• 関連の記事

「Google Home」最新記事一覧

マウスがスマートホーム事業に参入 スターターキットは2万4800円
PCメーカーのマウスコンピューターが「mouse スマートホーム」を発表。低価格なスターターキットを発売する。(2017/8/22)

「Google Home」、無料版SpotifyやBluetooth端末内音楽をサポート
Googleのスマートスピーカー「Google Home」で、Spotifyの無料アカウントユーザーもSpotifyのプレイリストを再生できるようになった。iPhoneやAndroid端末内に保存した楽曲もBluetooth経由で再生できる。(2017/8/22)

Google、今秋に新「Chromebook Pixel」と小型「Google Home」も発表か
Googleが、昨年10月の「Made by Google」と同様のイベントを今秋に開催し、Android 8.0 Oreo搭載オリジナルスマートフォンだけでなく、2年ぶりの「Chromebook Pixel」と「Google Home」の小型モデルも発表するとAndroid Policeが予想した。(2017/8/22)

ちょっと気の早い“スマートスピーカーの選び方”
2017年末から2018年に向けて話題になると見られている期待のガジェット「スマートスピーカー」。どのような製品があり、何ができるのか。そして製品選びのポイントは?(2017/8/21)

「Google Home」に無料の通話機能 まずは米国とカナダで
GoogleのAIアシスタント搭載スマートスピーカー「Google Home」から一般電話に発信できるようになる。まずは米国とカナダで開始する。Wi-Fi経由なので無料だ。(2017/8/17)

多数のIoTをビートで刻む 産総研Songle Syncが目指すライブの形
IoTの次は「Internet of Musical Things」?(2017/8/2)

Amazon Echoが待ちきれない! 日本にいながらFireタブレットでAI音声アシスタント「Alexa」を体験してみた
米国を中心にAI音声アシスタント搭載スマートスピーカーが盛り上がっており、日本でも2017年末からいよいよ本格上陸する見込みだ。その中でも代表的な製品「Amazon Echo」に利用されている「Alexa」を日本にいながら手軽に試す方法がある。(2017/7/31)

Xiaomiもスマートスピーカー発売へ 価格は約5000円
「Amazon Echo」が開拓したAI搭載スマートスピーカー市場に、中国Xiaomiも参入した。Alibabaの「天猫精霊」よりさらに安い299元(約5000円)だ。(2017/7/27)

Alphabet、売上高は予想を大幅に上回るもEU制裁金で純利益は28%減
Googleの持株会社Alphabetの4〜6月期決算は、売上高は21%増と好調だったが、純利益はEUへの27億ドルの制裁金支払いが響き、28%減だった。(2017/7/25)

残るは日本のみ:
「Google Home」、ドイツとオーストラリアでも発売へ
Googleが5月に予告した「Google Home」の発売地域で発売日程が分からないのは日本だけになった。(2017/7/19)

「サービスとしてのAI」を提供するクラウドベンダー4社
徹底比較:AIに本気なAWS、Azure、Google、IBM 各社の違いとは?
AI(人工知能)への関心が高まる中、今後、多くのITプロフェッショナルがクラウドでAIを試すだろう。だがAWSやAzureなど次々と登場するAIサービスの中から選択するのは容易ではなさそうだ。(2017/7/19)

Googleさん:
「Google Playミュージック」の機械学習は何を学習しているんだろう
Google周辺のこぼれ話をゆるくご紹介する連載「Googleさん」。今回は音楽配信サービス「Google Playミュージック」の新ステーション「新作特集」を1日使ってみた感想です。(2017/7/17)

「LINE MUSIC」に対応:
LINE、人の指示を理解するスピーカ―「WAVE」発売
LINEが、スマートスピーカ―「WAVE」の先行体験版の予約受付を開始した。音声認識や自然言語処理に特化した人工知能の「Clova」を搭載し、音声での操作や会話ができる点が特徴。(2017/7/14)

