「ヤフー(Yahoo!JAPAN)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Yahoo!ショッピング、5〜10%のPayPayボーナスが付与されるセールを実施
ヤフーは、1月11日〜1月15日に「ワイ!ワイ!SALE」を開催。期間中に「Yahoo!ショッピング」などの対象店舗で買い物をすると、対象金額の5〜10%のPayPayボーナスライトが付与される。(2020/1/10)

YJFX! FX取引でPayPayがもらえるサービス開始
ヤフーグループのFX取引業者YJFX!は、FX取引のたびにPayPayボーナスライトまたは現金が受け取れるサービスを2月1日から開始する。取引量に応じてランクが変わり、ランクが上がるほど受け取れるボーナスが増える。(2020/1/10)

ヤフー、4年以上放置されているIDに利用停止措置 2020年2月から
不正利用を防ぐための措置とのこと。(2020/1/8)

気になる場合は1月中にログインを:
あなたは大丈夫? 2月以降、一定期間利用がないYahoo! JAPAN IDが利用停止に
ヤフーがセキュリティに関する発表を行った。4年以上利用がないYahoo! JAPAN IDに対して、20年2月から順次利用停止措置を実施していくという。不正ログインなどの防止が狙い。(2020/1/8)

ヤフー、長期間不使用の「Yahoo! JAPAN ID」を利用停止へ 不正アクセス対策で
ヤフーが、長く使われていない「Yahoo! JAPAN ID」の利用を、2月から順次停止すると発表。不正アクセスの被害を未然に防ぐ狙い。対象となるIDは、4年以上使われていないもの(一部を除く)。(2020/1/8)

「インフルエンザが例年より早めに拡大」 ヤフーがビッグデータで予測
ヤフーがビッグデータを分析してインフルエンザが流行する傾向を予測。2019年は例年より早めに拡大する傾向にあるとし、注意を呼び掛けている。(2019/12/25)

東工大が全院生にデータサイエンスとAI教育実施、20年度から ヤフーらと連携
東京工業大学が全ての大学院生を対象とした、データサイエンスとAIの教育を行う。2020年4月にスタート。ヤフーなど国内外の企業と連携する。(2019/12/25)

ヤフーカード、PayPay・nanacoにチャージした際のTポイント付与を終了へ 「費用対効果を総合的に判断」
ヤフーが、クレジットカード「Yahoo! JAPANカード」の特典を2020年2月1日に変更すると発表。モバイル決済サービス「PayPay」と電子マネー「nanaco」のユーザーに向けた「Tポイント」の付与を終了する。「費用対効果を総合的に判断したため」という。(2019/12/24)

Yahoo! JAPANカードがサービス名称を変更:
なぜ? リボ払いの名称を変更 「さらに分かりづらくなった」という声に対し担当者の受け止めは
Yahoo! JAPANカードの「リボ払い」が名称変更する。「後リボ」「自動リボ」がそれぞれ「これだけスキップリボ」「まるごとフラットリボ」へ、12月から順次変更していくという。どのような目的で、なぜ変更したのか。担当者に聞いた。(2019/12/23)

PayPay対抗のLINE Pay・メルペイ・ドコモ・KDDI連合が解散 「LINE Payのサービス方針転換」理由に
LINEとヤフーの経営統合が影響か。(2019/12/19)

「ヤフーと連携強化する」「提携解消は考えていない」――アスクル吉岡社長が方針転換 対立からの5カ月に何があったのか
アスクルの吉岡晃社長が、決算会見で「ヤフーとの連携をさらに強化する」「現在は、資本関係の解消は考えていない」と語った。5カ月前に対立していたヤフーと、どのような経緯で関係修復に至ったのだろうか。(2019/12/17)

Yahoo!をかたるフィッシングメールに注意 件名は「アカウント情報を更新、確認してください」
Yahoo! JAPANをかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起。Yahoo! JAPANのアカウント保護やログイン情報の確認・更新を装い、フィッシングサイトへと誘導するという。(2019/12/17)

