「不正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不正」に関する情報が集まったページです。

「はてな匿名ダイアリー」でGoogleかたる不正広告 運営が注意喚起
はてなが運営するWebサービス「はてな匿名ダイアリー」で、Googleを装う不正広告が表示されているという。原因となる広告事業者を特定するため、同社はユーザーに対して情報提供を呼びかけている。(2018/10/19)

Twitter、ロシアとイラン出自の不正アカウント約4600件のコンテンツを公開
Twitterが、ロシアとイランの政府と潜在的につながる不正アカウントのツイートや画像のアーカイブを公開した。SNSでの健全な会話を乱そうとする集団について、世界中の研究者に調査してもらうのが目的だ。(2018/10/18)

Facebook「ユーザーへの啓蒙続ける」 プライバシー保護の取り組み、2万人体制に
Facebookが、個人情報保護の取り組みに関する説明会を開催。相次ぐ不正アクセスや情報流出のニュースを受け、一層取り組みを強化する考えだ。(2018/10/17)

アプリはWindows VMで実行
Microsoft、Windows 10にアプリ実行用仮想マシン追加
Microsoftは、Windows 10に新機能を追加しようとしている。仮想マシンでアプリケーションを実行することにより、不正コードを隔離できる。(2018/10/16)

CEATEC JAPAN 2018:
顔認証で展示会の不正入場防ぐ実証実験 パナソニックが「CEATEC 2018」で
パナソニックが「CEATEC JAPAN 2018」で顔認証システムの実証実験を行っている。メディア関係者の入場管理に顔認証を使うことで、不正入場を防ぐ狙い。記者も体験してきた。(2018/10/15)

CEATECで“顔パス”入退 不正入場防止や利便性向上に――パナソニック、顔認証技術を活用した入退管理システムの実証実験
パナソニックは2018年10月16日〜19日に開催される「CEATEC JAPAN 2018」で、プレス来場者を対象に、顔認証技術を活用した入退管理システムの実証実験を行う。不正入場を防ぐなど、セキュリティ強化と利便性向上などの効果を検証する。(2018/10/15)

Facebookの情報流出、被害は3000万人 プロフィールの詳細情報に不正アクセス
約1400万人については、居住地や生年月日、検索内容などを含む詳細なプロフィール情報に不正アクセスされていたことも判明した。(2018/10/15)

81校を対象に調査:
医学部入試 複数大学で不適切 女子と浪人生を不利に扱う 
東京医科大の不正入試問題を受け、医学部医学科のある国公私立大計81校を対象に実施している文部科学省の緊急調査で、柴山昌彦文科相は12日、複数の大学の入試で女子や浪人の受験生を不利に扱っていた事例が判明したと発表した。具体的な大学名などは明らかにしていないが、文科省では今後、医学部医学科のあるすべての大学に訪問調査を実施し、事実関係の確認を急ぐ。(2018/10/15)

Facebook、不正行為のページとアカウントを約800件削除
米中間選挙を控え、Facebookがまたポリシー違反ページとアカウントを削除したと発表した。政治的な投稿のリンク先は広告サイトで、政治目的ではなく、金儲けのために不正行為を働いていたとして約800件を削除した。(2018/10/12)

Apple、Podcastランキングの不正操作に対処
App Storeで起きていたような不正ランキング操作が、ポッドキャストでも起きてしまった。(2018/10/11)

「LINEチケット」開始 100%電子チケット、公式リセール機能で不正転売防止
音楽ライブやスポーツなどのチケットをLINEから手軽に購入できるサービス「LINEチケット」開始。電子チケットのみを扱い、公式リセール機能も実装。ユーザーの利便性を担保しながら不正な高額転売を防ぐ。(2018/10/10)

信憑性を問う声も:
「米通信大手のサーバに不正なハードウェア」 Bloomberg報道
Bloombergは、米通信大手のデータセンターで使われていたサーバから不正なハードウェアが見つかったと伝えた。一連のBloombergの報道については信憑性を問う声も強まっている。(2018/10/10)

AppleとAmazonが全面否定する中国不正チップ疑惑、米政府が両社を支持
AppleやAmazonが購入したサーバで中国政府が情報収集目的で仕込んだ不正チップが見つかったというBloombergの報道をAppleとAmazonが否定し、米国土安全保障省が両社の否定は「疑う余地がない」と支持した。(2018/10/8)

