーツ・ハイブリッド」を発売。TPUバンパーとポリカーボネートの他、背面に硬度9Hの強化ガラスを組み合わせた耐衝撃ケースとなっている。(2019/10/7)

BMW、新型「X1」を発表 デザイン一新、大型キドニーグリルで迫力アップ
人気コンパクトSUVがより個性を強調。(2019/10/3)

2画面折りたたみタブレット「Surface Neo」登場 2020年発売
米Microsoftは、2画面ディスプレイを搭載したWindowsデバイス「Surface Neo」を発表した。2020年末に発売する。(2019/10/3)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(39):
iPhone 11 Proを分解、パッと見では分からない劇的変化が潜んでいた
2019年9月20日に発売されたAppleの新型スマートフォン「iPhone 11 Pro」の内部の様子を報告する。一見すると、従来モデルを踏襲した内部設計のようだったが、詳しく見ていくと大きな変化が潜んでいた――。(2019/10/3)

iPhoneのQi高速充電、iOS 13.1で一部ダウングレード 対応メーカーを制限
Appleは、iOS 13.1でiPhoneを7.5W Qiワイヤレス充電可能な製品を制限した。(2019/9/27)

PR:スマホカメラでここまでデキル! 「HUAWEI P30 Pro」で新次元のカメラ体験を
Huaweiの最新スマートフォン「HUAWEI P30 Pro」が、ついに登場。ハイブリッド10倍ズーム対応の望遠カメラを搭載したフラグシップモデルだ。カメラだけでなく、セキュリティやバッテリーなどでも最先端の技術が詰め込まれている。そんなHUAWEI P30 Proの実力を徹底チェックした。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/9/27)

PR:スマホを置くだけで充電+バックアップ 「iXpand ワイヤレスチャージャー」で“楽”を手に入れよう
スマートフォンのバックアップは重要だと分かっているけど、なかなか実践できていない人は多いのでは? そんな人にオススメしたいのが、サンディスクの「iXpand ワイヤレスチャージャー」だ。スマホを置くだけで充電とバックアップを同時に行える便利な一品を見ていこう。(2019/9/24)

「iPhone 11 Pro Max」をiFixitが分解 双方向ワイヤレス充電チップらしきものを発見
「iPhone 11 Pro Max」をiFixitがさっそく分解。うわさがあったが結局搭載されなかった「双方向ワイヤレス充電」のためのハードウェアらしきものが見つかった。(2019/9/23)

ポケットでスマホを充電できるワイヤレス充電バッグ、クラウドファンディングで予約販売
カクストアは、ポケットにスマホを入れれば充電が完了する「ODDEYEワイヤレス充電バッグ」をクラウドファンディングで予約販売。多彩なアイテムを収納できるデザインで、バッグの内側・外側ポケットどちらでも充電できる。(2019/9/20)

カメラが進化し5Gモデルも登場 しかしGoogleアプリは非搭載――「HUAWEI Mate 30」シリーズ詳報
Huaweiが新たなフラグシップスマートフォン「Mate 30」シリーズを発表した。新型プロセッサ「Kirin 990」を搭載し、カメラ機能も強化されているが、気になる点もある。詳報をお伝えする。(2019/9/20)

日本TI BQ25619:
終端電流20mAのバッテリーチャージャーIC
日本テキサス・インスツルメンツは、終端電流が20mAのバッテリーチャージャースイッチングIC「BQ25619」を発表した。終端電流60mA以上の競合製品に比べ、バッテリー容量と動作時間を各7%向上できる。(2019/9/20)

「iPhone 11」シリーズを試す カメラは“超広角が加わっただけ”ではなかった
iPhone 11シリーズ3機種は、超広角カメラに対応しているのが最大の特徴。ただし、複眼カメラは画角を変えるためだけに使用されているのではない。このカメラに加え、デザインやパフォーマンスも含めてレビューする。(2019/9/17)

これは文鳥一択……! 「新型iPhoneと文鳥の比較表」が圧倒的に文鳥の勝利だった
「ボトムズ(iPhone 11 Pro)」「タピオカ(iPhone 11 Pro Max)」「かわいいちゃん(文鳥)」。(2019/9/14)

「iPhone 11」シリーズは何が変わった? iPhone XS/XS Max/XRとスペックを比較する
「iPhone 11」シリーズが発表された。iPhone 11は「iPhone XR」の後継、iPhone 11 Proは「iPhone XS」の後継、iPhone 11 Pro Maxは「iPhone XS Max」の後継にあたる。新旧モデルを比較しながら、11で何が変わったのかをまとめる。(2019/9/11)

