第45回東京モーターショー2017 特集
ニュース
» 2017年10月26日 06時00分 公開

東京モーターショー 2017:ヤマハ発動機は“自律”と“自立”2台のロボットで二輪車の可能性を切り開く (1/2)

ヤマハ発動機は、「第45回東京モーターショー 2017」において、世界初公開となる参考出展車と技術展示を一挙に6台披露した。中でも、二輪車の可能性を切り開くべく開発を進めている2台の“ロボット”に注目が集まった。

[朴尚洙,MONOist]

 ヤマハ発動機は2017年10月25日、「第45回東京モーターショー 2017」(プレスデー:10月25〜26日、一般公開日:10月28日〜11月5日)のプレスブリーフィングにおいて、世界初公開(ワールドプレミア)となる参考出展車と技術展示を一挙に6台披露した。

 同社社長の柳弘之氏は「当社の製品開発方向性は『発:Innovation』『悦:Excitement』『信:Confidence』『魅:Emotion』『結:Ties』という5つの漢字で表すことができる。これを基に、もっと広がるモビリティの世界を作っていきたい」と語る。

 6台のワールドプレミアのうち3台は、前2輪、後1輪の三輪バイク「トリシティ」に採用したLMW(リーニングマルチホイール)構造の展開を拡大したものだ。「NIKEN(ナイケン)」は水冷直列3気筒エンジンを搭載したスポーツセグメントの大型LMWで、「TRITOWN(トリタウン)」はLMW機構を備えた小型電動立ち乗りモビリティ。「MWC-4(エムダブリュシー フォー)」は、前2輪、後2輪の四輪LMWで、2個の駆動モーターの他に発電専用エンジンを搭載している。

「MWC-4」と「TRITOWN」大型LMW「NIKEN」 LMW構造の展開を拡大したワールドプレミアの参考出展車。ヤマハ発動機の柳弘之氏の奥側にあるのが「MWC-4」、手前にあるのが「TRITOWN」(左)。スポーツセグメントの大型LMW「NIKEN」(右)(クリックで拡大)

 そして「東京モーターショー 2013」から模索してきた四輪車への事業展開については、ユニークな4人乗り座席の配置となるダイヤモンドレイアウトや、二輪車を2台搭載できる積載性などを特徴とするSUVコンセプト「CROSS HUB CONCEPT(クロスハブコンセプト)」を発表した。

「CROSS HUB CONCEPT」「CROSS HUB CONCEPT」「CROSS HUB CONCEPT」 「CROSS HUB CONCEPT」の外観(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.