スルガ銀行に6カ月間の一部業務停止命令 シェアハウス不正融資問題で
金融機関に対する行政処分としてはかなり重い内容。(2018/10/5)

サーバ用マザーボードに不正なマイクロチップ、中国軍がバックドアに利用か AmazonやAppleも利用――Bloomberg報道
AmazonやAppleは、Bloombergの報道内容を全面的に否定している。(2018/10/5)

コインチェックより分散規模は大きい:
流出仮想通貨、3万件超に分散 テックビューロ、追跡振り切り現金化狙う? 
仮想通貨交換業者「テックビューロ」(大阪)から仮想通貨が流出した問題で、流出分の半数以上が3万件超の送金先に分散されたことが、筑波大の面(おもて)和成准教授らの調査で分かった。1月の「コインチェック」(東京)からの流出に比べて分散の規模が大きいとされ、不正アクセスの攻撃者が追跡を困難にして現金化する狙いがあるとみられる。資金洗浄を図る手口の詳細が判明し、仮想通貨をめぐるリスクがさらに鮮明になった。(2018/10/5)

「問題噴出」の構造的背景を聞く:
“会社なら当たり前のこと”をすればうまくいく――フェンシング太田雄貴が挑む「スポーツ業界の健全化」
暴力、パワハラ、助成金の不正流用――。スポーツの競技団体で噴出する問題は止まる気配を見せない。昨年、日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴氏に現状の課題を聞いた。(2018/10/5)

「APT38」と命名:
世界の銀行を狙う北朝鮮のハッキング集団、多額の不正送金に関与か 被害額は1億ドル以上
FireEyeが「APT38」と命名した集団は、世界各国の銀行でネットワークに侵入し、多額の現金を不正送金しているという。(2018/10/4)

不正な拡張機能が相次ぐChrome、Googleが防止対策を強化へ
不正が相次ぐ事態に対応して、ユーザーによるコントロールの強化や、難読化されたコードのある拡張機能の締め出しを目指す。(2018/10/2)

製造マネジメントニュース:
老朽化設備で乗り切るための“創意工夫”、不正と疑われずに定着
SUBARU(スバル)は2018年9月28日、東京都内で会見を開き、2017年10月から数回にわたって明らかになった完成検査の不適切な扱いに対する社外専門家による調査結果を発表した。その調査によって、既に報告書で公表している不正に加えて、燃費、排ガスの抜き取り検査とそれ他の完成検査業務で新たに複数の不適切行為が判明した。(2018/10/1)

Facebook、5000万人の情報が流出か 脆弱性突かれアクセストークン流出
Facebookで重大なセキュリティインシデント。脆弱性を突かれてユーザーのアクセストークンが不正に入手され、約5000万人のアカウントに影響があったという。(2018/9/29)

マリカー側は「誠に遺憾」:
任天堂、公道走る「マリカー」に勝訴 損害賠償金受け取りへ
任天堂が、公道カートなどのレンタルなどを行う「マリカー」(現社名「MARI モビリティ開発」)に勝訴。東京地裁はマリカーに対し、不正競争行為の禁止と、損害賠償金の支払いなどを命じた。ただマリカーは、「誠に遺憾」などの声明を発表している。(2018/9/27)

任天堂、「マリカー」めぐる訴訟で勝訴 「公道カート」会社に賠償支払い命令
任天堂が、公道カートとマリオの衣装を貸し出していた「マリカー」に対し、著作権などを侵害しているとし、東京地裁に提訴していた件で、地裁はマリカーに対し、不正競争行為の差し止めと、損害賠償金の支払いなどを命じた。(2018/9/27)

「キラキラ☆ウォーカー」運営者を詐欺罪などで逮捕 「ポケコイン2万円分もらえる」と偽キャンペーン展開
詐欺罪のほか、著作権法違反、商標法違反、不正競争防止法違反の容疑も。(2018/9/27)

