IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)関連技術の発展により、フィジカル(現実)の世界で起こっている情報を全てデジタルの世界にコピーし、“現実世界の双子”を作る「デジタルツイン」に注目が集まる。デジタルツインによる未来予測を実現する技術である、モノづくりにおけるCAE(解析技術)の最前線を追う。

TOP STORY

/mn/articles/2103/25/240_news049.jpg

野球のピッチャーの決め球、フォークボールはなぜ落ちるのか? これまでボールの回転数が少ないことで自然落下による放物線に近い軌道を描くとされていたが、東京工業大学 学術国際情報センター 教授の青木尊之氏を代表とする研究チームがスーパーコンピュータ「TSUBAME3.0」による数値流体シミュレーションを実施し、その謎を初めて解明した。

/mn/articles/2103/01/240_news007.jpg

オフィス内での新型コロナウイルス感染症対策に役立つ製品として、手のひらを使わずに腕でドアを開くことのできる「ハンズフリードアオープナー」。このハンズフリードアオープナーを自社で設計製造した電通国際情報サービスの取り組みについて紹介する。今回の後編では、CAEの活用と、位相最適化、ラティス構造最適化などについて説明する。

解説・特集記事一覧

Sponsor