「PayPayモールで100億円相当あげちゃうキャンペーン」が2020年3月31日まで期間延長
ヤフーが「PayPayモールで100億円相当あげちゃうキャンペーン」の期間を延長。終了日を2020年3月31日に変更する。(2019/12/16)

「Yahoo!ブログ」がサービス終了 「ネット上の遺産が消えて悲しい」「黒歴史が消えて安心した」などさまざまな声
ヤフーが運営するブログサービス「Yahoo!ブログ」が12月15日に提供を終了し、Twitter上では元利用者からさまざまな声が上がっている。(2019/12/16)

ヤフーが美容師検索で新サービス InstagramなどSNS参考に開発
ヤフーが美容師検索サービス「Yahoo! BEAUTY」の提供を始めた。SNSのハッシュタグ検索のように、キーワードで好みの髪形を探し、施術した美容師を探せるようにする。(2019/12/12)

ヤフーとLINEの統合にみる生存戦略 情報経路の“世代間ギャップ”が次世代サービスを変える
身近にある“情報格差“。サービスを設計するときは、世代による“情報への接触方法”の違いを考える必要がある。(2019/12/10)

小売・流通アナリストの視点:
「ヤフー・LINE」対「GAFA」は間違い? 本当のターゲットは金融業界だ!
経営統合を発表したヤフーとLINE。各報道ではGAFAと比較した“過小評価”が目立つが、筆者の見解は違うところにある。ヤフーの持つ決済機能や携帯キャリアであるソフトバンクとの相乗効果を加味すれば、今回の統合でまず影響が及ぶのは金融業界だと筆者は想定している。それはいったいなぜなのか――小売・流通アナリストの中井彰人氏が鋭く切り込む。(2019/12/4)

「Yahoo!みんなの政治」が終了へ ヤフーが2020年3月末までに終了するWebサービスとアプリを発表
すでに終了が発表済みのサービスも含めまとめられています。(2019/11/30)

地震が起きると震度・範囲・震源地をWeb地図に表示 リアルタイムで更新 「Yahoo!天気・災害」に新機能
ヤフーが、地震が起きた際に、揺れの強さと地震が広がる様子をWeb地図上で瞬時に配信するサービスをスタート。情報サイト「Yahoo!天気・災害」のトップ画面で「地震」を選択すると閲覧できる。正確な情報を視覚的に伝えることで被害の低減につなげる狙い。(2019/11/28)

ペイペイ・LINEペイが一強化も スマホ決済競争
 スマートフォン決済をめぐる競争が新しい局面に入りつつある。ヤフーを傘下に収めるZホールディングス(HD)とLINE(ライン)の経営統合合意で、両社のスマホ決済連合は実績と成長性を兼ね備えた存在になり、シェア拡大による「一強化」が現実味を帯びてきたためだ。これに対して携帯電話大手のNTTドコモやKDDI(au)などは顧客基盤を生かして対抗。フリーマーケットアプリ大手のメルカリも独自性を追求している。しかし今後は各社の競争の中で優勝劣敗が顕在化する可能性もありそうだ。(2019/11/27)

PayPayとLINE Payが一強化か ヤフーとLINEの統合がスマホ決済競争に与える影響は
ZホールディングスとLINEの経営統合合意により、スマホ決済サービスのPayPayとLINE Payが一強化する可能性が見えてきた。NTTドコモやKDDI、メルカリといった事業者は独自のサービスを追求しているが、各社の競争に大きな影響を与えると考えられる。(2019/11/27)

アマゾン、日本での投資額が3120億円に ヤフー・LINE連合を上回る
アマゾンジャパンは、2018年の日本における投資額が3120億円だったと明らかにした。ヤフーとLINEが計画する戦略投資を上回る規模の投資であり、経営統合で対抗できるか注目が集まる。(2019/11/26)

