「人工知能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人工知能」に関する情報が集まったページです。

スマートファクトリー:
PR:AIやIoTとの融合が加速、MECHATROLINKが描く工場の変化とパートナーシップ
IoTやAIなど先進技術を活用したスマートファクトリーへの取り組みが広がりを見せている。その中で、参加企業を増やし注目を集めているのが、モーション制御を得意とする「MECHATROLINK」の普及を担うMECHATROLINK協会だ。2018年6月8日に開催された「MECHATROLINK協会 2018年度総会」から、同協会が描く工場の姿と、パートナーシップの価値について紹介する。(2018/6/15)

こりゃやばい! 三和交通のぶっとび特別車「SPタクシー」「忍者タクシー」に爆乗してイイキモチになってみた
1年分笑ってきました──。でも、おふざけだけじゃない。そこにある「真の目的」とは?(2018/6/16)

三菱地所らがロボットベンチャーに出資 自律走行し異常を検知する警備ロボット商用化へ
自律走行ロボットの開発などを手掛けるロボットベンチャーのSEQSENSEが三菱地所、システムインテグレーターのTIS、ベンチャーキャピタルのジャフコの3社から計10億の出資を受けたと発表。歩行者などを避けながら移動し、搭載したセンサーで発熱や異常を検知する警備ロボットを開発し、18年度中の商用化を目指す。(2018/6/15)

センサー提供と分析をワンストップで:
IoT・AIで工場の故障を検知 KDDIが製造業の「生産性アップ」を支援
KDDIが、IoTを活用して工場の生産設備の状態をチェックできるサービスを始める。AIが最適な分析手法を学習し、成長するオプションも設ける。導入企業のコスト削減や生産性向上をサポートする。(2018/6/15)

キャラも人気の「my daiz」:
競合ひしめく「AIエージェント」にあえて挑戦、なぜ? ドコモに聞く
NTTドコモが5月末、AIを活用した音声対話サービス「my daiz」をリリースした。Apple、Amazon、Googleなどの競合がひしめくこの分野にあえて参入したのはなぜか。開発担当者に話を聞いた。(2018/6/15)

健康改善で割引、DeNAが保険発売へ AIで生活習慣の分析、改善方法も助言
日々の歩数や睡眠時間に、提携する健康保険組合の健康診断結果や医療機関での診療履歴なども合わせて分析する。(2018/6/15)

「Windows 10」春のアップデートは「AI活用で過去最速の普及」とMicrosoft
Microsoftが4月30日にリリースした「Windows 10 April 2018 Update」は、初めて採用したAIによるローリングアウト方式が奏功し、過去最速(約1カ月半で2億5000万台の端末にインストール)だった。(2018/6/15)

自動運転は「商用車」で先行!? 7年後に無人隊列目指す 日野自動車
乗用車で自動運転技術の開発競争が過熱する中、トラック・バスなどを手がける日野自動車も完全自動運転に取り組む。7年後に全操作を自動化する商用車を実用化するほか、複数のトラックが隊列走行する技術の進化も急ぐ。(2018/6/15)

スマートファクトリー:
スマート工場の理想像をみんなで描く、NECが共創型体験施設を開始
NECは2018年6月14日、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など先進技術を活用して、次世代モノづくりを具現化する共創型体験スペース「NEC DX Factory」をNEC玉川事業場(川崎市中原区)内に開設した。(2018/6/15)

経済インサイド:
自動運転車は「乗用車」より「商用車」で先行!? 7年後に無人隊列目指す
乗用車で自動運転技術の開発競争が過熱する中、トラック・バスなど商用車を手がける日野自動車も完全自動運転の実現に向けた技術開発ロードマップ(計画表)を発表した。(2018/6/15)

MEDTEC Japan 2018レポート:
モバイル化する医療機器、AIとロボットの活用も進む
東京ビッグサイトで2018年4月18〜20日に開催された「MEDTEC Japan 2018」。今回は、医療機器のモバイル化やAI、ビッグデータなどの先進技術に関する同イベントでの展示内容を紹介する。(2018/6/15)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
「ビジネスに貢献するデザイン」に必要なこと――福本 徹氏:後編
デザインのロジックを可視化することでデザインの仕事はどう変わっていくのか。アイディーネットの福本 徹氏と戦略コンサルタントの山口義宏氏が語り合った。(2018/6/15)