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は何が違う? ざっくり整理
2019年の新型iPhoneとして、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が発表された。いずれも製品名に「11」を冠するが、何が違うのか。主な違いはディスプレイとカメラだ。(2019/9/11)

次期iPhoneはどうなる?:
まもなく2019年の新型iPhone発表? Apple「スペシャルイベント」の見どころチェック
Appleのスペシャルイベントまで残すところ10時間ほど。2019年は、一体何が発表されるのだろうか。予想をまとめつつ、筆者なりの見解を記しておこうと思う。(2019/9/10)

iPhone 11にApple Pencilは来ない クオ氏が予想
次期iPhoneでApple Pencilが使えるという噂を著名アナリストは否定した。(2019/9/10)

間もなく発表:
3眼カメラ搭載か “新iPhone”3機種うわさまとめ
米Appleが9月10日(日本時間11日午前2時)に開催するスペシャルイベントで発表される予定の“新iPhone”のうわさをまとめた。(2019/9/10)

日本モレックス ストレートタイプUSB Type-Cレセプタクル:
ストレートタイプのType-Cレセプタクル
日本モレックスは、「USB Type-Cコネクターおよびケーブル」ファミリーにストレートタイプの「USB Type-Cレセプタクル」を追加した。USB 3.1Gen2規格に準拠し、堅牢なPCBマウントとなるよう、シェル側に4つ、中間プレートに2つのタブを備える。(2019/9/9)

イノベーションジャパン 2019:
エッジAI、水中での無線給電 500超の研究成果を披露
2019年8月29〜30日に開催された「イノベーションジャパン 2019」(東京ビッグサイト)では、多数の大学、研究機関、ベンチャー企業が出展し、500を超える研究成果を展示した。両日とも会場は多くの来場者でにぎわっていた。今回は、そのうちの一部を紹介する。(2019/9/6)

市販プロジェクターで“非破壊検査”、宇宙線でピラミッドを「透視」──イノベーション・ジャパン2019で見た注目技術
大学やベンチャー企業のテクノロジー見本市「イノベーション・ジャパン2019」で展示されていた技術を紹介していく。(2019/9/3)

Spigen、「Amazon タイムセール祭り」でスマホアクセサリーを最大73%オフ
Spigenは、Amazonが開催する「タイムセール祭り」の特選タイムセールに合わせ、スマートフォンケースやアクセサリーなど全142商品を最大73%オフで販売する。期間は8月31日9時〜9月1日23時59分。(2019/8/30)

ワイヤレス充電に対応したレザー調&ファブリック調のAirPodsケース UNiCASEから
UNiCASEは、9月中旬にワイヤレス充電対応のAirPodsケースを発売。レザー調とファブリック調の2種類をそろえる。カラーはwhite leather、beige leather、gray fabric、brown fabricの4色で展開する。(2019/8/26)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
ワイヤレス充電のスピードはどう? 11W対応の「AQUOS R3」で試してみた
ワイヤレス充電(Qi)に対応したスマートフォンが増えつつある。チャージャーにスマホを置くだけで充電できるのがメリットだが、気になるのは充電のスピード。今回は、最大11Wのワイヤレス充電に対応する「AQUOS R3」で検証してみた。(2019/8/23)

Apple、3眼iPhone Pro、新iPad Pro、16インチMacBook Proなどを発表か ノイキャンAirPodsは来年?
今年後半に発売予定のApple製品についてBloombergがレポートしている。(2019/8/23)

「ZenFone 6」が国内上陸 180度回転するフリップカメラ搭載、約7万円から
ASUS JAPANが8月20日、最新スマートフォン「ZenFone 6」を8月23日から順次国内で発売する。180度回転するフリップカメラを搭載しており、アウトもインも同じ画質で撮影できる。価格(税別)は128GBモデルが6万9500円、256GBモデルが8万2500円。(2019/8/20)

IKEA、「Home smart」事業部設立でスマートホームに本格参入
家具メーカーのIKEAが、スマートホーム事業部「Home smart」を設立した。既にスマート照明シリーズを販売している同社は、スマート家具開発に本腰を入れる。(2019/8/18)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
本当に“同じ”? 「Pixel 3」と「Pixel 3a」のアウトカメラを撮り比べる
Googleのスマートフォン「Pixel 3」と、その廉価版に相当する「Pixel 3a」。両者のアウトカメラは基本スペックが同じということになっているが、本当に同じなのか? 撮り比べてみるのである。(2019/8/15)

