特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年11月30日 10時00分 公開

IoT観測所(39):Arm「mbed OS」は立ち位置を変えながら進化する (1/3)

2014年に開発中であることがアナウンスされたArmの「mbed OS」。その後、紆余曲折を経て、mbed OSの立ち位置と取り巻く環境が変わり、mbed OSそのものも大きく変わった。そこで、アップデートとして現状の「mbed OS」と、「mbed Cloud」などそれをとりまく環境を紹介する。

[大原雄介,MONOist]

 本連載第13回でArmの「mbed OS」をご紹介したが、そこから2年が経過し、mbed OSの立ち位置と取り巻く環境が変わり、mbed OSそのものも大きく変わった。ということで、アップデートとして現状の「mbed OS」とそれをとりまく環境をご紹介したいと思う※)

※)編注:Armは2017年8月から企業名や製品名の表記を変更した。例えば、従来は「ARM」「mbed」だったが、現在は「Arm」「Mbed」になっている。本記事では、企業名の表記は「Arm」、製品名は2017年8月以前についても言及するため「mbed」に統一している

 最初にmbed OSが(本連載とは別に)2014年に紹介された時点では、基本はSensinode Oyの保有していた「NanoStack」「NanoService」という超軽量のネットワークスタックとサービスレイヤー、これらと「Nano Router」と呼ばれるルーティング機能にセキュリティを付加した程度のものだった。当初の予定では、このmbed OSをベースにしてmbed OS 3.0を完成させ、以後発展させていくはずだった(図1)が、実際にはそこから紆余曲折があった。

図1 図1 2014年発表時点での「mbed OS」のリリーススケジュール(クリックで拡大)

 オリジナルのmbed OS系列(mbed OS Classic)とは別にmbed OS 3の開発が始まり、これらが統合される形でmbed OS 5が2016年8月にリリースされた。当初の予定からすると約1年遅れではあるが、1年未満でスクラッチから構築できたのだから、ずいぶん高速化されたともいえる。

 そもそも何で新しくmbed OS 3系列の開発が行われたか、という話は図2に半ば答えが示されている。端的にいえば、mbed TLSに代表されるセキュリティ機能をmbed OS Classicに統合するのが難しかった、という点に尽きる。そこでmbed OS Classicでは開発環境とかライブラリの整備を充実させ、他方mbed OS 3ではネットワークやセキュリティの充実を図り、これを組み合わせたのがmbed OS 5ということになる。

図2 図2 「mbed OS」開発の経緯(クリックで拡大)

関連キーワード

mbed | mbed OS | mbed Cloud | ARM | IoT観測所


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.