知っておきたいASEAN事情

「知っておきたいASEAN事情」の連載記事一覧です。

知っておきたいASEAN事情(24):

実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は中国とASEANの密接な関係をいくつかの具体的な事例を含めて紹介する。

【栗田工/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(23):

実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は周辺国に大きな影響を与えている中国でどのようなことに気を付けて事業計画を進めていくべきかという点について解説します。

【栗田工/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(22):

実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は周辺国に大きな影響を与えている中国の現状について、ASEANへの影響という視点で製造業事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(21):

軍事クーデターによる政変の影響を受けるタイ。製造業が多く進出しASEANのハブ的な役割を担うタイは今後どのような変化を遂げるのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(20):

日系企業の進出ラッシュに沸くインドネシア。しかし、インドネシアにも数多くのカントリーリスクが潜む。インドネシア進出企業が気を付けるべき3つのリスクとは? ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(19):

日系企業の進出ラッシュに沸くインドネシア。製造業をはじめとする多くの国が新たな拠点設立などを進めているが成功のカギはどこにあるのだろうか。キーワードとして浮上するのが「ハラールビジネス」だ。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(18):

ASEAN内の製造拠点に「タイプラスワン」の動きが高まる中、外資系企業の進出が加速するミャンマーは新たな選択肢となり得るのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(17):

ASEAN内の製造拠点に「タイプラスワン」の動きが高まる中、9000万人の大規模市場を抱えるベトナムに期待が集まる。しかしベトナムにはまだまだリスク要因が多いという。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(16):

ASEAN内の製造拠点に「タイプラスワン」の動きが高まる中、タイからの移転先として親和性が高いのがラオスだ。製造業の生産拠点先として決して恵まれた環境ではないラオスだが、タイからの技術移転を考えた場合には圧倒的に有利な点があるという。ラオスにはどういう価値があり、またどういうリスクがあるのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(15):

ASEAN内の製造拠点に「タイプラスワン」の動きが高まる中、注目度が高まっているのがカンボジアだ。製造業の新たな拠点進出先としてのカンボジアはどういう価値を秘め、どういうリスクを抱えているのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(14):

チャイナプラスワン戦略の中、新たな中核拠点としてASEANが注目を浴び、特にタイへの進出などが目立つが、タイでは既に「タイプラスワン」の動きが出始めているという。なぜ今「タイプラスワン」が進むのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(13):

同じ民族ルーツを持つ国、インドネシアとマレーシア。両国間には宗教や言語など多くの共通事項があるが、人口規模や時価総額上位企業など異なる点も見られる。チャイナプラスワン戦略における両国の「チャンスとリスク」とは?

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(12):

安価な生産力に加えて国内経済の成長も確かなタイ。チャイナ・プラスワン戦略の要として注目を浴びている。しかし、2013年に入って労働集約型製造業からの脱皮が明らかになるなど変化の兆しが見えてきた。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(11):

巨大な市場や成長性を見込んで中国に進出したものの、中国特有のリスクに悩まされる日本企業。そこで、中国に軸足を残したまま、周辺諸国にも足を伸ばす「チャイナ・プラスワン戦略」が魅力的に見えてくる。では、どの国を選ぶのか。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(10):

ASEAN地域の中でも経済発展で後れを取るミャンマー。日本の資本が進出し始めている一方で、国内市場の構造はまだまだ。親日国ミャンマーの今後を占う。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , @IT MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(9):

GDP急成長の勢いは本物? ベトナムの生産拠点としての可能性、「賢いベトナム人」の労働者気質やインフラの状況を知ろう。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , @IT MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(8):

2011年の製造業界にとって大きな試練の1つとなったタイの洪水被害。被害は終息したものの、今年も雨季が近付く。現地企業の動向をレポートする。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , @IT MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(7):

ASEAN域内で最も経済的に発展しているシンガポール。小国土の中で経済成長を遂げるための政策や周辺国との関係を見ていきます。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , @IT MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(6):

米軍撤退後の国内市場に課題を持つフィリピン。語学力のアドバンテージを生かした労働力輸出大国の可能性を探る。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , @IT MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(5):

日系企業が多数進出しているタイで発生した洪水。連載「知っておきたいASEAN事情」の著者・栗田氏が現地の状況をレポート。

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , @IT MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(4):

リーマンショックの影響も少なく安定して成長を続けるインドネシア。2億超の国内市場は魅力的だが、近年、成長のエンジンが変質しつつある。この国を拠点とする際のカントリーリスクとは?

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , @IT MONOist】()
知っておきたいASEAN事情(3):

マハティール時代から産業育成に注力してきたマレーシア。歴史的・文化的にも特異なポジションのマレーシアは、モノづくりの拠点に適している?

【栗田 巧/DATA COLLECTION SYSTEMS , @IT MONOist】()