ソニーのAndroid TVがAmazonの「Echo」シリーズ対応に
ソニーが米国で、「Android TV」搭載の一分のBraviaシリーズをAmazon.comのスマートスピーカー「Echo」シリーズで操作できるようにした。(2017/7/14)

「Google Home」、「Google Play」にアップロード/購入した曲も再生可能に
「Google Play Music」に音楽をアップロードしたりサービス上で音楽を購入してライブラリに保存している「Google Home」ユーザーは、それらの楽曲をGoogle Homeで再生できるようになった。(2017/7/13)

BaiduとAlibabaから発表相次ぐ:
中国Web大手、AI製品でAmazonに対抗心むき出し
AI(人工知能)を使った音声アシスタント機能において、中国のWeb大手であるBaiduとAlibabaが、AmazonやGoogleに対抗すべく、積極的に動いている。2017年7月初頭には、AI音声アシスタント機能や自動運転の開発に向けた取り組みが、BaiduとAlibabaから相次いで発表された。(2017/7/10)

スマホで遠隔施錠と家族見守り シャープら、新築マンション向けスマートホームに参入
シャープら4社が共同で、マンション向けのスマートホームプラットフォームを展開する。(2017/7/5)

Samsung、「Bixby」搭載スマートスピーカー「Vega」開発中とのうわさ
Samsung Electronicsが独自の音声AIアシスタント「Bixby」搭載のスマートスピーカー「Vega」を1年以上前から開発していると、Wall Street Journalが報じた。(2017/7/5)

IoT観測所(34):
遅れてきた本命、グーグルのIoTはアマゾンとマイクロソフトに太刀打ちできるか
これまで、マイクロソフトの「Azure IoT」、アマゾンの「Amazon Alexa」を紹介してきたが、グーグルの動向に触れないわけにはいかないだろう。さまざまなてこ入れ策を打ち出しているグーグルだが、IoTでアマゾンとマイクロソフトに太刀打ちできるのだろうか。(2017/6/30)

窓ガラスがディスプレイに――AIスピーカーとつながる「未来の窓」、YKK APが開発 プロトタイプを見てきた
YKK APが、窓ガラスにさまざまな情報を映す「未来の窓」を開発した。音声やタッチで操作できる。(2017/6/28)

ITライフch:
auから新しいIoT体験!「au HOME」で毎日をもっと便利に楽しく
auは、「au 2017 Summer Selection」を開催し、新機種および新サービスを発表した。新端末は、スマホ7機種とガラケー2機種の計9機種。サービス面では、IoTを活用した「au HOME」がauライフデザインに新たに加わる。(2017/6/23)

Qualcomm、スマートスピーカーの参照設計やUSB-Cイヤホン向けチップを発表
Qualcommが、「Amazon Alexa」や「Google Assistant」搭載スマートスピーカー構築のための参照設計「Qualcomm Smart Audio Platform」など、オーディオ関連の新技術を発表した。(2017/6/19)

ITはみ出しコラム:
Appleが「HomePod」を作った理由
AmazonやGoogleが先行するスマートスピーカー。Appleの「HomePod」は後発になりますが、違いはやはり音楽へのこだわりのようです。(2017/6/18)

TechFactory通信 編集後記:
HomePodの敵はAmazonでもGoogleでもなく、スピーカーに話す「違和感」だ
Amazon EchoやHomePodの登場で盛り上がるスマートスピーカー。音声入力は業務用途においてはある程度の導入が進んでいますが、一般家庭用品ではどうでしょうか。(2017/6/17)