“日本が知らない”海外のIT:
スマホカメラで見る世界 進む自立支援、視覚障害者向けアプリのいま
私たちにとって身近なスマートフォン。今はスマホカメラが視覚障害者の目となり、彼らの生活を助ける役目を果たしている。(2018/6/15)

ロボットとAIが変える「医師の働き方」:
二宮和也主演「ブラックペアン」で話題の手術支援ロボット 直腸がん手術「第一人者」に聞く
 二宮和也が「オペ室の悪魔」と呼ばれるダークヒーロー役を演じる人気テレビドラマ「ブラックペアン」に登場する手術支援ロボットが、いま日本の医療施設に普及しようとしている。ロボットを使った直腸がん手術の第一人者である絹笠祐介・東京医科歯科大学教授に現状と課題を聞いた。(2018/6/15)

必要なことをリストアップ
人工知能(AI)インフラの基本要素、求められる戦略は?
人工知能(AI)インフラを構築するには、ストレージ、ネットワーク、AIデータのニーズを真剣に検討し、その結果を熟慮した戦略的な計画と組み合わせる必要がある。(2018/6/15)

PaaSの利用が鍵となる
アイデンティティー管理製品の選び方 Active Directoryなど主要製品トレンドは?
IT部門はさまざまな技術で自動化のアプローチを推進している。だがアイデンティティー(ID)管理に関しては、自動化はまだ導入の初期段階だ。ID管理の将来像はどうなるのだろうか。(2018/6/15)

「セキュリティアナリストが不要になる」は本当か
セキュリティの自動化とオーケストレーションは「企業のセキュリティ」をどう変える?
セキュリティの自動化およびオーケストレーションをするシステムが増加する傾向にある。その理由は、このシステムが脅威に対して自動的な対処ができる機能を有しているからである。(2018/6/15)

はやぶさ2、小惑星に照準 「日本からブラジルにある6センチの的を狙うのと同等」
小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」まで約750キロの地点に到達した。27日前後に到着する見通し。JAXA宇宙科学研究所の吉川真さん(ミッションマネジャー)は「日本からブラジルにある6センチの的を狙うのと同等」という。(2018/6/14)

Microsoft、Officeも「Fluent Design」に コンパクトなリボンやAI検索機能など
MicrosoftがWindows 10の「Fluent Design」をOffice(アプリおよびOffice 365)に反映させる。具体的な時期は明言していないが、リボンがコンパクトになり、AI採用の「ゼロクエリ検索」が使えるようになる。(2018/6/14)

CADニュース:
AI搭載CADを歯科のブリッジ治療向けに開発、ディープラーニングも活用
三井化学の子会社Kulzerと9DWが、AIを搭載した歯科用CADソフトウェアの開発に着手した。Kulzerのビッグデータに9DWのAIを活用して、欠損歯のブリッジ治療を効率化し、治療具の設計精度を向上するソフトウェアを開発する。(2018/6/14)

Vivo、切り欠きなしで画面占有率91%超、ポップアップカメラの「NEX」
中国Vivoが6.59型(アスペクト比19.3:9)のフラグシップ端末「Vivo NEX」を発表した。ベゼルレス(画面占有率91.24%)を実現するために、フロントカメラをポップアップ式にし、指紋認証センサーとスピーカーは画面内に設置した。(2018/6/14)

製造業がサービス業となる日:
「モノ」から「コト」を本格化、パナソニックが取り組む新規サービス事業
パナソニックは2018年6月13日、「モノ」から「コト」へシフトする新たなサービスビジネス事業について説明を行った。(2018/6/14)

セキュリティ対策に自動化は必須の要件:
セキュリティにAI活用する企業が増加、日本マイクロソフトがDXとセキュリティの関係を調査
日本マイクロソフトは、デジタルトランスフォーメーションとセキュリティの関係についての調査結果を明らかにした。日本マイクロソフトは、クラウドの時代だからこそできるセキュリティ対策とは何かを知り、既存のセキュリティ対策を見直す時期が来ていると呼び掛ける。(2018/6/14)

CAEイベント:
AIや大規模解析では、省力化ではなく価値創出が重要
エムエスシーソフトウェアが開催した年次ユーザーイベント「MSC Software 2018 Users Conference」において、筑波大学 システム情報系 教授で筑波大学 人工知能科学センター センター長、理化学研究所 計算化学研究機構客員研究員を務める櫻井鉄也氏が、デジタルとAI(人工知能)をキーワードに「AI技術を用いたデータとシミュレーションの統合活用」と題して講演した。(2018/6/14)

