「業務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務」に関する情報が集まったページです。

偽注文→キャンセルの業務妨害 被害届を出したアパレルブランドの報告に注目集まる
同じような被害を受けている人に、警察への相談を勧めています。(2018/10/20)

インド初の“省エネ性に優れた病院”構築へ――NEDOと日立、エネルギーマネジメントと業務効率改善の共同実証を開始
ニューデリーの大学病院で、病院の省エネ化と業務効率改善を実現する共同実証がスタート。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日立が、インドの医療サービス向上に向けたモデルケースとなる病院システムを構築する。(2018/10/19)

必要なシステムは、業務部門がその場で作る:
月250時間の残業がゼロに G Suiteで生まれ変わったヤッホーブルーイングの働き方
スーパーやコンビニで人気の「よなよなエール」を製造するヤッホーブルーイング。今では現場で必要なシステムを社員がその場で作るなど、業務の自動化を進めているが、数年前は現場の在庫カウントが煩雑化し、社員が長時間残業する状況に悩まされていた。(2018/10/19)

生産工程に点在するデータを“横串活用”――日立、生産現場をデジタルツイン化する「IoTコンパス」発売
日立製作所は、IoTデータを基にデジタル空間に生産ラインを再現し、生産業務全体の最適化を支援する「IoTコンパス」の販売を開始する。溶接、塗装、組み立てといった生産工程ごとに点在する業務とデータをデジタル空間上でつなぎ、生産工程全体の最適化に向けたデータ活用を支援する。(2018/10/18)

お金持ちの思考法を知る:
あなたの知らない富裕層の世界
日本に100万人以上いるという富裕層は、どんなことを考え、どんな生活をしているのか。外資系金融機関で長年プライベートバンキング業務を務め、多くの富裕層を知る、ファイナンシャルアカデミーの渋谷豊氏の話を聞いた。(2018/10/18)

RFCで定義された新しいデータモデルを利用:
ネットワーク構成の可視化ツール、ハイブリッドクラウド環境も対象に
TISとフィックスポイントは共同で、ネットワーク構成の可視化、分析ツールを開発する。ネットワーク構成情報を自動収集し、ネットワーク運用業務の効率化を目指す。成果物は、オープンソースとして公開する予定。(2018/10/18)

Sansanが運用を開始:
DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、その結果を受けて共同でのプロモーションを開始した。(2018/10/17)

たい焼き店に続き:
セガとコメダが提携 秋葉原のゲーセンに「コッペパン屋」開業へ
セガ エンタテインメントとコメダが業務提携。10月19日に「セガ秋葉原4号館」にコッペパン店を開業する。立地と商品の相性の良さを踏まえた施策で、ゲームセンターの集客につなげる狙い。(2018/10/17)

シャープ、8Kを全面展開 テレビに加え業務用も注力
シャープは16日、世界初となる8Kのチューナーを内蔵した液晶テレビをCEATECに出展した。国内で今年12月、8Kの衛星放送が世界に先駆けて開始されるのに合わせ、11月17日に発売する。(2018/10/17)

デル、金融業務などにも向くアスペクト比32:9のウルトラワイド曲面ディスプレイなど2製品
デルは、業務向けの49型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「U4919DW」など計2製品の発表を行った。(2018/10/16)

耐震・制震・免震:
震災時に医療業務の継続性を高める「高機能免震病院」、戸田建設
戸田建設は、庁舎などで採用実績を伸ばす独自開発の免震工法「TO-HIS工法」と、複合工法「TO-RCS構法」を組み合わせた地域の中核病院を対象とする“免震システム”を発表した。震災時における病院内の揺れを最小限とし、医療業務の継続性を高めるとともに、復旧コストも大きく低減する。(2018/10/16)

情シスの相棒は総務だった!? 会社を救う最強タッグ(3):
PR:“普通”のスマホは利用禁止!? 海運男子のIT活用を支える「総務系情シス」
製造業や流通業など、現場の力が強い業種はIT化が進みにくいといわれる。しかし、全国に拠点を持つ海運会社「ハヤシ海運」では、経営企画部の活躍によって、ペーパーレスやタブレット導入といった業務のIT化を進めている。(2018/10/15)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(2):
日本企業の多くがはまる、イノベーションのジレンマとは?
IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBAのスタッフへのインタビュー。今回は、DMM.make AKIBAでエヴァンジェリストを務める岡島康憲氏に登場いただいた。(2018/10/12)