「Zaif」のテックビューロ、過去に2度の改善命令 “お墨付き”与えた金融庁の検証も不可避
不正アクセスを受けて仮想通貨が流出した取引所「Zaif」を運営するテックビューロは金融庁の“お墨付き”を受けた「登録業者」だ。今後、批判の矛先は監督官庁の金融庁に向けられる可能性もある。(2018/9/26)

仮想通貨流出「Zaif」の報告「全てにおいて不十分」 金融庁
不正アクセスによって約70億円相当の仮想通貨が流出した取引所「Zaif」の運営元テックビューロに対し、金融庁が3度目の業務改善命令を出した。(2018/9/25)

政治資金集めにクラウドファンディング 現行法で想定なく……不正献金危惧の声も
クラウドファンディングを利用して政治資金を集めるという新たな手法が始まりつつあるが、不正な献金の温床になりかねないとの指摘も。政治参加の拡大と透明性確保を両立できるか。(2018/9/25)

Zaifの仮想通貨流出、70億円に 当初発表から3億円拡大
仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、仮想通貨が流出した事件で、被害額が約70億円とみられるとテックビューロが発表した。20日の発表から約3億円拡大した。(2018/9/22)

ヤフー、アドフラウド(不正広告)対策で一部広告事業者を配信停止に
インターネット広告の健全化に向けて大きな一歩になる、かも。(2018/9/20)

コインチェックに次ぐ事件だ:
Zaifから仮想通貨流出 海外メディアはどう報じたのか
仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロが、不正アクセスを受けて67億円相当の仮想通貨が流出したと発表した。現在は原因の調査と顧客資産相当の財源確保に努めているという。海外メディアも、この件について大きく報じた。(2018/9/20)

Zaif、不正アクセスで仮想通貨約67億円流出 入出金機能は一時停止中
流出した仮想通貨はビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの3種。(2018/9/20)

Zaif、不正アクセスでビットコインなど約67億円相当流出
Zaifから約67億円相当の仮想通貨が流出。ホットウォレットがハッキングを受けたという。(2018/9/20)

スマホゲーム「アナザーエデン」、ガチャ不正操作で謝罪 「特定のケースで再抽選を行う内部プログラム」の存在が発覚
かなり限定的なケースとは言え、プログラムによって排出結果を操作していたことが発覚してしまった形に。(2018/9/19)

年1千時間削減 に寄与:
証券取引の不正監視にAI導入 世界初、監視委が海外当局と連携強化
クロスボーダー取引と呼ばれる国境を越えた証券取引が活発化する中、日本の証券当局が海外の当局と連携するなど不正摘発を強化している。6月には中国側の協力を得て中国人投資家を初摘発。悪用されがちなコンピューターを使った「超高速取引」には、今春から世界初のAI(人工知能)による不正監視システムを導入した。高い国境の壁に阻まれ、摘発困難だった不正にも対処できる態勢が整いつつある。(大竹直樹)(2018/9/19)

自動車業界も重要性を認識:
PR:車載セキュリティの要はゲートウェイ、デバイス内に仕込む多層防御の技術
自動運転に向けた開発が進む中、クルマのハッキングに対する懸念は、自動車業界で年々高まっている。不正アクセスの防御で要とされているのがゲートウェイ・システムだ。NXP Semiconductorsは、セキュアマイコンを数十年にわたり手掛けている。そこで蓄積したノウハウを生かし、ゲートウェイ向けにセキュリティ機能を強化したマイコンのさらなる展開を図っている。(2018/9/19)

番組打ち切り:
ラジオNIKKEIでディレクターが不正 連打アプリで音楽リクエスト投票を操作
ラジオNIKKEIは、音楽番組の担当ディレクターが投票結果を意図的に操作していたと発表。番組を打ち切った。(2018/9/12)

「かぼちゃの馬車」「TATERU」でも……:
顧客から集めた資金、家賃保証に 安易な不動産戦略の大きな問題点
女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」破綻に端を発したスルガ銀行の不正が大きな社会問題になっている。さらに、東証1部の不動産会社「TATERU(タテル)」でも、預金残高データの改竄(かいざん)や市価の3倍近い価格で物件を販売していたことが発覚。土地活用とアパートローン、提携ローンを行ってきた他の銀行にも問題が波及する可能性が高い。(2018/9/12)