IT活用:
AIで燃料調整を効率化、火力発電の運用コストを1億円削減
三菱日立パワーシステムズが台湾の火力発電所に導入したAIシステムの効果を検証。ボイラーの燃料調整を効率化することで、年間1億円程度のコスト削減を可能にしたという。(2018/6/14)

既存のプロセスを強化する意義を見直そう
AWS Secrets Managerなどに注目 新しいAWS開発者用ツールが生み出す価値とは?
「AWS Summit 2018」では「AWS Secrets Manager」など、セキュリティと機械学習に重点を置いた新しいAWSデベロッパーツールが公開された。この新しいツールが扱うニーズについて解説する。(2018/6/14)

時代は「成果共創型ビジネス」へ
IoTを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み方
IoTを活用した新しいビジネスを創出し、デジタルトランスフォーメーションを実践するには。デジタル化がもたらすものは何か。事例と共に紹介する。(2018/6/14)

装置の故障や危険行動を事前予測:
日立情報通信エンジニアリングが「状態予測エンジン」の販売を開始
日立情報通信エンジニアリングは、対象の状態を認識し、その先を予測するソフトウェア「状態予測エンジン」を販売開始した。製造装置の故障予測に基づいた先行対策や、人物の動きを予測して危険回避策を講じることが可能になるという。(2018/6/14)

コンテンツ創造、ブロックチェーンやAI活用を 政府「知的財産戦略ビジョン」
知的財産戦略本部が新たな「知的財産戦略ビジョン」を策定した。コンテンツ創造にもAIやブロックチェーンを活用することなどを提言している。(2018/6/13)

生活者データの利活用で協業:
NECとマクロミル、AIと調査パネルを活用したマーケティングサービスを共同開発
NECとマクロミルが生活者データの利活用領域において協業を開始。NECが持つAI技術とマクロミルの調査パネルを組み合わせることで新たなマーケティングソリューションを開発する。(2018/6/13)

国際食品工業展開幕 省人化やIoT、AI活用競う
省人化やIoT活用を打ち出した製品が目立つ。(2018/6/13)

製造ITニュース:
AI技術を活用した食品工場レイアウト自動作製ツールを開発
日立プラントサービスは、AI技術を活用して食品工場内のレイアウトを自動で作製するエンジニアリングツールを開発し、実案件への適用を開始した。工場レイアウト設計業務を効率化できる。(2018/6/13)

NEWS
デジタルビジネスに必要な5つの観点とは ガートナー幹部が提言
Gartnerのリサーチ部門最高責任者であるピーター・ソンダーガード氏が世界のデジタルビジネスの動向について語った。デジタルビジネスの推進に必要な5つの観点と、これからの展望とは。(2018/6/13)

Synopsys:
AIベース車載SoCの開発を促進する、ASIL D対応ビジョンプロセッサ
シノプシス(Synopsys)がISO 26262の安全要求レベルであるASIL B〜Dに対応するビジョンプロセッサ「EV6x Processors with SEP」を発表した。(2018/6/13)

スキルセットというよりも作業精神
テクノロジーに命を吹き込む「ラピッドプロトタイピング」が必要な理由
最先端のUI(ユーザーインタフェース)を築き上げるには、ラピッドプロトタイピングプロセスが欠かせないという。その理由について話を聞いた。(2018/6/13)

派遣エンジニアのワークスタイル:
PR:派遣エンジニアなら「ワークライフバランス」も「仲間との成長」も実現できる
日本の製造業にとって必要不可欠な存在である派遣エンジニアだが、その働き方は実際にどのようなものなのだろうか。国内メーカーの開発現場で活躍する2人に話を聞いた。(2018/6/13)

IT部門の最新モバイル管理動向
モバイル管理ではなく統合エンドポイント管理へ IT部門の仕事は変わる?
IT部門は、モバイル管理をエンドユーザーコンピューティング戦略に組み込みつつある。バイオメトリクス、AIといった技術の導入で、ID管理もこれまで以上に高度化できる。最近の調査が示す新時代のモバイル管理とは。(2018/6/13)

