ニュース
» 2010年12月01日 21時08分 UPDATE

組込み総合技術展ET2010でお披露目:Windows PCでAndroidアプリが動作「BlueStacks」

BlueStack Systemsは、Windows PC上でAndroidアプリを利用できる「BlueStacks for Windows」を発表。ET2010でお披露目した

[西坂真人,@IT MONOist]

 BlueStack Systemsは2010年12月1日、Windows PC上でAndroidアプリケーションを利用できるソフトウェア「BlueStacks for Windows」を発表。同日からパシフィコ横浜で開催している「組込み総合技術展 Embedded Technology 2010(ET2010)」の東京エレクトロン デバイスブースで同ソフトをお披露目した。

photo 画像1 BlueStacks for Windowsがお披露目された東京エレクトロン デバイスのブース

 BlueStacks for WindowsはOSをリブートすることなく、Windows OS上でAndroidとWindowsのアプリケーションを同時に動かせるソフトウェア。Windowsが動くタブレット/ストレートPC、ネットブック、ノートPC、デスクトップPCに対応する。タッチパネルを使用することで、Android搭載の携帯電話/スマートフォンと同様の操作性を実現するという。対応OSはWindows 7/Windows Embedded Standard 7/Windows XP SP3。通常のマウスでも使用可能だが、同社ではタッチパネルでの利用を推奨している。

photo 画像2 BlueStacksのコンセプト図
photo 画像3 BlueStacks for Windowsの画面
photo 画像4 タッチパネル搭載のWindowsノートPCにBlueStacks for Windowsを組み込んだ例

 「通常活用しているWindows PCでAndroidアプリを“スマートフォン感覚”で気軽に使いたい、というニーズに応えるソフトウェア。AppleのiPad登場以降、このようなニーズが増えている」(同社)。

 BlueStacks for Windowsは、まずはプリインストールソフトウェアとしてPCベンダへ訴求する構えだ。「WindowsベースのタブレットPCやノートPCの差別化手段としてBlueStacksを活用してもらいたい。PCベンダにとっては、顧客の囲い込みにも役立つだろう。また、広く普及しているWindowsをベースにするため、コンテンツベンダにとってはAndroidアプリのプラットフォーム拡大にもつながる。新しいビジネスチャンスが生まれる」(同社)。

 BlueStacks for Windowsの正式リリースは2011年第1四半期を予定しており、価格は未定。現在、βバージョンの評価を希望するPCベンダを募集しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.