エッジコンピューティングの逆襲

現場でデータ処理を行う「エッジコンピューティング」が盛り上がりを見せている。「エッジリッチ」とされるようにAIや分析技術、リアルタイム制御技術などを加える動きも加速し、現場での情報処理と実践の世界が広がる。なぜクラウドだけではだめなのか。その最新の技術動向と、活用事例を紹介する。

TOP STORY

/mn/articles/2001/29/240_news040.jpg

三菱電機は人の曖昧な命令をエッジ機器単体で状況に応じて不足情報を自動補完して理解する「コンパクトな知識処理に基づくHMI制御技術」を開発した。同社のAI技術「Maisart」の1つで、テレビやカーナビゲーションシステムなどに用いられているプロセッサやメモリでも利用可能なエッジAI技術となる。

Sponsor