• 関連の記事

「Google Home」最新記事一覧

特集:Google Homeプログラミングを始めよう:
Google HomeにRSSを読み上げさせよう:完成編
Dialogflowの会話機能とAzure Functionsを組み合わせて、Azure Table Storageに保存したRSSフィードのデータを実際に読み上げさせてみよう。(2018/2/23)

拡張性やサードパーティーとの連携に注目
徹底比較:AWS、Google、Azureのチャットbot開発基盤はどれが最適?
音声やテキストメッセージでアプリケーションとやりとりしたいユーザーが増え、チャットbotの人気が上昇中だ。これに伴い、パブリッククラウドでのチャットbot開発が注目を集めている。(2018/2/23)

Google傘下のNest、ホームカメラに「Googleアシスタント」追加
Googleがハードウェア部門に統合したNest Labsが、自社製品に初めて「Googleアシスタント」を搭載した。ホームセキュリティカメラ「Nest Cam IQ」が次期アップデートで、Google Homeのように使えるようになる。(2018/2/22)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ビッグなAlexa対応スマートスピーカー「Harman Kardon Allure」と「Amazon Echo」を比較して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はハーマンインターナショナルのAlexa対応スピーカー「Harman Kardon Allure」を紹介する。(2018/2/22)

セキュリティ・アディッショナルタイム(22):
インシデント発生時には「引き継ぎ力」が試される
サイバー攻撃から自社の事業を「守る」技術を競い、培うことを目的とした「Hardening 2017 Fes」は個人の技術力を試すことにとどまらず、さまざまな新機軸を取り込んで発展してきた。2017年11月23〜25日に淡路夢舞台国際会議場(兵庫県淡路市)で開催された様子を報告する。(2018/2/22)

Spotifyがオリジナルスマートスピーカー開発へ? 「ハードウェア担当マネジャー」求人中
音楽ストリーミング大手のSpotifyが、「初のハードウェア製作中」として担当者を求人している。概要に「コネクテッドなハードウェアでSpotify体験を提供する」という記述もある。(2018/2/21)

IT活用:
話しかけるとお風呂が沸く、大阪ガスがIoTサービスを拡充
大阪ガスは、IoT(モノのインターネット)対応ガス機器を利用する顧客を対象に、スマートスピーカーを活用した風呂への給湯や、遠方に暮らす家族の見守り機能などIoTを活用したサービスを2018年4月から拡充する。(2018/2/21)

iPhoneユーザーが直面した、Google Home導入3カ月後の悩み
Google Homeの特典として「Google Play Music」が3カ月間無料で使えました。先日、無料期間が終わってしまい、月額980円が課金されてしまいました。さてどうしたものか……。(2018/2/19)

Google Homeプログラミングを始めよう:
Google HomeにRSSを読み上げさせよう:準備編
Google HomeにRSSフィードを読み上げてもらえるとしたらどうだろう。今回はそのための前準備としてAzureの機能を幾つか使ってみよう。(2018/2/16)

週末エンプラこぼれ話:
ディープラーニングで急激に進化――意外と奥が深い「音声合成」の世界
自動音声案内をはじめとして、スマートスピーカーなどでも使われる人工的な「音声合成」。その研究は50年以上もの長い歴史があるが、最近は機械学習によって、急速な進化を遂げているのだという。(2018/2/16)

スマートスピーカーの所有率は5.7% 最も所有率が高いのは「Google Home」
ジャストシステムの調査によれば、スマートスピーカーの所有率は5.7%だった。(2018/2/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーでもっと家電の電源を操作したい それには「リモートプラグ」が複数必要だが問題も
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は換気扇をワイヤレスで操作できる三菱電機の「P-01WRT」を、スマートスピーカーとの組み合わせで使う方法を紹介する。(2018/2/10)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】クラウドに関するアンケート
本アンケートでは、勤務先でのクラウドに関する製品・サービスの導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2018/2/15)

Google、スマートホームのNestをハードウェアチームに統合 「Googleアシスタント」搭載へ
Googleが、これまでAlphabet傘下だったスマートホーム企業NestをGoogle傘下にする。Nestブランドは存続し、「Google Home」との連携や「Googleアシスタント」の搭載を進める。(2018/2/8)

製品分解で探るアジアの新トレンド(25):
流行ガジェットは見逃さない、新分野でも着実にシェア伸ばす中国勢
エレクトロニクス業界の一大トレンドとなっているスマートスピーカー。多数の製品が登場する中、スマートスピーカーに搭載するチップで採用実績を着実に積んでいるのは、中国勢だ。(2018/2/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」で家電を音声操作して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はLINEが販売しているスマートスピーカー「Clova WAVE」で、家電を操作するメリットとデメリットについて紹介する。(2018/2/3)

