連載
» 2012年02月08日 13時05分 UPDATE

テクニカルショウヨコハマ 2012 レポート(1):全国のモノづくり屋が集まった超本気のコマ対決 (1/2)

記事前半は神奈川県の湘南地区のほか、北九州市の産学連携事例を、後半は「全日本製造業コマ大戦」について紹介する。

[小林由美,@IT MONOist]

 2012年2月1〜3日、公益財団法人神奈川産業振興センターらが主催する工業技術見本市「テクニカルショウヨコハマ 2012」が開催された。神奈川内だけではなく、県外の企業・団体の出展も目立った。

 本記事前半では、神奈川県湘南地区のユニークな自転車の事例と、北九州市内の産学連携による超高輝度LED投光機の開発事例を紹介する。いずれも、新たな市場ニーズに向けてチャレンジしている事例だ。

 本記事の後半と、レポートの第2回では、モノづくり系異業種集団「心技隊(しんぎたい)」のブースと、今回注目を集めたイベント「全日本製造業コマ大戦」(コマ回し大会)について取り上げる。この大会では、地域や企業の垣根がない、まさに“心と技”の熱い勝負が繰り広げられた。

yk_tsy20101_01.jpg 新潟県の燕三条の共同ブース:食器から始まった燕三条の金属加工の歴史! 磨きの技術は有名。カーリングのコマやアウトドア製品など、さまざまな場面で燕三条の金属加工技術が生きている
関連記事:タッチペン「Su-Pen」のボディも燕三条で作られた:
ペンもアプリも“気持ちよさ”を実現する道具だ

yk_tsy201201_02.jpg 神奈川県内、県外の中小企業をさまざまな形で支援する神奈川県経営者福祉振興財団。同財団主催の「産業Navi大賞」フロンティア部門 大賞を受賞したジャパンプローブ:「非接触超音波検査システム」で健康診断も快適に

湘南生まれのユニークな自転車

 湘南広域都市行政協議会のブースでは、ユニークな電気自動車(EV)や自転車などの展示が目立った。

 同協議会に属する湘南工科大学 コンピュータデザイン学科 教授の小谷章夫氏は、企業やデザイナーと共に、多目的自転車「トランク」を開発。この自転車は、湘南新産業創出コンソーシアムらにより2011年に開催された「第12回 湘南ビジネスコンテスト」で「ビジネス大賞」および「来場者賞」を受賞した製品だ。

yk_tsy201201_03.jpg 湘南工科大学 小谷研究室「トランク」

 この自転車の大きな特徴は、珍しいシャフト駆動式だということ。チェーン駆動式と比べ、土砂や砂利の多い悪路で安全に走れることが利点だ。


 シャフト部を長くしたのは、荷台の領域確保のため。また重心を低く設計(荷台を低く)し、車輪も小さくしたことで、不安定な地面でも安定した運転ができるようにしている。荷物は80kgまで載せられる。まだがれきが多く残る被災地での活躍も期待できるとしている。

 軽さを求めながらも剛性のある構造をかなえるためフレームはアルミ製とした。全長は1900mm、重量は19.5kg。

 トランクは、展示会ではこのご時世に合わせて災害地での利用をアピールしていたが、本来はもっと“湘南的”で、平和なコンセプトで企画されていた製品だった。

 「海へ遊びに行くときに、サーフボードとビールを積んで……、という感じの使い方を考えていました」と語ったのは、トランクをデザインしたCYCLE BOYのデザイナー 谷信雪氏。シャフト駆動なら、浜辺の砂でチェーンが詰まる心配もない。

 そのデザインは都会にも田舎にもなじむようなスタイルで、“漠然と、懐かしい感じ”にしているという。この“漠然と”がポイントで、「レトロ調」とも少し違うと谷氏は説明した。その“懐かしい感じ”と、シャフト駆動技術というミスマッチもポイントだと言う。

 機構設計や生産については、大阪市の自動車メーカー 服部産業が担当する。

 「服部産業の人たちは、“漠然と、懐かしい感じ”を理解できる人たちです。設計をする人が、論理的なことだけではなく、そういった感性も持ち合わせていたことも、いい自転車作りへつながったと考えています。実際、そういう設計者はなかなかいません。モノづくりを楽しむ気持ちも大事だと思います」と谷氏。

 服部産業によるトランクの設計では、まず手描きの構想図で設計を煮詰めていき、設計の後半で2次元CADを使って論理を整理していったと言う。

 「今後は、子どもが乗せられるような形など、荷台の形状バリエーションを増やす予定」と同社の取締役専務 服部将之氏は話した。まだニーズについてはリサーチ中であり、量産台数や販路はは現時点では未定だという。この展示の反響を見てもっと具体的に検討していくと言うことだ。

北九州発! LED商品開発とCAEの活躍

 北九州市の次世代照明メーカー 豊光社は、北九州市大学、財団法人北九州産業学術推進機構 半導体技術センターと超高輝度LED投光機の商品化研究に取り組んでいる。こちらは「ひびきのLEDアプリケーション創出協議会」の研究活動の一環。同協議会ではLED投光機以外にも、 植物の光合成のためのLED光源開発、LED照明用の高周波直流電源開発などにも取り組みつつ、LEDアプリケーションの可能性を模索している。

yk_tsy201201_05.jpg LED投光機の試作品

 豊光社らは、LEDチップを172個寄せ集めることで輝度を高める、超高輝度装置を考案した(高光束照明)。この装置は、以下のような特徴を備える。

  • 光量:2万ルーメン
  • 小型:180×135×135(mm)
  • 高信頼性・安定稼働
  • 即点灯する(高速応答)

 LEDチップを集積することで懸念されるのが、熱の問題。こもった熱は、LEDの寿命を縮める要因となり、消耗するエネルギーも多くなる。放熱対策としては、ランプユニットの裏に、ヒートシンクと、小型高性能なヒートパイプ型ヒートスプレッダ(FGHP:Fine Grid Heat Pipe)を配置。このヒートスプレッダの内部には、毛細管(ウィック)があり、そこに水を通している。ヒートスプレッダを開発したのは、フォトエッチングや自動化設備を得意とする鹿児島市のモレックス 喜入。

 このシステムはようやく試作に乗り出したところで、商品化に向かって具体的に動くのは、まだこれから。

 例えば、災害や事故の起きた現場の照明では、落下物などの衝撃で消防車や救助車のランプのフィラメントが破損してしまう可能性がある。それがLEDランプであれば、そのような破損の心配が無用となる。ひとまず、そのようなニーズを考えているとのこと。この展示がきっかけで、意外なニーズが生まれるようなことになれば面白い。

 さてこのブースでは、この研究に携わる北九州市大学 国際環境工学部 機械システム工学科 准教授で博士の井上浩一氏が説明に当たってくれた。同氏の専攻は熱流体工学で、使用している解析ソフトウェアは、「FloTHERM(フローサーム)」(メンター・グラフィックス)。

yk_tsy201201_05_2.jpg FloTHERMによる解析画面

 上記のヒートスプレッダ評価でも、CAEが活躍した。最新のソフトウェアでは、メッシュ数100万ほどの解析が、2時間で処理可能だと言う。以前のバージョンでは同様な規模の解析が何週間もかかることもあったと言うことだ。熱解析の現場で解析ソフトウェアは必須なツールだが、「実験も大事」と井上氏。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.