相次いで発覚した製造業の品質問題。モノづくりの転換期の今、どのように問題へ立ち向かい、品質を競争力へ高めるべきか。品質に強い日本製造業の在り方を探る。

TOP STORY

/mn/articles/1907/22/240_news012.jpg

品質不正は予防策が当然大切ですが、早期に発見して対応を図ることも必要になります。「発見」の代表的な担い手として、内部監査部門がその役割を果たすことが期待されます。本稿では、有効な品質監査を講じるために必要な方法論を解説します。

/mn/articles/1907/11/240_news011.jpg

国内外の製造業で品質問題が頻発している。原因はさまざまだが、実は構造化した問題による現場の疲弊も大きな要因になっている。その解決方法として提案されているのが、フィードバックプロセスを考慮したクローズドループの生産(CLM:Closed-Loop Manufacturing)と品質管理(CLQ:Closed-Loop Quality)である。

Sponsor