Googleの親会社Alphabet、税制改正の影響を除けば2桁台の増収増益
Googleを傘下に持つAlphabetの10〜12月期の決算は、売上高は24%増だが米税制改正の影響で30億2000万ドルの赤字だった。非GAAPベースでは28%増の黒字。「Made by Google」製品が好調だった。(2018/2/2)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】BIツールに関するアンケート
本アンケートでは、勤務先でのBIツールに関する製品・サービスの導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2018/2/1)

今話題のAIスピーカーをプレゼント! 「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!
「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のAIスピーカー(スマートスピーカー)「Amazon Echo」「Google Home」をプレゼント! ご入会お待ちしています!!(2018/1/31)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Google Home Miniに自分の声でコマンドライン命令してみた
合成音声化した自分の声で命令したらGoogleアシスタントはどう反応する?(2018/1/30)

Visual Studioで始めるGoogle Cloud Platformプログラミング:
GoogleのクラウドでもVisual Studioからいつも通りに使えるってホント?
Googleが提供する「Cloud SDK」と「Cloud Tools」を使うことで、Visual Studioを使っていつもの操作感でGoogleのクラウド環境を利用できるかを見てみよう。(2018/1/29)

ITはみ出しコラム:
これは分かりやすい 「ネット中立性」問題をハンバーガーに例えた動画が話題に
米連邦通信委員会(FCC)が「ネット中立性」規定の廃止案を承認しましたが、米国でもこれの意味するところにピンと来ていない人は多いようです。そんな中、なぜかハンバーガーチェーンのBurger Kingが立ち上がりました。(2018/1/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
JBLのスマートスピーカー「JBL LINK 20」と「Google Home」を比較して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はバッテリー駆動が可能なJBLのGoogleアシスタント対応スマートスピーカー「JBL LINK 20」を試す。(2018/1/27)

KDDI、パートナー企業とコラボしたホームIoTサービス「with HOME」提供開始
KDDIは、パートナー企業とコラボレーションしたホームIoTサービス「with HOME」をスタート。auの契約者以外でも「with HOMEデバイス」の購入や基本料金などの支払いでサービスを利用できるようになる。(2018/1/26)

Apple、「iOS 11.3」で電子書籍にテコ入れ、オーディオブックコーナーも──Bloomberg報道
今春公開予定の「iOS 11.3」では、電子書籍アプリ「iBooks」が「Books」になってユーザーインタフェースがシンプルになり、オーディオブックコーナーが新設されるとBloombergが報じた。(2018/1/26)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】データ保護に関するアンケート
本アンケートでは、勤務先でのデータ保護に関する製品・サービスの導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2018/1/16)

Google I/O 2018は5月8〜10日に昨年と同じ野外会場で開催へ
Googleが今年の開発者会議「Google I/O 2018」の開催予定を、昨年と同様にクイズ形式で発表した。往年のゲーム「MYST」のようにGoogleのオフィス内を徘徊していくと、会場にたどり着く。(2018/1/25)

「Google Home」でオーディオブックの朗読が可能に
Google Playストアにオーディオブックコーナーが開設され、日本語の本も多数購入できる。英語設定の「Googleアシスタント」であれば、英語で命令してGoogle Homeに英語の本を朗読させることも可能だ。(2018/1/24)

Appleの「HomePod」、マルチルーム機能は「年内に追加」
Appleが米、英、豪で2月に発売するスマートスピーカー「HomePod」のマルチルームおよびステレオ機能は発売には間に合わず、年内にアップデートで追加される。(2018/1/24)

半径300メートルのIT:
「Hey Siri、ニュースを読んで」で失望した話
あろうことか、「買いません」と言っていたスマートスピーカーを、つい、買ってしまいました。そして、“ある機能”がとても気に入ってしまったのです。その機能をSiriで試してみると……。(2018/1/24)

スマホ依存から脱却:
「エッジにもAIを」、MediaTekの戦略
スマートスピーカーやスマートライトなどが台頭する中、MediaTekは、クラウドだけでなくエッジにもAI(人工知能)を搭載することを目指すという。(2018/1/23)

太田智美がなんかやる:
雪が降ったのでSiriに「雪だるまつくろう」と言ってみた
真っ白な世界がちょっと寂しい。(2018/1/22)

Googleアシスタント搭載ヘッドフォンは何ができる?
2018年はヘッドフォンのAIアシスタント対応がトレンドになりそうだが、今までと何が違うのか。今回はボーズの「Googleアシスタント」搭載ヘッドフォン「QC35 II」をiPhoneとAndroidスマホと組み合わせてチェックした。(2018/1/22)