アマゾン、日本での投資額3120億円 ヤフー・LINE連合は対抗できるか
 アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は22日に開催した講演会で、昨年の日本での投資額が3120億円だったことを明らかにした。主力のネット通販やクラウドサービス「AWS」などの技術革新に多くの投資を行ったという。米アマゾン・コムの研究開発費は年間3兆2千億円と巨額だが、日本事業の投資額だけでも経営統合で合意したヤフーとLINEが計画する戦略投資の年間1千億円を上回る規模となる。(2019/11/22)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
ヤフー×LINE、経営統合でこれから決済業界に起こること
ヤフーとLINEの経営統合で気になるのが、2社が提供しているモバイル決済の動きだ。PayPayとLINE Payが今回の事業統合で1つにまとまることはないだろう――というのが筆者の考えだ。こう考える理由の1つに、両者の統合後の姿が原時点で全く想像できない点が挙げられる。(2019/11/21)

ヤフー×LINEは「AI」で世界に勝てるのか? 必要なのは「タイムマシンから降りること」
ヤフーとLINE、両社を追ってきた西田宗千佳氏が見る「One TeamでのAI戦略」。(2019/11/20)

ヤフー・LINE統合も「太平洋の1滴の水」〜公取委は世界規模判断必要
やらないよりは1歩前進。(2019/11/20)

経営統合を正式発表の翌日……ヤフー親会社の株価が大幅安 統合報道前の水準に戻る
気が早かったか。(2019/11/19)

今後1年間の変化にも言及:
ヤフーとLINEが経営統合 その“切実な動機”と法人向けサービスへの影響は?
ZホールディングスとLINEは、2019年12月をめどに、法的拘束力のある資本提携に関する最終契約の締結を目指す。マーケティング事業や集客、新規事業開発などで、経営統合による相乗効果を図るというが、競合関係にあるサービスや、多数の自治体や企業に展開するサービスの行方はどうなるのか。(2019/11/19)

GAFAの一角崩せるか ヤフーLINE統合 国内では1億人経済圏、海外での勝機は
ソフトバンクグループとして、国内で勢力を強める米国のグーグルやアマゾン・コムといった「GAFA」に対抗しつつ、アジアの成長をてこに海外市場にくさびを打ち込む、攻防一体の構えだ。(2019/11/19)

ヤフーとLINE、統合の裏に「GAFAに負けっぱなし」への危機感 世界で勝つ戦略とは?
ヤフー親会社のZホールディングスとLINEが経営統合について基本合意した。両社は11月18日に記者会見を開き、川邊・出澤両社長が詳細を説明した。経営統合には、「GAFA」「BAT」と呼ばれる米中のIT大手が発展し続け、日本企業が後塵を拝している状況を変える狙いがあるという。(2019/11/19)

ヤフーとLINEはなぜ提携したのか? 2トップの川邊氏と出澤氏が語る
既報の通り、11月18日に、ヤフーを子会社に持つZホールディングス(ZHD)とLINEが経営統合の基本合意を発表した。統合の背景には、強力な海外勢に対する強い危機感があった。お互いの弱い分野を補うことで、世界をリードする“AIテックカンパニー”を目指す。(2019/11/18)

「第三極」になれるか:
【一問一答】ヤフーとLINE、米中IT巨大化への危機感 スマホ決済サービスはどうなる?
ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とLINEが経営統合を発表。11月18日、ZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長が経営統合に至った経緯や今後の方針について語った。(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合へ 記者会見の一問一答まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意。記者会見の質疑応答の模様をリアルタイムでお伝えする。(2019/11/18)

ヤフーとLINEが統合すると? 両社の事業規模まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意したと発表。経営統合が実現すると、国内ネット業界の勢力図を大きく変えそうだ。両社と競合が展開する各サービスの規模をまとめた。(2019/11/18)

ヤフーとLINEの経営統合が正式発表 「世界をリードするAIテックカンパニー」目指す
11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合することを正式に発表した。マーケティング事業、集客、Fintech事業、新規事業におけるシナジー効果を両社は期待する。「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」を目指すとしている。(2019/11/18)

