「Xcode」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Xcode」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「iOS 13」のセキュリティ情報公開、深刻な脆弱性を修正 対象外の機種向けには「iOS 12.4.2」配信
「iOS 13」「iOS 13.1」の対象機種はiPhone 6s以降。iPhone 5sやiPhone 6向けには「iOS 12.4.2」が配信される。(2019/9/27)

従来モデルよりも処理速度を向上
新型「MacBook Pro」、Apple初の8コア搭載モデルはどれだけ「プロ向け」か
Appleは「MacBook Pro」の最新モデルを発売した。そのハイエンドモデルはApple初の8コアプロセッサ搭載MacBookで、従来モデルよりも高速化を図った。(2019/6/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「Mac Pro」「Pro Display XDR」は驚きの出来栄え 次期macOS「Catalina」はより便利に
米Appleの開発者会議「WWDC 2019」で実際にチェックして分かった、新「Mac Pro」と「Pro Display XDR」の驚くべき仕上がり、そして次期macOS「Catalina」に搭載される注目の新機能をまとめてお伝えする。(2019/6/8)

WWDC 2019:
Apple、SwiftUIなどを説明 Sign in with AppleはWindows版も
WWDC基調講演を補完する恒例イベント「2019 Platforms State of the Union」動画が公開された。ここから読み取れることは多い。(2019/6/5)

WWDC 2019:
iPadアプリをmacOSアプリにする「Project Catalyst」でTwitter公式アプリも復活へ
AppleがWWDC 2019で、iPadOSアプリを簡単にmacOSに移植できるようにすると発表した。「Xcode 11」(β)でiPadとMacのアプリを共通のソースコードで開発できる。(2019/6/4)

macOS Catalina、今秋登場 iPadを液タブに使えるSidecar機能も
WWDC 2019で、macOS 10.15が発表された。(2019/6/4)

セキュリティ・アディッショナルタイム(31):
君のコンパイラや開発環境は侵害されていないか?――開発者が「サプライチェーン攻撃」に加担しないためにすべきこと
セキュアな開発やコードスキャンに取り組むだけでは防ぎ切れないリスクとして「サプライチェーン攻撃」がある。Kaspersky Labは、2019年4月9〜10日に開催した「Security Analyst Summit 2019」で、その実態を紹介した。(2019/5/7)

診断レポート機能を導入:
最新版「Node.js 12」が公開、TLS 1.3に対応
Googleの「V8」JavaScriptエンジンで動作するサーバサイドJavaScript環境の最新版「Node.js 12」が公開された。TLS 1.3対応や診断レポート機能の実験的導入など多数の改良が施されている。(2019/4/25)

ABIが安定化、新機能を多数提供:
AppleのOS向け開発言語「Swift 5」が登場
Appleの「iOS」や「macOS」「tvOS」「watchOS」で動作するアプリケーションの開発に向くオープンソースのプログラミング言語の最新版「Swift 5」が登場した。(2019/3/29)

日本の教育に欠けているもの:
ドワンゴ新社長・夏野剛が明かす“N高のミライ” 小中学生向けプログラミング塾「Nepps」の狙いとは
ドワンゴ社長の夏野剛氏が、4月に開校する小中学生向けプログラミング塾の狙いとN高の未来を語った。(2019/3/2)

11インチiPad Proは横Face IDと4K出力対応?
11インチを含む次世代iPad Proは、本体横でもFace IDロック解除に対応し4K出力に対応か?(2018/9/21)

盗難対策や捜査当局によるロック解除にも有効
Apple「iOS 12」、うわさのセキュリティ機能「USB制限モード」とは?
「USB Restricted Mode(USB制限モード)」がAppleのiOS 12でデビューする。この機能では、窃盗犯や捜査当局によるブルートフォース攻撃からユーザーを守る。(2018/6/17)

