VR/AR市場の拡大が本格化する中、先進的な取り組みを進める製造業と、さまざまな場面で今後の活用が見込める建設業を対象に、企画・設計、生産・施工、アフターマーケットのキーワードから最新動向を探っていく。

TOP STORY

/bt/articles/2103/03/240_news053.jpg

日鉄興和不動産は同社初となる新築マンションの「体験型VRモデルルーム」に、スタイルポートのクラウド型VR内覧システム「ROOV walk」を採用した。モデルルームを作って見せるという既存のマンション販売の在り方を変革し、非接触が求められるコロナ禍でも有効な販売戦略の一つと位置付けている。

解説・特集記事一覧

Sponsor