ブラウザの閲覧履歴を密かに中国に送信、不正アプリがMac App Storeから削除
Mac App Storeで提供されていた「Adware Doctor」を調べたところ、主要ブラウザの閲覧履歴などの情報が中国のサーバへ送信されていたことが分かったという。(2018/9/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「体操女子パワハラ」問題の陰で、スポーツ庁の鈴木長官は何をやっているのか
体操女子の宮川紗江選手が日本体操協会の塚原夫婦を告発したことによって、スポーツ界が再び揺れ始めた。悪質タックルや不正疑惑などの問題が起きるたびに、スポーツ庁の鈴木長官がコメントをしているが、どうも頼りない。このままでは……。(2018/9/6)

国内でフィッシング詐欺が急増、クラウドサービスのアカウントが脅威対象に――トレンドマイクロ調べ
トレンドマイクロが発表した2018年上半期(1月〜6月)のセキュリティ動向によると、国内では、クレジットカード情報やクラウドサービスの認証情報を狙う「フィッシング詐欺」が急増。また、「不正マイニング」などの仮想通貨を狙う脅威は、世界的に拡大傾向にあることが判明した。(2018/9/4)

Google、「ウイルスが検出されました」などの不正広告を制限 検出用のプログラムも提供へ
これで少しでも不正広告が減ればよいのですが……。(2018/9/3)

ITりてらしぃのすゝめ:
不正ログインどう防ぐ 最低限知っておきたいパスワード設定
きちんとしなければならないと思いつつも、面倒くさいのがパスワード管理。最低限押さえておくべきポイントをまとめました。(2018/9/3)

ユダヤ人差別のヘイトスピーチか:
人気アプリの地図に不正な地名、ニューヨークが「Jewtropolis」に
Snapchatなどの人気アプリに表示された地図では、ニューヨーク市の地名がユダヤ人差別的な「Jewtropolis」と書き換えられていた。(2018/8/31)

Air Canadaのモバイルアプリに不正アクセス、ユーザー2万人の個人情報流出の恐れ
モバイルアプリの登録ユーザー約170万人のうち、およそ2万人の個人情報が不正アクセスされた可能性がある。パスポート情報などが含まれる場合もあるという。(2018/8/30)

「微博」など中国SNSから個人情報30億件流出 現地IT企業トップが首謀か
 「微博(ウェイボー)」など中国の主なSNS(会員制交流サイト)から、30億件もの個人情報が不正アクセスにより盗まれたことが、このほど明らかになった。中国の店頭市場に上場するIT関連企業の実質的なトップが犯行を首謀したとみられ、インターネット利用の広がる中国で「過去最大」の情報流出として衝撃を広げている。(2018/8/30)

Twitter、さらに486件のアカウントを凍結 社会を分断するツイートでポリシー違反
不正ツイート拡散対策にフォーカス中のTwitterが、ポリシーに違反する486件のアカウントを凍結したと発表した。いずれも社会を分断するコンテンツを投稿していたとしている。(2018/8/29)

CEDEC 2018:
ソシャゲのチートにも「海賊版サイト」 知識なくても使える不正アプリ横行
ゲーム会社が頭を抱える、一部ユーザーによるゲーム内不正行為(チート)。最近は知識がなくても不正アプリや改造ツールが入手できる海賊版サイトなどの存在もあり、企業側も対応に追われている。(2018/8/27)

米T-Mobileに不正アクセス、顧客200万人の個人情報が流出した恐れ
報道によると、T-Mobileの広報は取材に対し、不正アクセスされたデータの中には「暗号化されたパスワード」が含まれていたことを明らかにしたという。(2018/8/27)

Google、不正利用のアカウント削除を発表 イランが関与と判断
Googleが失効させたYouTubeやBlogger、Google+のアカウントは、イランの利益に沿った政治コンテンツを拡散させていたとされる。(2018/8/24)

Facebook、診断アプリ「myPersonality」のユーザー約400万人に「個人情報が不正に利用された可能性あり」と通知
Cambridge Analyticaのアプリによる個人情報の不正利用発覚以来アプリの調査を続けているFacebookが、診断系アプリ「myPersonality」を削除し、約400万人のユーザーに個人情報が不正に利用された可能性があると通知した。(2018/8/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。