GitHub→GitLabの流れでGitLabがオープンソースプロジェクト向け無料キャンペーン
MicrosoftによるGitHub買収発表でリポジトリ流入が急増したGitLabが、月額99ドル/ユーザーの有償サービスを、オープンソースプロジェクトと教育機関限定で無償化すると発表した。(2018/6/6)

WWDC 2018基調講演まとめ(iOS 12/watchOS 5/tvOS 12/macOS Mojave)
Appleの年次開発者会議「WWDC 2018」で発表されたことを時系列にまとめた。iOSの「Memoji」や「ARKit 2」、macOSのダークモード、FaceTimeのグループチャットなどが発表された。(2018/6/5)

次期macOS「Mojave」は今秋リリース 「ダークモード」を搭載
山から砂漠へ。(2018/6/5)

macOS 10.14は、Apple Newsアプリが追加され、ダークモードも利用可能に?
WWDCでmacOSダークモードが披露される?(2018/6/3)

Apple Watchの文字盤が自由に開発可能に?
Appleがサードパーティ製watch facesをサポートする計画という噂が浮上している。(2018/4/16)

ものになるモノ、ならないモノ(76):
なぜ人工知能研究でNVIDIAのGPUが使われるのか――安くて速いGeForceが尊ばれる理由
最近、人工知能(AI)の研究開発における「計算」の分野でGPUメーカーNVIDIAの名前を見掛ける機会が増えた。グラフィックの表示を行うGPUが、なぜAI研究の計算で活躍するのかを、AIについてズブの素人である筆者が、超初心者目線で取材し、調べ、まとめた。(2018/4/5)

「QRコード問題」は解消されず?:
「iOS 11.3」のセキュリティ情報公開、カーネルやWebKitの深刻な脆弱性に対処
Appleのセキュリティ情報によると、iOS 11.3では計43件の脆弱性を修正した。(2018/3/30)

Unityで始めるARKit入門(3):
Mixamoの3DキャラクターとアニメーションをiPhoneのARで表示するには
Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載。今回は、Mixamoの3DキャラクターとアニメーションをARKitのアプリに組み込んでみよう。(2018/2/8)

Unityで始めるARKit入門(2):
UnityでCubeを床に投げるARKitアプリを作る
Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載。今回は、床の上に、色がランダムに変化するCubeが投げ出されるアプリを作ってみよう。(2018/1/25)

PR:いま開発ツールの世界に何が起きているのか――最新ツールとVisual Studioサブスクリプションで変わる開発環境
クラウド技術など開発者を巡る環境の目まぐるしい変化に合わせて、開発ツールのトレンドも大きく様変わりしている。日本マイクロソフト テクニカルソリューションプロフェッショナルの井上章氏に鈴木淳也がインタビュー。(2018/1/17)

Unityで始めるARKit入門(1):
UnityでARKitアプリを開発するための環境構築チュートリアル
Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載。初回は、ARKit対応アプリの開発環境を構築し、iPhone上でサンプルアプリを動かすまでの手順を解説する。(2018/1/10)

Apple、モバイルアプリ開発ツールのBuddybuildを買収 Android版は2月末で終了
Appleがモバイルアプリ開発ツールの新興企業Buddybuildを買収し、Xcodeチームに統合する。BuddybuildのAndroid版サービスは3月1日に終了する。(2018/1/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2018年、ユーザーインタフェースに真の革新が始まるか
コンピュータUIの世界はCUIからGUIへの移行で利用者のハードルを下げることに成功し、タッチUIはそれをさらに簡易で直感的なものにした。一方で「コンピュータに逐次命令する」という利用スタイルは、CUIの時代から変化していないが、それがいよいよ変わる時が来るかもしれない。(2018/1/2)

PTC Vuforia 7:
自動車や家電などの物体にコンテンツを配置できる新機能を搭載したAR開発基盤
PTCは、AR(拡張現実)開発プラットフォーム「Vuforia」の最新バージョン「Vuforia 7」を発表。コンテンツを多様な物体や環境に配置するための機能強化が行われた他、より多くのデバイスで高度なAR体験が利用できるようになったという。(2017/10/25)

