「ディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ディスプレイ - ITmedia PC USER
質問!ディスプレイ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でディスプレイ関連の質問をチェック

PR:ゲーム実況のプロに聞く ゲーミングディスプレイの選び方
GODSGARDENに所属するプロゲーマーであり、ゲーム実況でも高い人気を博しているふり〜だ氏に27型ゲーミングディスプレイ「iiyama G-MASTER GB2760QSU」を試用してもらい、その感想を聞いた。(2019/1/21)

サンコー、拡大率約2倍のルーペ機能を備えたiPhone XS/X向けバンパーケースを発売
サンコーは、1月23日にiPhone XS/X向けバンパーケース「iPhone X/XS対応 文字が大きく見えルーペ」を発売。拡大率約2倍のルーペ機能をサイドに取り付け、リフトアップ機構で快適な操作感を実現。未使用時にはディスプレイへ下ろせば保護シートとしても活用できる。(2019/1/23)

JAPANNEXT、165Hz駆動対応の24型フルHD液晶 期間限定価格は2万1970円
JAPANNEXTは、最大165Hzの高リフレッシュレート表示をサポートした24型フルHD液晶ディスプレイ「JN-T24165FHD」を発売する。(2019/1/23)

レノボ、スマートディスプレイとしても使えるAlexa対応10.1型タブレット
レノボ・ジャパンは、専用スピーカードックを付属した10.1型Androidタブレット「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」を発表した。(2019/1/23)

2020年iPhoneモデルは有機ELディスプレイのみ?
ジャパンディスプレイのApple依存に懸念。(2019/1/23)

ISS 2019:
折り曲げ可能なスマホから3D DRAMまで、SEMIイベント
エンジニアたちは現在、折りたたみ式スマートフォンや折り曲げ可能なディスプレイ、次世代DRAMなどの実現に向けて取り組む上で、大きな課題に直面している。しかしそこには、新しいクラスのヘルスケアデバイスや3Dチップスタックを提供することが可能な、数々のチャンスが広がっている。(2019/1/21)

PR:もっと小さく、もっと便利に カシオが新型スマートウォッチ「WSD-F30」で目指したこと
カシオ計算機のスマートウォッチ“PRO TREK Smart”「WSD-F30」が発売される。先代に比べて小型軽量化を果たし、有機ELディスプレイの採用など機能性も向上した注目機だ。(2019/1/21)

さらに軽く、大画面に――4K対応の14型モバイル機「VAIO SX14 ALL BLACK EDITION」詳細レビュー
14型液晶ディスプレイを搭載したハイモビリティノートPC「VAIO SX14」が登場した。個人向けの特別仕様モデル「VAIO SX14 ALL BLACK EDITION」をレビューする。(2019/1/18)

「VAIO SX14」登場 VAIOがついにスリムベゼルを採用
13型クラスのボディーに14型液晶ディスプレイを搭載し、USB Type-Cも装備した新モデルが登場。無刻印キーボードも選択可能だ。(2019/1/17)

組み込み開発ニュース:
ガラス基板を利用した静電容量式ガラス指紋センサーの量産開始
ジャパンディスプレイは、住宅や車のスマートドアロック向けにガラス指紋センサーの量産を開始する。大面積、透明、フレキシブルといった次世代の指紋センサーデバイスの開発が期待される。(2019/1/16)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
背面の「V」の字がカッコいい! ノッチなし、パンチホールを採用した「Honor V20」
2018年12月、パンチホールディスプレイを搭載したスマートフォンが3機種登場しました。画面の左上のカメラ部分に小穴、すなわち「パンチホール」を開けているのです。今回のその中からHuaweiのサブブランド製品「Honor V20」を紹介します。(2019/1/13)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
表も裏もディスプレイ! Vivo「NEX Dual Display」の変態っぷりが面白い
Vivoから表も裏もカラーディスプレイという2画面表示可能なスマートフォンが登場しました。既に2018年11月にはNubiaが同様の2画面スマホ「Nubia X」を出しています。ところがVivoの「NEX Dual Display」は、ちょっと方向性を変えた製品なのです。(2019/1/12)