Microsoftの“うっかり配信”で発覚
Windows 10に“謎の新エディション”登場か、ハイエンドのワークステーション向け?
Windows 10が、データ量の多いワークロードを処理するため、PC最適化機能を備えたエディションの提供を計画している。機械学習などで大量のデータを扱う企業に有用なアップデートとなりそうだ。(2017/6/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
LINEが台風の目になる? 会話型AIの世界
近年、AI(人工知能)を活用したさまざまなサービスが誕生している。その中でも、特に大きなインパクトをもたらしそうなのが会話型AIサービスである。このサービスが普及すると、従来のビジネス環境が一変する可能性があり、その影響はあらゆる業界に及ぶ。会話型AIへの対応次第で、業界秩序が変わる時代となりつつあるのだ。(2017/6/15)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
AppleのHomePodはイノベーションのジレンマを克服できるか
本格化が予想されるスマートスピーカー市場に後発で切り込んだAppleの「HomePod」。独自なアプローチに関心が集まる一方、サービス支配論理で見るとAppleが直面する課題が見えてきます。(2017/6/14)

Mostly Harmless:
AlexaがSiriを抜き去った理由
Amazon Echo、Google Homeに続き、AppleがSiri搭載のホームスピーカー、「HomePod」を発表したことでさらなる注目が集まっている“音声認識AIデバイス”市場。その動向をまとめてみると……。(2017/6/8)

アップルの「HomePod」は音楽のためのスマートスピーカー!?
(2017/6/6)

CloseBox:
HomePodは何を再発明した製品か
「Siriスピーカー」として期待されていた製品はHomePodという名前に。日本での発売は未定で、349ドルという強気の価格にがっかりした人も多いだろう。(2017/6/6)

WWDC 2017まとめ
Appleが6月5日に開催した「WWDC 2017」の基調講演で発表されたことを時系列にまとめた。既に視聴できるようになっている録画のお供にどうぞ。(2017/6/6)

Apple、スマートスピーカー「HomePod」発表 Siri搭載
米Appleが「Siri」を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を発表。(2017/6/6)

WWDC直前予想まとめ Siri搭載スマートスピーカー、新型iPadなど
米Appleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」開幕直前、チェックしておきたいうわさをまとめた。(2017/6/5)

「Google Home」が一部ユーザーの間で数日にわたり不調でGoogleが調査中
Googleのスマートスピーカー「Google Home」に話し掛けても「何か問題があるようです。数秒後にもう一度試してみてください」と答え、何度やってみても操作できない問題がヘルプフォーラムに複数報告された。Googleは調査中としている。(2017/6/5)

Googleさん:
「Google Assistant」を待ちながら
Googleの音声AIアシスタント、「Google Assistant」さんが5月末から日本のユーザーに向けて“ローリングアウト”中です。うちにはまだ来ていませんが、どんな声なのかなどを確認しました。(2017/6/5)

「Google Home」「Cortana」はどう進化するか
「Alexa」絶好調 Amazonが先頭を走る音声認識AI市場、他社はどうする?
音声認識技術「Alexa」を搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」が市場を独占する勢いのAmazon。Google、Microsoftの次の戦略とは?(2017/6/5)

「Google Home」、カナダで6月26日発売へ
日本でも“年内”発売予定のAIアシスタント搭載スマートスピーカー「Google Home」がカナダで6月26日に発売される。(2017/6/4)

ITはみ出しコラム:
WWDC 2017での発表が期待される「Siriスピーカー」とはどんな製品?
開催を間近に控えたAppleの世界開発者会議「WWDC 2017」。うわさの「Siriスピーカー」が本当に出てくるのかどうか、気になります。(2017/6/4)

「Siri」と「AI」の関係を整理する
最近話題を集めている「AI(人工知能)」。AppleのAI技術といえば、音声アシスタントの「Siri」を思い浮かべる人も多いでしょう。今回は、AppleとSiri、AIの関係を整理していきます。(2017/6/4)

Appleのスマートスピーカー、WWDCで発表→年内発売のうわさ高まる
Appleが「Amazon Echo」や「Google Home」のような、Siri搭載のスマートスピーカーの製造を開始しており、早ければ6月のWWDCで発表し、年内に発売するとBloombergが情報筋の話として報じた。(2017/6/1)