メーカーや流通小売企業などが対象:
セディナとTrue Data、購買情報とクレジットカード情報を活用したマーケティングサービスを提供開始
SMBCグループのセディナはTrue Dataと業務提携し、購買情報とクレジットカード情報を掛け合わせたビッグデータをマーケティングに活用したサービスを提供開始した。(2018/10/11)

私的支払い「問題ない」 Mt.Gox事件、CEO被告人質問
Mt.GoxのBTC消失事件で、業務上横領などの罪に問われたマルク・カルプレスCEOの公判。Mt.Goxからの貸付金で私的な支払いをしたことを「問題ないと思った」として、着服を否定した。(2018/10/11)

着服を否定:
私的支払い「問題ない」 ビットコイン消失事件、CEO被告人質問
仮想通貨「ビットコイン」(BTC)取引所運営会社「マウントゴックス」(東京、民事再生手続き中)のBTC消失事件で、顧客から預かった資金を着服したなどとして、業務上横領などの罪に問われた最高経営責任者(CEO)、マルク・カルプレス被告(33)の公判が10日、東京地裁(中山大行裁判長)で開かれた。カルプレス被告は被告人質問で、マウント社からの貸付金で私的な支払いをしたことを「問題ないと思った」として、着服を否定した。(2018/10/11)

製造ITニュース:
制御システム向け脅威分析サービス提供へ、3社が業務提携
NTTデータは、プラント制御や製造ラインの制御系システム向け脅威分析サービスを共同で提供することを目的に、イエラエセキュリティおよび神戸デジタル・ラボとの業務提携に合意した。(2018/10/11)

社員のPC利用を可視化 アプリ使用時間チェックで生産性向上 パナの働き方改革支援サービス
パナソニックが企業の働き方改革支援に力を注いでいる。社員の意識改革や業務の効率化などに役立ててもらおうと、社員一人一人のパソコンの利用状況を細かく把握するサービスを開始。PC内蔵カメラで脈拍を読み取り、社員のストレスの度合いを計測できるサービスの提案もスタートした。(2018/10/10)

物流のスマート化:
日立と三井物産がスマート物流で協創、AIが熟練者も考え付かない配送計画を立案
日立製作所が三井物産と取り組んでいるAI(人工知能)を活用した配送業務の最適化に向けた協創について説明。これまでに、トラック台数を最大10%削減するとともに、熟練者と同等もしくはそれ以上の実効性のある配送計画を立案できる見通しが得られているという。(2018/10/10)

昼寝する人は「出来る人」 企業も注目
「昼寝」に注目が集まっている。昼寝を“業務の一環”と推進する企業が現れ、寝具メーカーもチャンスをうかがっている。(2018/10/9)

Weekly Memo:
“マルチAI”にどう対応するか システム管理の新たな課題
競争力強化に向けたAIの導入・活用が進む中、業務部門ごとに複数のAIが使われるケースも見受けられるようになってきた。そんな“マルチAI”をどう管理していくのかが、新たな課題として浮上している。(2018/10/9)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第599話 こんなアホなUIで仕事ができるか!
ホワイトカラーの生産性が低い? こんな出来の悪い業務システムじゃ、上がる生産性も上がらないっつーのよ。(2018/10/9)

現実の問題を解決できるか
HRテックで高まるGoogleやIBMの影響力 チャットbotを支える技術とは
人事業務におけるAI(人工知能)関連技術の利用が拡大するにつれ、大手ITベンダーへの依存が高まりつつある。ただし小規模ベンダーも独自ツールの開発を継続している。(2018/10/9)

“脱Excel”か“活Excel”か
業務に不可欠なのに誰も管理していない「野良Excelツール」を、どうやって管理する?
誰が作ったのかよく知らないまま使っているMicrosoft Excelのツールが、あなたの職場にもあるかもしれません。誰が管理しているかも不明な「野良Excel」を使い続けるリスクと、適切に管理するためのヒントを紹介します。(2018/10/9)

スルガ銀行に6カ月間の一部業務停止命令 シェアハウス不正融資問題で
金融機関に対する行政処分としてはかなり重い内容。(2018/10/5)