EIZO、公共施設などでの利用にも向く2点タッチ操作対応の21.5型フルHD液晶
EIZOは、手袋やペンでのタッチ操作にも対応した21.5型フルHD液晶ディスプレイ「FDF2121WT-A」を発売する。(2019/1/10)

エコードワークスから“折りたたみスマホ風”の手帳型スマホケースが登場
エコードワークスは、ディスプレイを折り曲げられるスマートフォンのようなデザインの手帳型ケース「Foldable SC」を発売。さまざまな端末に対応する汎用サイズと、各種iPhoneの専用サイズの2タイプを用意している。価格は各3240円(税込)。(2019/1/10)

ASUSが「Chromebook Flip C434TA」を発表 金属ボディーのプレミアムモデル
ASUSが、第8世代Intel Coreプロセッサ搭載のコンバーチブル型2in1 PC「Chromebook Flip C434TA」を発表した。「Chromebook C302」の後継機で、液晶ディスプレイが14型に大型化した。(2019/1/10)

CES 2019:
画面が折れ曲がる世界初のスマートフォン「FlexPai」に触れた
ディスプレイを折りたためる世界初のスマホがCES 2019で披露されている。Royoleが開発した「FlexPie」だ。実機に触れたので、ファーストインプレッションをお届けする。(2019/1/10)

CES2019:
車両1台で2万円のコスト削減、パナソニックの仮想化活用Androidコックピット
パナソニックは、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、1つのSoC(System on Chip)でメーターやセンターコンソールのディスプレイ、サラウンドビュー、リアシート向けのエンターテインメントを動作させるコックピットドメイン制御プラットフォーム「SPYDR 2.0」を発表した。(2019/1/10)

iiyama、サイネージ向きの業務用大型液晶ディスプレイ 42型/49型/55型の3モデルを用意
マウスコンピューターは、業務用の大型ワイド液晶ディスプレイ計3製品を発表した。(2019/1/9)

CES 2019:
GoogleアシスタントについてCESで発表された新機能まとめ マップサポートや通訳など
Googleアシスタントがモバイル版「Googleマップ」のナビ画面で使えるようになった。また、Google Homeおよびスマートディスプレイの「通訳モード」でリアルタイムの通訳機能が使えるようになる。その他、AmazonのACK対抗のサードパーティーを取り込むプラットフォームなども発表された。(2019/1/9)

CES 2019:
ディスプレイを巻き取って収納、LGが有機ELテレビの新型
ディスプレイを巻き取って収納できる65V型のOLEDテレビが登場。視聴しないときは、スピーカーも兼ねた横長のケースにディスプレイが収まる仕組みだ。(2019/1/8)

CES 2019:
Googleアシスタント搭載キッチン専用スマートディスプレイ「KitchenAid Smart Display」
米家電メーカーのKitchenAidが「Googleアシスタント」搭載のスマートディスプレイを発表した。キッチンでの利用を前提とした防水レベルIPX5の10インチディスプレイだ。レシピ検索もキッチンタイマーも音声で使える。(2019/1/7)

CES 2019:
HPが「HP Pavilion 27 Quantum Dot」を発表 量子ドットガラスで色表現性を向上
CES 2019に合わせて、HPが世界初となる量子ドット技術を適用したガラスを採用した液晶ディスプレイを発表した。従来の液晶ディスプレイよりも色表現性が増し、薄型化も実現した。(2019/1/7)

CES 2019:
「HP Spectre x360 15」の最新世代に有機ELディスプレイモデル登場 米国で3月発売予定
HPのプレミアム2in1 PC「HP Spectre x360」の15型モデルに、15型台としては世界初となる有機ELディスプレイ搭載仕様が登場する。米国で3月の発売を予定しており、価格は「発売時期が近づいたら公表する」としている。(2019/1/7)

工事現場にひな人形、サンタ、カブトムシ! 仮囲いのディスプレイに熱注ぐ「ガテン系アート」 中の人にインタビュー
ある工事現場の仮囲いに現れた、ひな人形やカブトムシ――やたらとこだわっているディスプレイ、手掛けている建設業者に思いを取材した。(2018/12/30)