LINEとヤフーが経営統合正式合意 午後に会見
 検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)と無料通信アプリを提供するLINEは18日、経営統合することで基本合意したと発表した。同日午後5時から東京都内で、両社の社長が記者会見する。検索やSNS(交流サイト)、通販、金融などさまざまなネットサービスを一手に担い、利用者が1億人規模にのぼる国内最大のプラットフォーマーが誕生する。(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合で合意
2019年12月をめどに最終契約を締結することを目指しているとしています。(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合で基本合意 正式発表
ヤフーの親会社ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意したと発表した。(2019/11/18)

ヤフー・LINE経営統合、相乗効果への期待と落とし穴
 ヤフーを展開するZホールディングス(HD)と無料通信アプリのLINE(ライン)は14日、両社の経営統合について「協議を行っていることは事実」と発表した。LINEは人工知能(AI)に巨額の投資を続けている。ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長はAIに傾倒しており、資金力にモノを言わせた拡大路線という“お家芸”に打って出た。ただ、相乗効果は未知数で、巨大IT企業への規制強化という落とし穴も待ち構えている。(2019/11/18)

LINE株価がストップ高、ヤフー親会社も急騰 統合報道で買い注文が殺到 楽天は下げる
統合に期待する買いが殺到。(2019/11/14)

ヤフー親会社、ZOZOの連結子会社化を完了
ヤフーを傘下に持つZホールディングスが、ZOZOの買収が11月13日に完了したと発表。約4007億円を投じ、ZOZO株式の50.1%を取得した。ZOZOはZHDの連結子会社となる。コマース事業の強化により、国内外のプラットフォーマーに対抗する。(2019/11/14)

Zホールディングス、ZOZOの連結子会社化を完了
ヤフー親会社のZホールディングスがZOZOの買収を完了した。(2019/11/14)

ヤフー親会社とLINE、「経営統合」報道にコメント 「協議を行っていることは事実」
ヤフー親会社のZホールディングスとLINEが経営統合に向けて検討に入ったと、日本経済新聞などが報道。これに対し両社は、「協議を行っていることは事実だが、決定した事実はない」とコメント。(2019/11/14)

ヤフーとLINEが「経営統合検討」との報道 「決定している事実はない」とコメント
11月13日の夜、「ヤフーとLINEが経営統合を検討している」という旨の報道が複数あった。翌14日、ソフトバンクとZホールディングス(ヤフーの親会社)とLINEがそれぞれステートメントを発表。「提携に向けた検討」は事実としつつも、「決まったことはない」としている。(2019/11/14)

ネットビジネスで覇権 米中巨大ITに対抗
 ソフトバンクグループ傘下のヤフーと無料通信アプリのLINEが経営統合に向けて最終調整するのは、インターネットサービスの顧客基盤を拡大し、国内のネットビジネスで覇権を握る狙いがある。(2019/11/14)

「ヤフーとLINEが経営統合」報道に両社がコメント 「協議は事実だが決定の事実はない」
「ヤフーとLINEが経営統合」報道。両社がコメントを出した。今後の行方は?(2019/11/14)

Yahoo! JAPANのZホールディングスとLINEの経営統合 「協議を行っていることは事実」
実現すれば売上高首位となる巨大プラットフォーマーが誕生する。(2019/11/14)

ヤフー親会社とLINEが経営統合か 一部報道
ヤフーを傘下に持つZホールディングスとLINEが経営統合に向けて検討に入ったと、一部メディアが報道。現在は詳細を詰めている段階で、月内の基本合意を目指しているという。実現した場合は、国内IT業界の勢力図が大きく変わることが想定される。(2019/11/13)

ビッグデータに基づく事業創造や成長、課題解決を支援:
ヤフーがデータソリューションサービスの提供を開始
ヤフーのビッグデータから生活者の本音やトレンドを読み解く調査・分析サービスを提供。(2019/11/1)

PayPay軸に「海外のプラットフォーマーに対抗」 ヤフー改め「Z」、川邊社長の狙い
「Zホールディングスは、注力するサービスにリソースを集中させ、一気に大きく成長させる。今の注力分野はPayPayだ」──同社の川邊健太郎社長はそのように意気込む。(2019/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。