電気自動車:
インホイールモーターの走行中無線給電の特許をオープン化、2025年に実証実験
東京大学とNSK、ブリヂストンは2019年8月1日、電気自動車(EV)に搭載するインホイールモーターへの給電技術について基本特許に関する合意を結び、走行中のインホイールモーターへのワイヤレス給電の実用化を目指すと発表した。(2019/8/7)

Samsung、Tizenスマートウォッチ「Galaxy Watch Active 2」を9月に米国で発売
Samsungが、Tizen搭載スマートウォッチ「Galaxy Watch Active 2」を発表した。価格は279.99ドル(約2万9700円)からで、米国で9月に発売する。LTE版もある。(2019/8/6)

フォーカル、1台で3役をこなすワイヤレス充電スタンド「HiRise Wireless」
フォーカルポイントは、デスクトップ型のスリムなワイヤレス充電スタンド「HiRise Wireless」を発売。AirPodsの充電パッドやコンパクトなポータブル充電パッドとしても利用できる。(2019/8/2)

WiTricity:
「一度ワイヤレスになると元に戻れない」、EVも同じ
ワイヤレス給電技術を扱う米WiTricityは、報道機関およびアナリスト向けに開催されたシンポジウム「DX INITIATIVE 2019 〜モビリティ産業に見るデジタルトランスフォーメーション〜」(2019年7月26日)において、同社の技術や、電気自動車(EV)向けワイヤレス給電の動向などを説明した。(2019/8/1)

置くだけバックアップの「iXpandワイヤレスチャージャー」、スマホの容量不足解消にも
ウエスタンデジタルが発売した「iXpandワイヤレスチャージャー」は、大容量SSDを内蔵したワイヤレス充電器。スマートフォンのストレージ容量不足の解消にも有効という。詳細を担当者に聞いた。(2019/7/26)

ワイヤレス充電+データの自動バックアップ――サンディスクの「iXpandワイヤレスチャージャー」、auとソフトバンク経由で発売
ウエスタンデジタルが、Qi規格に準拠したワイヤレスチャージャーとデータバックアップストレージをまとめたデバイスを発売。auショップ、ソフトバンクショップと、auおよびソフトバンクのオンラインショップで販売する。(2019/7/26)

Wi-FiからV2X無線、遠距離無線充電まで:
Gartner、2019年以降の「無線技術」の10大トレンドを発表
Gartnerは、無線技術の10大トレンドを発表した。Wi-Fiや5Gなど比較的なじみ深い技術から、無線センシングやバックスキャッタネットワーキングまで幅広い無線技術について扱っている。(2019/7/25)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
“イヤフォンジャックのないスマホ”で充電しながら音楽を聴く方法
最近は3.5mmイヤフォンジャックを搭載しないスマートフォンが増えてきた。有線のイヤフォンやヘッドフォンに親しんだ人にとっては、こうした端末への機種変更後にアダプターが必要になる。音楽を聴きながらでも充電が可能になる、二股ケーブルやBluetoothレシーバーを紹介する。(2019/7/25)

ケータイショップ発スマホ再び ピーアップが「Mode1 RR」を7月下旬発売
携帯電話ショップ「テルル」を運営するピーアップが、4台目のSIMロックフリースマートフォンを発売する。テルル店頭の他、プラススタイルが運営する「+Style」を通して通信販売も行われる。(2019/7/24)

ベルキン、ワイヤレス充電スタンド&車載ホルダーをApple Storeで発売
ベルキンは、7月22日にワイヤレス充電スタンドとワイヤレス充電車載ホルダーを国内Apple Store、Apple.comで取り扱い開始。対応機種を最大10Wで充電でき、最大厚さ3mmまでのケースに入れたまま利用できる。(2019/7/23)

Spigen、三重構造のiPhone XR対応ケース「タフ・アーマー XP」発売
Spigenは、7月18日に三重構造で端末を保護するiPhone XR対応ケース「タフ・アーマー XP」を発売。Amazonストアでは発売を記念して20%オフ、7月21日まで使えるボーナスクーポンを利用すればさらに20%オフとなる。(2019/7/18)

分離プラン時代に選びたい、3万〜6万円台の最新ミッドレンジスマホまとめ
分離プランでは、これまでのような大幅な端末値引きは難しくなった。キャリアは価格を少し抑えながらも十分な性能を持つミッドレンジモデルを増やす方向にシフトしている。今回はキャリア各社から販売されている、6万円以下で買えるスマートフォンを紹介する。(2019/7/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。