144Hz液晶&全キー同時押し対応の17.3型ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i7920」
G-Tuneブランドにリフレッシュレート144Hzの17.3型液晶ディスプレイを搭載したゲーミングノートPCが登場。(2018/12/26)

透明で大面積、今後は柔軟性も:
JDI、静電容量式のガラス指紋センサーを量産
ジャパンディスプレイ(JDI)は、静電容量式ガラス指紋センサーの量産を始めた。透明なガラス上に指紋センサーを形成した。スマートドアロックなどのセキュリティシステム用途に向ける。(2018/12/25)

矢野経済研究所:
2021年、車載用ディスプレイ世界出荷数量は1億9199万枚に成長
矢野経済研究所は、車載用ディスプレイ世界市場に関する調査結果の概要を発表した。(2018/12/20)

OPPO、「R17 Pro」を12月21日発売 夜景投稿で実機プレゼントのキャンペーンも
OPPO Japanは、12月21日にSIMロックフリースマートフォン「R17 Pro」を発売。約6.4型のフルHD+有機ELディスプレイを搭載したミッドハイモデルで、価格は6万9880円(税別)。発売を記念し、全国47都道府県の夜景を撮影して投稿するキャンペーン「Japan 47 NIGHT SHOT map」も開催する。(2018/12/19)

ソフトバンク、「AQUOS zero」「Android One S5」を12月21日に発売
ソフトバンクは、12月21日に有機ELディスプレイの軽量スマホ「AQUOS zero」と、IGZO液晶ディスプレイを搭載した「Android One S5」を発売。いずれもシャープ製だ。(2018/12/18)

ベンキュー、プロデザイナー向けのHDR対応27型4K液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、デザイナー向けをうたった4K表示対応27型ワイド液晶ディスプレイ「PD2700U」を発表した。(2018/12/18)

プラダのキャラクターに「黒人差別」と指摘 → ディスプレイから撤去へ
プラダによる「プラダマリア」の一部の外見が黒人差別だと批判の声が上がっています。(2018/12/17)

週末アキバ特価レポート:
4連ディスプレイアームも256GB microSDXCカードも5000円台
PayPayフィーバー終了によって引いた潮もあるが、年末に突入する週末のアキバ自作街は目玉アイテムが目白押し。ディスプレイアームなど特価対象としてレアな製品も安く入手できる。(2018/12/15)

Alexaスキル開発ツールも動画対応 ディスプレイ付き「Echo Show」発売で
プログラミング不要でスマートスピーカーのスキルを開発できる「NOID」に、動画をアップロードするだけでスキルに組み込める新機能が追加された。(2018/12/14)

LGエレ、税別3万円台のWQHD表示対応31.5型ワイド液晶「32QK500-W」
LGエレクトロニクス・ジャパンは、2560×1440ピクセル表示に対応した31.5型ワイド液晶ディスプレイ「32QK500-W」を発売する。(2018/12/13)

ASUS、法人向けChromebookにスリムデザイン筐体採用14型フルHD液晶モデルを追加
ASUS JAPANは、法人および教育機関向けの14型フルHD液晶ディスプレイ搭載Chromebook「ASUS Chromebook C423NA」を発表した。(2018/12/13)

iiyama、タッチ操作に対応した業務用17型SXGA液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、iiyamaブランドからタッチ操作対応の業務用液晶ディスプレイ計2製品を発表した。(2018/12/13)

住宅・ビル・施設Week 2018:
凸版印刷が提案するIoT×建材の第2弾は、日常空間に溶け込む「壁材ディスプレイ」と「健康管理の床材」
凸版印刷は「第3回 高機能建材・住設EXPO」で、「トッパンIoT建材」や建装材の新製品などを披露した。IoT建材の第2弾では、壁材×ディスプレイと、床材×健康管理の新建材が初披露された。(2018/12/13)

ジャパンディスプレイ、iPhone XR用パネル3割減産報道を否定
JDIが日経報道を否定する発表。(2018/12/12)