改ざんに積極的に関与した行員も:
金融庁、スルガ銀に行政処分 6カ月間の一部業務停止命令
金融庁は10月5日、スルガ銀行に対する行政処分を実施。新規の投資用不動産融資の取り扱いを6カ月間停止した。業務改善命令も出し、進捗(しんちょく)状況を3カ月ごとに報告するよう命じた。(2018/10/5)

FAニュース:
AIで検査はどこまで効率化できるか――IVIつながるものづくりアワード2018
IVIは2017年度に活動した22の業務シナリオWGの中から「つながるものづくりアワード2018」を選定し「AIによる生産ラインの生産性向上と自動化進展〜第一弾:検査工程への取り組み〜」が最優秀賞を受賞した。(2018/10/5)

製造ITニュース:
AIとの会話で業務報告、タイムリーで確実な記録に貢献
東芝デジタルソリューションズは、東芝コミュニケーションAI(人工知能)「RECAIUS」の新サービスとして、スマートフォンでAIと会話することで業務報告ができる「RECAIUS 報告エージェント」の提供を開始した。(2018/10/5)

DMM.makeの中の人に聞く「IoTとスキル」(1):
自分の仕事は実験の連続、報酬は「信用×換金レート」で決まる
今回から、IoTを業務に活用したい人たちをサポートしている、DMM.make AKIBAのスタッフのインタビューを連載する。IoTに関する考え方はもちろん、彼らのキャリアからも何かを得られると思う。今回は、DMM.make AKIBAでエヴァンジェリストを務める岡島康憲氏に登場いただいた。(2018/10/5)

キヤノンMJ、高速A3スキャンを実現した業務用ドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-G2140」など5機種を投入
キヤノンマーケティングジャパンは、企業利用などに向く高速スキャン対応のA4ドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-G2140」「同 G2110」など計5機種を発表した。(2018/10/4)

JCB、無人レジ実証実験開始 画像認識、AI搭載でキャッシュレス決済
深刻な人手不足に対応して加盟店の人件費削減や業務効率化に貢献するのが狙い。(2018/10/4)

高砂熱学工業とヤマト科学が業務提携、IoT・AI技術を駆使した新サービスを展開
高砂熱学工業は2018年10月1日、ヤマト科学と業務提携を締結したことを同年9月28日に明らかにした。両社は今後、互いの技術・ノウハウを融合して、基盤事業で新たなソリューションの創出や2社の営業力を統合させて売上の拡大を目指す。(2018/10/4)

製造マネジメントニュース:
コネクテッドカーの市場開拓や新サービスで業務提携
GMOクラウドと双日は、自動車向けIoTソリューション「LINKDriveシステム」を活用したコネクテッドカー関連事業の推進に関する業務提携契約を締結した。LINKDriveシステムの国内外における市場開拓などを共同で推進する。(2018/10/4)

レンタルスペースの受付業務を無人化するアプリ スペイシーが提供開始
貸し会議室サービスを行うスペイシーが、誰でもレンタルスペースを運営できるようになるアプリ「ワークスペイシー」の提供を開始した。(2018/10/3)

連載第2回「ロボ材活用最前線――AIが変える働き方と経営」:
人から「職を奪わない」ためのAI
人工知能が業務に導入されると失業が増えるのではないか。そんな不安を覚えている人はどのくらいいるのだろう。(2018/10/3)

AIで企業や商品に対する“顧客の声”を約1300種類に分類する「感性分析サービス」 日立から
日立は、SNSや口コミサイトなどのWeb上の情報、テレビや新聞などのマスメディアの情報、コールセンターの会話記録などから、“顧客の声”を高精度に可視化する「感性分析サービス」を開始。業務情報と連携し、売上予測やリスク対策などに活用できる。(2018/10/3)

電気自動車:
燃料電池鉄道は実現するか、トヨタとJR東日本が水素活用で連携
トヨタ自動車とJR東日本が、水素を活用した鉄道と自動車のモビリティ連携を目的とした業務連携を発表。駅を拠点とした水素サプライチェーンの構築や、燃料電池鉄道の研究開発などに取り組むという。(2018/10/3)

ソフトバンク、LTEに対応した業務用IP無線機「SoftBank 801KW」発売
ソフトバンクは、11月以降にLTE対応のハンディ型業務用IP無線機「SoftBank 801KW」を発売。LTEをはじめ、防水・防じん・耐衝撃・耐振動性能を搭載する。また、同社のIP無線機として初めて「緊急速報メール」にも対応した。(2018/10/2)