Apple、「iOS 11」や「Safari 11」のセキュリティ情報を公開
iPhone 5や第4世代のiPod、OS X Yosemite(10.10.5)などはアップデートの対象から外された。(2017/9/20)

iOS 11 SDKの新機能――ARアプリが作れるARKit、機械学習済みのモデルが使えるCore MLを試してみた
iOS 11でも開発者向けにも多くの面白い機能が追加された。本稿では、そのうちの「ARKit」「Core ML」について、実際にアプリを作りながら紹介する。(2017/9/21)

「人工知能」の作り方(終):
3DゲームのAIをiOSのSceneKitとGameplayKitで作る基本
ゲーム用フレームワークであるGameplayKitを使ったアプリ制作を通して人工知能(AI)について学んでいく連載。最終回は、3Dゲーム用のフレームワークSceneKitを使った簡単なアプリ制作を通して、3Dゲーム用のAIについて学ぶ。(2017/7/10)

ただしApp Store申請にはMacが必要
iOSアプリ開発のMac離れ? Win環境で開発できる「Xamarin Live Player」登場
「Xamarin Live Player」はiOSアプリの開発やテストを高速化でき、Macがなくてもアプリケーションのデバッグができる。(2017/5/24)

Facebook、ディープラーニングフレームワーク「Caffe2」をオープンソースに
Facebookが、ディープラーニングへの門戸を開放する目的で、AIアルゴリズムを構築・実行できるオープンソースのフレームワーク「Caffe2」をGitHubで公開した。NVIDIAやMicrosoftが協力している。(2017/4/20)

ゲームの「敵」キャラで分かる「人工知能」の作り方(1):
iOS GameplayKitの「Agents, Goals, and Behaviors」で作る、鬼ごっごの鬼AI
iPhone向け鬼ごっこアプリを作りながら人工知能(AI)について学んでいく連載。Appleが提供する「SpriteKit」「GameplayKit」の2つのフレームワークを使いながらゲームAIを作っていきます。(2017/1/30)

定番、売れ筋製品は?
iPhone、Android管理に使いたい「EMM製品」を機能別に整理した
スマートフォン/タブレットの管理やセキュリティ対策などに役立つ「EMM」製品が充実してきた。自社に最適なEMM製品は何か。主要な製品/技術を整理してこう。(2016/12/26)

特集:Xamarin+Visual Studioで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発:
第2回:Xamarin.FormsとネイティブUI
Xamarinでは画面を作成するのにXamarin.FormsとネイティブUIの2つの方法がある。それぞれの方法で簡単なアプリを作ってみよう。(2016/11/2)

Apple、Windows向けiCloudとXcodeの脆弱性を修正
脆弱性を悪用された場合、攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。(2016/10/28)

Apple Payアプリ開発入門(1):
ついに日本対応開始! 開発者が知っておきたいApple Pay決済アプリの仕組みとPassKitの使い方
2016年10月25日から日本でも利用可能になったApple Payについて、アプリ内課金における決済処理の流れを、実装フレームワークPassKitの使い方とともに解説します。(2016/10/26)

FeliCa対応はどう? Siriの「関ジャニ∞発音問題」はどうなった?:
「iOS 10」の新機能/APIに関する開発者向けTips 100本、クラスメソッドのエンジニアが公開
クラスメソッドが、「iOS 10」に関する100本の技術情報を自社サイト「Developers.IO」で公開。FeliCaに対応した「Apple Pay」、プログラミング言語「Swift 3」、開発ツール「Xcode 8」に関する技術情報を集約している。(2016/9/15)