「NEW ELITE」ピョートル氏×アトラシアン日本法人社長対談:
PR:「そもそも日本には『チーム』がない」? うまくいってない企業の共通点
うまくいっていない企業には、共通する本質的な課題がある――。日本企業が直面している「生産性」や「チーム」の問題を、アトラシアン日本法人のスチュアート・ハリントン社長、著書「NEW ELITE」が注目を集めるピョートル・フェリクス・グジバチ氏に聞いた。(2018/6/13)

狂気の画像識別 MITが陰惨画像でサイコパスAIを育てる
サイコパスとして育てられた人工知能。(2018/6/12)

シャープが目を付けたのは「猫用IoTトイレ」 ペット事業になぜ参入? 犬のバイタル計測サービスも
シャープがペット事業に参入。健康管理が行える猫用IoTトイレのほか、法人向けに犬用のバイタル計測サービスも始める。(2018/6/12)

Broadcomがシェアトップに:
成長するMEMS市場、勢力図も急速に変化
Robert Bosch(以下、Bosch)とSTMicroelectronicsはいずれも、2017年のMEMS市場ランキングにおいてトップの座に就くことができなかった。世界第1位のMEMSメーカーの座を獲得したのは、Broadcomだったのだ。MEMS市場は、モバイルと自動車にけん引され、急速に成長している。それに伴い、勢力図にも変化が訪れている。(2018/6/12)

製造業IoT:
製造業に迫り来る4つの「危機」、脱するために必要な「つながる産業たち」
製造現場や生産管理の先進化や効率化を目指す展示会「スマートファクトリーJapan 2018」(2018年5月30日〜6月1日、東京ビッグサイト)の講演に経済産業省 製造産業局長 多田明弘氏が登壇。「大変革に直面する製造業と“Connected Industries”推進に向けた取り組み」をテーマに2017年3月に発表した「Connected Industries」の進捗度について紹介した。(2018/6/12)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
IoTプラットフォーム戦国時代始まる、主役は中小製造業
ユーザーでありベンダーでもある。製造業IoTの主役は中小製造業です。(2018/6/12)

Morpho Pose Estimator:
AIを活用した姿勢推定ソフトウェア、一般のカメラ画像にも対応
モルフォらがディープラーニングを使って人体や動物などの姿勢を推定するソフトウェア「Morpho Pose Estimator」を開発、販売開始した。(2018/6/12)

AIチャットbotの可能性について識者が対談
女子高生AI「りんな」は人間に投資信託を買わせることができるか?
AIチャットbotを、例えば個人の資産運用にどう活用することができるか。日興アセットマネジメントの神山直樹氏とLINEの砂金 信一郎氏が語り合った。(2018/6/12)

共同実証を米国子会社と開始:
産業機械の最適な修理作業を自動提案、日立製作所がAIを活用したシステムを開発
日立製作所は、AI(人工知能)などの先進デジタル技術を用い、さまざまな産業機械の最適な修理作業を自動提案するシステムを開発し、製品化に向けて米国子会社のSullairと共同で実証実験を開始する。(2018/6/12)

日本IBM、開発者向け情報ポータルサイト「IBM Code Patterns」開設 アプリ開発のコードサンプルなど70種を公開
日本IBMが開発者向けの情報ポータルサイト「IBM Code Patterns」を開設。AI(人工知能)やクラウドなどのアプリケーション開発に役立つアイデアやコードのサンプル(Code Patterns)70種類を日本語で公開している。(2018/6/11)

学生の質問にAIがチャット形式で回答「バーチャルTA」 近畿大学が9月から導入
近畿大学は、AI(人工知能)技術を活用したチャットbotを使い、学生の質問に答えるバーチャル・ティーチング・アシスタント(TA)を9月に導入する。(2018/6/11)

国防総省とのAI関連契約の位置付けにも言及:
Google、AIアプリケーションに関する7つの原則を発表
GoogleはAIに関する7つの原則と4つの“べからず”を発表し、最近物議を醸した国防総省とのAI関連契約についてもあらためて説明した。(2018/6/11)

Microsoft、モバイルでも利用できる新ゲームサービスと次期Xbox端末を予告
Microsoftのゲーム担当責任者が、PCやスマートフォンでも“コンソール品質の”ゲームを楽しめるゲームストリーミングサービスと次期Xbox Oneを準備中だと語った。(2018/6/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。