• 関連の記事

「TwitterからあふれたCAEの本音語り」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TwitterからあふれたCAEの本音語り」に関する情報が集まったページです。

TwitterからあふれたCAEの本音語り(4):
出世するべき? いいえ、しません!?
設計で生かすシミュレーションを社内で広めていくには、偉くなってしまうとやりづらい? でも、組織を動かすには力も必要だし……。(2011/9/2)

TwitterからあふれたCAEの本音語り(3):
俺におもちゃ買ってくれ〜そしてセクショナリズム〜
高価なソフトの稟議では、経営層から当然費用対効果を求められる。「俺におもちゃ買ってくれよ〜!」と駄々をこねたくなる瞬間だ。(2011/8/25)

TwitterからあふれたCAEの本音語り(2):
設計者CAEお悩み相談室
「CAEの社内マニュアルは、本当に必要ですか?」――そう尋ねられたら、あなたはどう答える? ぶっちゃけ現場トーク、2回目。(2011/7/6)

TwitterからあふれたCAEの本音語り(1):
CAE以前に、「設計する」って何なの
 CADやCAE、設計業務について、Twitter上で活発に議論を交わす技術者の人たちを大手町に召集してみた(2011/6/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。