ニュース
» 2014年08月27日 09時00分 UPDATE

車両デザイン:おじさんには開発できない、新型「ミラ ココア」の「選ぶ楽しさ」 (3/3)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

地域限定特別仕様車は11地域で21パターンを用意

 新型ミラ ココアでは、全国を11の地域(北海道、東北、関東、北陸、信越、東海、近畿、中国、四国、九州、南九州)に分け、各地域の販売会社の女性社員とともに企画した地域限定特別仕様車を用意している。会見で披露されたのは、北海道の「雪ミク ココア」、東海の「ココア アムール」、関東の「ミラココア べリンダ」、中国の「マカロン」、近畿の「ココアルビー」の5パターンだけだが、実際には11の地域で総計21パターンある。


sp_140827daihatsu_22.jpgsp_140827daihatsu_23.jpgsp_140827daihatsu_24.jpg
sp_140827daihatsu_25.jpgsp_140827daihatsu_26.jpgsp_140827daihatsu_27.jpg
sp_140827daihatsu_28.jpgsp_140827daihatsu_29.jpgsp_140827daihatsu_30.jpg
sp_140827daihatsu_31.jpgsp_140827daihatsu_32.jpg 新型「ミラ ココア」の地域限定特別仕様車の概要。左上か右下に向かって順に、北海道の「雪ミク ココア」、東北の「ミラココア ビタークラシカル」、関東の「ミラココア べリンダ」、北陸の「ココア ジェンヌ」、信越の「ハピコ」、東海の「ココア アムール」、近畿の「ココアルビー」、中国の「マカロン」、四国の「あいさとコーデ」、九州の「La Cocoa」、南九州の「amicoco」(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

 これらの地域限定特別仕様車は、「ココかわスペシャルサイト」で確認できる。

「ユーザーのスイートスポットを見つけられるようにしたい」

 ダイハツ工業は、2014年6月発売の軽スポーツカー「コペン」でも、樹脂外板の着せ替えによる多様なデザイン展開や、販売店とユーザーの間におけるより密接な関係の構築を目指す「LOVE LOCAL」活動を推進している(関連記事:新型「コペン」の“4つの変える”がダイハツをも変革する)。新型ミラ ココアの160通りのバリエーション展開や地域限定特別仕様車は、コペンの活動と同じ方向性にのっとっているように思える。

 営業本部長の堀井氏は、「ここ2年くらいの間でユーザーニーズの多様化を感じている。コペンやミラ ココアの取り組みは、そういった多様なニーズに対応するためのものだ。さまざまな選択肢を提示することで、ユーザーのスイートスポットを見つけられるようにしたい」と述べている。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.