現金が使えない「てんや」、浅草にオープン スタッフ業務を効率化
支払いに現金が使えない「大江戸てんや 浅草雷門店」がオープン。利用客は、クレジットカード、電子マネーなどで料金を支払う。(2018/10/2)

「天丼てんや」キャッシュレス実験店開業 業務効率化見込む ロイヤルHD
利用者がタブレット端末を操作して発注後、電子マネーやクレジットカード、スマートフォンのアプリを使って前払いする。(2018/10/2)

働く価値を上げる“VBA/GAS”術(11):
日報メールを半自動化!?――ExcelとVBAで作成するメール作成マクロとは
時間のかかる業務の代表「メール作成」。中には、定期的かつ毎回同じようなフォーマットで作成、送信するメールもあるのではないでしょうか。今回は、日報を例に、Excelに記入したことを基にメールを作成するVBAを紹介します。(2018/10/2)

完全キャッシュレス店舗「大江戸てんや」10月2日オープン
天ぷら・天丼専門店「てんや」を展開するテン コーポレーションが、完全キャッシュレスのセルフタイプ型店舗を東京・浅草に出店。4カ国語に対応する多言語タブレットで注文を受け付け、IT化による業務軽減と訪日外国人のニーズへ応えてた店舗運営を行う。(2018/10/1)

Pepperが介護スタッフに リハビリ指導や夜間巡回を補助――ソフトバンクら3社が実証実験へ
ソフトバンクら3社が、介護施設でのリハビリ指導や夜間巡回に「Pepper」を活用する実証実験を開始。人材不足や見守り業務の効率化など、介護業界の課題解決を目指す。(2018/10/1)

自然エネルギー:
Looopと中部電力が資本提携、狙いは「FIT制度に依存しない再エネ普及」
新電力のLooopと中部電力が資本業務提携を発表。Looopの太陽光を中心とした再生可能エネルギー事業に関するノウハウと、中部電力の電力小売事業の基盤や経営資源を融合し、「ポストFIT」を見据えた再生可能エネルギー・分散電源関連の新サービス創出を目指すという。(2018/10/1)

製造マネジメントニュース:
老朽化設備で乗り切るための“創意工夫”、不正と疑われずに定着
SUBARU(スバル)は2018年9月28日、東京都内で会見を開き、2017年10月から数回にわたって明らかになった完成検査の不適切な扱いに対する社外専門家による調査結果を発表した。その調査によって、既に報告書で公表している不正に加えて、燃費、排ガスの抜き取り検査とそれ他の完成検査業務で新たに複数の不適切行為が判明した。(2018/10/1)

特選プレミアムコンテンツガイド
iPhoneがきついダメ出し、働き過ぎを防ぐ驚きの仕組みとは
業務時間外でもつい業務のメールをチェックしてしまうことがある。だが、今後は「業務時間外にメールを見てはいけない」とiPhoneにダメ出しをされてしまうかもしれない。どういうことだろうか?(2018/10/1)

「Zaif」運営元、業務改善計画を金融庁へ提出 「顧客の資産に被害が及ばないよう対応する」
仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロが金融庁に業務改善のための報告書を提出したと発表した。(2018/9/28)

「このデータが見たい」をすぐにかなえる
「プライベートSaaS」とは? 業務に合わせて進化する、お手軽SaaSの理想型
SaaS(Software as a Service)は初期コストの低さと手軽さが魅力だが、使い続けるとカスタマイズ性の低さなどのデメリットも見えてくる。SaaSの魅力だけを享受する方法はないだろうか。(2018/9/28)

RPAで手軽に業務効率化、効果を最大限に引き出すための方法とは
RPAによる手軽な業務効率化が注目を集める。だが安易なRPA頼みでは十分に成果が出ず、将来に問題が顕在化する可能性もある。超効率化を実現するために必要な考え方とは?(2018/9/27)

テレワークセキュリティの最適解とは
ファイアウォールの外は“魔界” 外出先でのWebアクセスは安全か?
テレワークなど社外での業務は当然の選択肢となりつつあるが、社内と同程度のセキュリティを確保できている企業は多くない。「全ての脅威を防ぐ」解決策はあるのか?(2018/9/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。