構造解析、はじめの一歩

「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。

構造解析、はじめの一歩(6):

「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第6回は「固有振動数解析」をテーマに取り上げ、その手順についてステップ・バイ・ステップで解説する。

【栗崎 彰/サイバネットシステム シニア・スペシャリスト , MONOist】()
構造解析、はじめの一歩(5):

「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第5回は「誰もが必ずできる線形静解析」をテーマに、無償ツールを活用しながら“ステップ・バイ・ステップ”で大まかな線形静解析の流れを解説していく。

【栗崎 彰/サイバネットシステム シニア・スペシャリスト , MONOist】()
構造解析、はじめの一歩(4):

「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第4回は、設計者によるCAEの基本となる3次元形状の準備をテーマに、3D CADとソリッドモデルについて解説する。

【栗崎 彰/サイバネットシステム シニア・スペシャリスト , MONOist】()
構造解析、はじめの一歩(3):

「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第3回は、構造解析の種類について詳しく解説する。

【栗崎 彰/サイバネットシステム シニア・スペシャリスト , MONOist】()
構造解析、はじめの一歩(2):

「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第2回は、いったん技術的な話から離れて、CAEの位置付けとその重要性についてあらためて理解を深める。

【栗崎 彰/サイバネットシステム シニア・スペシャリスト , MONOist】()
構造解析、はじめの一歩(1):

「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第1回は、構造解析を理解する上で欠かせない座学(材料力学や有限要素法)の重要性を説くと同時に、構造解析を正しく身に付けるための考え方を解説する。

【栗崎 彰/サイバネットシステム シニア・スペシャリスト , MONOist】()