IHS Future Mobility Insight

「IHS Future Mobility Insight」の連載記事一覧です。

IHS Future Mobility Insight(12):

2018年がピークとなった米国経済と合わせて、2019年以降の米国の自動車市場も減衰に転じる。その米国自動車市場では、セダンからSUVへの移行が急激に進んでおり、自動車メーカー各社の生産戦略にも影響を与えている。

【武谷匡城(IHS Markit) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(11):

完成車の不適切検査をはじめ品質問題がクローズアップされた2018年の国内自動車市場だが、グローバル市場では2018年後半から2019年にかけて大きな地殻変動が起こりつつある。今回は、自動車市場にとって大きな潮目となるであろう2019年以降の展望として、米国と中国の燃費規制に基づくパワートレイン動向予測をお送りする。

【波多野通(IHS Markit Automotive) 王珊(IHS Markit Automotive) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(10):

完成車の不適切検査をはじめ品質問題がクローズアップされた2018年の国内自動車市場だが、グローバル市場では2018年後半から2019年にかけて大きな地殻変動が起こりつつある。今回は、自動車市場にとって大きな潮目となるであろう2019年以降の展望として、グローバルの自動車生産動向と販売動向に基づく分析をお送りする。

【川野義昭(IHS Markit Automotive) 濱田理美(IHS マークイット) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(9):

従来の自動運転技術の市場予測は「自動車メーカーの機能展開」と「センサーの技術進化」といった要因に焦点を当てていた。しかし「輸送サービス市場」と「個人所有自動車市場」に分けて予測するにはそれらだけでは足りない。7つの要因が「物差し」となるだろう。

【松原正憲(IHS Markit Automotive) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(8):

各国政府の規制強化によりEV(電気自動車)の普及が進むことが予測されている。しかし、規制だけがEVを普及させる要因にはならない。急速に浸透しつつある配車サービス(ライドへイリング)を中核としたモビリティサービスこそが、EV普及を加速させる主役になる可能性が高い。

【西本真敏(IHS Markit Automotive) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(7):

自動車を購入するためには行かなければならないのが自動車ディーラー(販売店)だ。しかし、国内の自動車ディーラーにとってこれまで常識だったことも、「100年に一度の変革期」が訪れている自動車市場そのものと同様に大きく変化しつつある。

【石川千嘉(IHS Markit Automotive) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(6):

EV(電気自動車)の行方を左右してきたのは、良くも悪くもバッテリー技術だった。リチウムイオン電池の登場によりついにEV市場が形成されつつある。液体を使わない全固体電池への期待が高まっているが、2025年以降もEVのバッテリーはリチウムイオン電池が主流になるだろう。

【リチャード・キム(IHS Markit Automotive/プリンシパル アナリスト) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(5):

自動車保有を大幅に制限している都市国家・シンガポールでも導入されつつあるEVやカーシェアリング。そのシンガポールを例に、EVやカーシェアリングの可能性を考察する。

【石川千嘉(IHS Markit Automotive) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(4):

世界各国で普及が進むモビリティサービスだが、自動車市場にどのような影響を与えるのだろうか。中国と米国、欧州、そしてインドでどのような変化が起こるかを予想する。

【川野義昭(IHS Markit Automotive) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(3):

今後の自動車市場で重要な役割を果たすインド。トヨタはスズキとの提携により、苦戦するインド市場への対応を加速しようとしている。インド市場の状況とインドにおけるトヨタの事業状況をひもとくことで、同市場におけるトヨタの危機感と本気度を考察する。

【濱田理美(IHS マークイット) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(2):

現在、自動車業界は、自動運転技術、コネクテッドカー、モビリティサービスなどの次世代技術による大きな変革の真っただ中にある。本連載では、これら次世代技術に焦点を当てながら、自動車が未来のモビリティへ移り変わる方向性を提示していく。第2回は、自動運転車にかかる「コスト」と「法整備」の観点から、その未来像を考察する。

【松原正憲(IHS Markit Automotive) , MONOist】()
IHS Future Mobility Insight(1):

現在、自動車業界は、自動運転技術、コネクテッドカー、モビリティサービスなどの次世代技術による大きな変革の真っただ中にある。本連載では、これら次世代技術に焦点を当てながら、自動車が未来のモビリティへ移り変わる方向性を提示していく。第1回は、自動運転技術の導入がどのように進むかについて分析する。

【松原正憲(IHS Markit Automotive) , MONOist】()