「スマスピ」おしゃべり広場:
スマートスピーカーはダジャレが好きか?
スマスピたちが「ダジャレを言って」に答えてくれた。反応には性格の違いが出るようだ。(2018/1/22)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Google Home Mini」の壁掛けホルダーを試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はGoogle Home Miniを壁面に設置するためのアクセサリーを紹介する。(2018/1/21)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Amazon Echo Dot」の壁掛けホルダーを試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はEcho Dotを壁面に設置するためのアクセサリーを紹介する。(2018/1/19)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグルがラスベガスで「Googleアシスタント」の訴求に躍起――スピーカーの次に来るのは「スマートディスプレイ」か
米ラスベガスで開催された「CES 2018」。巨大ブースだけではなく、会場近隣のモノレールやホテルのデジタルサイネージに広告を出してまでGoogleが強く訴求したのが「Googleアシスタント」だ。(2018/1/19)

Google Homeプログラミングを始めよう:
DialogflowからAzure Functionsを呼び出してみる
今回はWebhookを利用して、DialogflowからAzure Functionsを利用してみよう。(2018/1/19)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーであらゆる家電の電源を操作したい 「リモコンプラグ」で実現できるか
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートリモコンとの組み合わせであらゆる電気器具をスマートスピーカーから操作できる、オーム電機のリモコンプラグを紹介する。(2018/1/18)

「Google Home」などでWi-Fiが切れる問題、Googleも修正配信へ
Wi-Fiルータメーカーが先にファームウェア更新の提供を始めている「Google Home」や「Chromecast」などが接続するWi-Fiネットワークが遅くなったり切れたりする問題について、Googleが米国時間の1月18日に修正をローリングアウトすると発表した。(2018/1/18)

4K60fps・HDR10対応のスティック型Android端末「Air Stick 4K」
CCC AIRは、4K・HDRの再生や出力に対応した、Android搭載のスティック型端末「Air Stick 4K」の販売を開始した。価格は9800円(税別)。(2018/1/18)

「Google Home」などでWi-Fiが切れる問題、ルータ各社がファームウェア更新で対処
「Google Home」がスリープモードから起動する際に1度に大量のmDNSを送信することがあり、これが原因でWi-Fiが落ちることがあったとルータメーカーのTP-Linkが説明してファームウェアアップデートを公開した。Googleも米メディアに対し、これを認めた。(2018/1/16)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
4980円で買えるAlexa対応スマートスピーカー「Eufy Genie」と「Echo Dot」を比較して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAnkerのスマートスピーカー「Eufy Genie」を紹介する。(2018/1/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
6億台のPCで使える「Cortana」がAIアシスタント競争に苦戦する理由
CES 2018では「Amazon Alexa」や「Googleアシスタント」が引き続き注目を集めた。その一方で、Windows 10標準のアシスタント機能である「Cortana」は、PC以外の採用例を増やすことに苦戦している。(2018/1/13)

CES 2018:
スマートスピーカーの新しいカタチ「Google Smart Display」とは?
米Googleが発表した新しいスマートデバイス「Google Smart Display」。スマートスピーカーに画面を付けたことで何が便利になるのか。そして日本での発売時期は?(2018/1/11)

スマートフォンで車のガソリン残量が分かる:
「Googleアシスタント」が幅広いデバイスで利用可能に――2018年、利用シーンをさらに拡大
「Googleアシスタント」は2018年に、ホームデバイス、スマートフォンおよびヘッドフォン、車載システムなどのさらに幅広いデバイスで利用できるようになる。(2018/1/10)

CES 2018:
Google、「Amazon Echo Show」対抗の“スマートディスプレイ” ソニーやLenovoが発売へ
GoogleのAIアシスタント搭載のタッチディスプレイ端末が今夏から発売される。Lenovoの「Smart Display」は8インチモデルが199.99ドルだ。(2018/1/9)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
【実録】ネット切断時にスマートスピーカーは使えるのか
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はインターネット回線の切断時にスマートスピーカーはどのような挙動を示すのか、その実録をお届けする。(2018/1/8)

Googleさん:
Hey Google、CESに本気出すってどういうつもり?
10年以上ぶりにCESで自社ブースを構えるGoogleさん。Amazonのブースの近くで「Google Assistant Playground」と名付けたこのスペースで、何を見せてくれるのでしょうか。(2018/1/6)

「なにこれこわい」 85歳おばあちゃん、Google Homeの使い方を練習する姿がかわいい
一生懸命なおばあちゃんにほっこりします。(2018/1/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。