ルービン氏、「Google Home」のような「Essential Home」を独自OS搭載で
“Androidの父”アンディ・ルービン氏が独自のオープンソースOS「Ambient OS」搭載のAIホームアシスタント端末「Essential Home」を発表した。「Amazon Echo」や「Google Home」との大きな違いはディスプレイ搭載でユーザーデータを極力クラウドに収集しないところだ。(2017/5/31)

「Googleとの提携は大化けする」「料金はガツンと行く」 KDDI田中社長の一問一答
KDDIは5月30日、「au 発表会 2017 Summer」を開催。発表会後、田中孝司社長が質疑応答と囲み取材で記者からの質問に答えた。(2017/5/30)

「Google Assistant」アプリコンテスト、最高賞金1万ドル
Googleが、AIアシスタント「Google Assistant」を利用するアプリや「アクション」のコンテストを開催中だ。締め切りは8月31日で、優勝すると賞金1万ドルと本社キャンパスへの招待、「Google I/O 2018」のチケットがもらえる。(2017/5/30)

石川温のスマホ業界新聞:
Google Assistantが今夏に日本語に対応。スピーカーも発売決定――グーグルのフラグシップスマホ「Pixel」、日本上陸はあり得るのか
Google Assistantが近日中に「日本語」対応を果たす。Googleのスマホ「Pixel」が日本未発売だったのは「Google Assistantに対応していないから」という説があったが、日本でも次期モデルが出る可能性が浮上した。(2017/5/26)

Amazon Echo、Google Homeと同様のスピーカー型
Microsoft参入で「音声アシスタント」の注目度がさらに上昇、3つの破壊的変革とは?
Microsoftは「Cortana」搭載端末の計画を発表した。Microsoftの参入で仮想アシスタントを職場で利用できる日が近づいた……のだろうか。(2017/5/26)

製造マネジメント インタビュー:
日本とドイツはIoT活用で「モノづくりの効率化」の落とし穴にはまりかねない
製造業にとってIoT活用が喫緊の課題となる中、日本国内ではモノづくりの効率向上に適用する事例が先行しており、新たなサービスによって収益を生み出す動きは鈍い。ソフトウェア収益化ソリューションの有力企業であるジェムアルトは「このままでは日本とドイツは『モノづくりの効率化』という同じ落とし穴にはまりかねない」と警鐘を鳴らす。(2017/5/22)

ITはみ出しコラム:
2017年のヒット商品候補 「Google Home」でできることを知っていますか?
待ちに待った「Google Home」の国内販売について公式発表がありましたが、どんなことができるのか、ご存じですか?(2017/5/21)

Google I/O 17で「Cloud TPU」を発表:
グーグルの機械学習/AIへの取り組みを支える「AIファーストデータセンター」とは
米グーグルが開発者向けイベント「Google I/O 17」で、同社のコンシューマー向けサービスにAI/機械学習を広範に適用、これによってサービスプロダクトを相互に結び付け、システマチックに進化させていることをアピールした。その裏にはもちろん、TensorFlowとGoogle Cloud Platformがある。同社は機械学習処理を高速化する「Cloud TPU」、Androidデバイス上のAI処理のための「TensorFlow Lite」について、併せて紹介した。(2017/5/19)

ESEC2017&IoT/M2M展:
スマートホームが軸足のIoTプラットフォームが躍進、売上高は前年比7.5倍
IoTプラットフォームを展開する米国ベンチャーのエイラネットワークスが急成長を遂げている。日本国内では2016年から本格的な事業展開を始めたところだが、米国、そして中国で次々に顧客を獲得。「売上高は前年比で7.5倍になった」(同社)という。(2017/5/19)

「Google Home」、今夏に日本でも発売へ
Googleのスマートスピーカー「Google Home」が日本でも発売される。先行して米国と英国で発売されていた。(2017/5/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。