EV用充電器の通信規格ISO/IEC 15118とは

「EV用充電器の通信規格ISO/IEC 15118とは」の連載記事一覧です。

EV用充電器の通信規格ISO/IEC 15118とは(後編):

欧州や北米の自動車メーカーが採用を進めている電気自動車(EV)用充電規格である「コンボ」。その通信プロトコルはISO/IEC 15118として国際標準になっている。前編で取り上げたISO/IEC 15118の概要や規格策定状況に引き続き、今回の後編では、ISO/IEC 15118のプロトコルと充電シーケンスについて解説する。

【竹本順一(ベクター・ジャパン) , MONOist】()
EV用充電器の通信規格ISO/IEC 15118とは(前編):

欧州や北米の自動車メーカーが中心になって規格策定を進めている、普通充電と急速充電を1つのコネクタで行える「Combined Charging System(コンボ)」。欧州向けコンボでは、電気自動車と充電器の間をつなぐ通信プロトコルとしてISO/IEC 15118を使用している。本稿では、このISO/IEC 15118について解説する。

【竹本順一(ベクター・ジャパン) , MONOist】()