連載
» 2007年09月05日 11時00分 UPDATE

デキるエンジニアのCAD設計(2):命を吹き込む構想設計! (1/3)

設計の概念を勘違いしているならば、CADを使う意味もなく、残業続きの日々となる。20年のキャリアを持つ技術士が、あなたをデキるエンジニアにすべく、設計の考え方を根底からたたき直す。(編集部)

[山田 学,ラブノーツ/六自由度技術士事務所]

デキるエンジニアのCAD設計(2):

命を吹き込む構想設計!

2007/9/5

設計の概念を勘違いしているならば、CADを使う意味もなく、残業続きの日々となる。20年のキャリアを持つ技術士が、あなたをデキるエンジニアにすべく、設計の考え方を根底からたたき直す。(編集部)

山田 学 ラブノーツ/六自由度技術士事務所

開発スタイルの変化

 前回のデキるエンジニアのCAD設計(1)の中で、製品開発の大きな流れとして「品質保証体系図」について説明をしました。これは、製品開発のライフサイクルのうち製品を世の中に送り出すまでのプロセスにおける品質保証の決め事です。

 それでは、製品開発の中のコアな部分、設計作業に注目してみましょう。この設計作業とは、品質保証体系図の「開発設計」というステップが該当します。

 ここでは、技術部門(設計・開発部門)が中心となり、営業や企画・生産・品質保証などのさまざまな部門と連携して、設計業務を行うことです。

 設計部門とそれ以外の部門の視点から見ると、設計業務は次のように流れます。

ALT 図1 従来型の開発スタイル

 図1のように、設計が試作品を手配し、その後に他部門が別の視点で評価する従来の開発スタイルでは、互いの意思疎通にずれが発生し、結果的に手戻り作業が多く発生します。このため、開発期間の遅延や金型修正、部品の大量廃棄による経費増大につながっていました。

 このような無駄な開発を解決するために、設計初期段階で関連部門の要求を事前に設計に盛り込むよう関連部門が設計段階まで入り込み、スムーズな生産移行を目指す「フロントローディング型開発」が現在の開発スタイルの主流です。この活動によって手戻りを極限まで減少させて開発期間の短縮化、経費削減などの開発の効率化を狙うものです。

キーワード:フロントローディング型開発
開発の初期段階(フロント)で、その後の製造段階で生じる問題点を把握し、事前に設計に作り込んでおくこと(Loading)で、品質向上と開発期間短縮を図る手法をいいます。そのために、設計段階でより多くの工数を掛け、検討・対策時間を与える必要があります。

yk_dekicad2_2.gif

 フロントローディング型開発では、関連部門からさまざまな要求事項が設計に提起されてきます。これを整理して、対応の可否判断と、対応できない場合の代替方法を検討しなければいけません。そのため、従来の設計部主導の設計方法から比べると設計者に大きな負担が掛かるため、いかに設計の負荷を増やさずにプロジェクトチームとしてフォロー体制を組めるかがフロントローディング型開発の成功のポイントになります。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>