Amazon、大型ディスプレイ付き「Echo Show」日本発売 「Fire TV Stick 4K」も
Amazon.co.jpは、10.1インチのディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Show」と、Alexaに対応したスティック型セットトップボックス「Amazon Fire TV Stick 4K」を発売した。Echo Showシリーズの日本発売は初。(2018/12/12)

マウス、税別4万円台からの13.3型モバイルノート
マウスコンピューターは、13.3型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したスタンダードモバイルノートPC「m-Book J321」シリーズの販売を開始する。(2018/12/12)

工場ニュース:
ディスプレイ製造装置と成膜装置の新たな生産拠点を滋賀県彦根市に建設
SCREENホールディングスは、彦根事業所の敷地内にディスプレイ製造装置と成膜装置の生産拠点として「CS-2」を建設した。有機ELディスプレイや、フレキシブルディスプレイ製造装置を生産可能な清浄度を備えている。(2018/12/11)

照明や通信でも高まる関心:
量子ドットは次世代ディスプレイ向き、材料開発も進む
NSマテリアルズは、「第28回 液晶・有機EL・センサ技術展(ファインテック ジャパン)」(2018年12月5〜7日、幕張メッセ)で、「量子ドットデバイスの現状と展望」と題した技術セミナーに登壇した。(2018/12/11)

docomo with対象の「AQUOS sense2」が12月14日に発売 約3万円
NTTドコモは、12月14日にdocomo with対象のシャープ製スマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を発売する。液晶テレビAQUOSで培った技術を活用した、アスペクト比18:9のフルHD+5.5型IGZOディスプレイを搭載。水濡れに強く、指紋・顔認証にも対応する。(2018/12/10)

サンワ、20kgまでのディスプレイに対応する多関節ディスプレイアーム
サンワサプライは、水平方向への自由移動が可能な多関節ディスプレイアーム2製品の販売を開始した。(2018/12/10)

GPD、7型ディスプレイ搭載UMPC「GPD Pocket2」の仕様を一部改訂
リンクスインターナショナルは、GPD製のウルトラモバイルPC「GPD Pocket2」仕様改訂モデルの取り扱いを発表した。(2018/12/10)

JOLEDが試作品を展示:
車載やeスポーツはOLEDに期待、開発が加速
JOLEDは「第28回 液晶・有機EL・センサ技術展(ファインテック ジャパン)」(2018年12月5〜7日、幕張メッセ)で、車載向けやeスポーツ向けの有機ELディスプレイ(OLED)などを展示した。(2018/12/10)

ディスプレイ企業から脱却へ:
JDI、戦略的協業でB2B/B2Cマーケティング強化
ジャパンディスプレイ(JDI)は、戦略発表会「JDI Future Trip〜Creating Beyond〜」を開催し、同社が取り組む「イノベーション戦略」を実現するための「戦略的アライアンス」や「センサー戦略」などについて紹介した。(2018/12/5)

JDI、液晶「脱スマホ依存」 東京都内で戦略発表会、新機軸を商品化
 ジャパンディスプレイは4日、東京都内で戦略発表会を開き、太陽光パネル、蓄電池、液晶パネルを組み合わせ時刻表や広告、災害情報などを配信・表示する「スマートバス停」などの新製品を披露した。(2018/12/5)

5.5型IGZOディスプレイ搭載のAndroid Oneスマホ「S5」 ソフトバンクとY!mobileから12月下旬以降に発売
ソフトバンクとY!mobile向けAndroid Oneスマートフォン「S5」が、12月下旬以降に発売。5.5型のIGZO液晶ディスプレイやリアルな色味や質感で撮影できるカメラを搭載し、耐衝撃性能や防水・防塵(じん)もサポートする。(2018/12/4)

立体じゃないのに立体的 JDIの縦型動画プレーヤー「ミオン」、春にクラウドファンディングを実施
JDIが据え置き型の縦型動画プレーヤー「XLP-01 MiOn」(ミオン)を発表した。映し出された人物が背景から浮き上がって見える不思議なディスプレイ。そのヒミツとは?(2018/12/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。