Apple、iOSの脆弱性を修正 アップデート配信にHTTPSを導入
Appleは「iOS 10」と「iOS 10.0.1」、「Xcode 8」、「watchOS 3」を公開し、深刻な脆弱性に対処した。(2016/9/14)

iOS SDKとSwiftで始めるゲーム作成入門(終):
2Dゲームを例にSwift 2からSwift 3への変更点と移行のポイントを見る
iPhoneゲームをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOSのゲームフレームワークを使った作り方を一から解説する入門連載。今回は、これまでに作成したアプリのコードをSwift 3.0に対応することで、対応する際のポイントや3.0での変更点を解説します。併せて、Xcode 8のSwift 3.0自動変換ツールの使い方なども紹介します。(2016/9/8)

Macで小学生プログラマーを育てる大阪市の狙い
子供向けプログラミングを地方でも活性化させたい、という思いから大阪市がプログラミング教室を開催した。現地の様子をレポートする。(2016/8/30)

開発成功に導くチェックポイント
iPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと
Apple「iOS」用のアプリの開発は、適切なデザインプラットフォームとプログラミング言語の選択から始まり、ユーザーフレンドリーなネイティブアプリの完成に至るまでの多層的なプロセスだ。(2016/8/5)

アップルPickUp!:
67歳のコード女子爆誕! 女性限定プログラミング講座「Sweet Swift」参加レポ
Apple Store表参道で行われた女性向けプログラミング講座に参加してみた。(2016/8/3)

Dev Basics/Keyword:
MacinCloud
MacinCloudはクラウドベースのMacレンタルサービスで、Macの実機なしにMacを利用した開発が安価で行えるのが大きな特徴といえる。(2016/7/22)

特集:Xamarin.Formsを知る:
XamarinアプリのMacでのビルドとiOS Simulator for Windows
Visual StudioとMacを連携して、XamarinアプリをMac上でビルド/実行する方法と、Windowsで使えるiOS Simulatorを紹介する。(2016/7/21)

Apple、iOS 10のiMessage向けステッカーパック4種をApp Storeで公開
Appleが、「iOS 10」のメッセージングアプリ「iMessage」で使えるステッカーパックをApp Storeで公開した。アニメステッカーの「Smileys」「Hearts」「Hands」とモノクロの「Classic Mac」の4種類。使うには「iOS 10 beta」が必要だ。(2016/7/5)

「iOS安全神話」はもはや崩壊?:
PR:iOSアプリをリバースエンジニアリングから守る「難読化技術」とは
ビジネスでもプライベートでも、モバイル、スマートデバイスの利用は一般的になった。その結果、スマートデバイスを狙うサイバー犯罪も増加の一途をたどっている。特に脅威なのは「リバースエンジニアリング」を悪用し、機密情報の窃取などを行う攻撃だ。本稿では、これを防ぐ手法の1つとして、開発者にもユーザーにも負担の少ない「難読化」について解説しよう。(2016/7/5)

セキュリティ研究者が警告
iPhone安全神話崩壊か、悪質極まる「SandJacking」攻撃の手口とは
「SandJacking」という攻撃手口が出現した。これは攻撃者が「iOS」端末に物理的にアクセスし、悪質なアプリをインストールすることを可能にするというものだ。(2016/6/16)

Apple、iPadでコーディングして学べる「Swift Playgrounds」を無償提供
プログラミングを学ぶのにMacはいらない。iPadがあれば。(2016/6/14)

ITエンジニアの未来ラボ(11):
秀丸・xeyes・iOSシミュレータが動く! Windows 10、Xamarin、Cognitive Servicesの最新機能と活用例――de:code 2016基調講演
「de:code 2016」基調講演に、米マイクロソフト シニアバイスプレジデント兼チーフエバンジェリストのSteven Guggenheimer氏が登壇。最新の製品や技術、さらにはその活用例をデモショーケース形式で披露した。(2016/6/10)

Swift製リアルタイムチャットアプリ開発で学ぶ:
ユーザー解析機能が無料になったFirebaseの使い方超入門
Firebaseのデータベース機能を使って無料のチャットアプリを作ることで、FirebaseやFirebase Analyticsの使い方について解説します。(2016/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。