• 関連の記事

「日商エレクトロニクス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日商エレクトロニクス」に関する情報が集まったページです。

“SD-WAN先駆者”日商エレクトロニクスがSD-WANの新たな導入ステージを確信:
PR:マルチクラウドや働き方改革推進をきっかけとしたSD-WANの本格導入が加速する
日商エレクトロニクスは、シスコシステムズの競合といえるネットワーク製品ベンダーを、長年扱ってきたことで知られる。その同社が2018年6月1日、シスコと共同でセミナーを開催、今後も緊密な協業を進めていくという。それはなぜか。SD-WANが今年から日本で大きな波となることを、両社が確信しているからだ。(2018/7/9)

Interop Tokyo 2018速報:
Interop Tokyo 2018のBest of Show受賞製品が決定
2018年6月13日に開幕したInterop Tokyo 2018で、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2018/6/13)

「平成生まれのハッカー社長」が考える、働き方改革に潜む“脆弱性”とは?
働き方改革のために、セキュリティをどうすべきか――。ITmedia エンタープライズが開催したセミナー「働き方改革のリアル」で行われた講演では、この難題をクリアするための考え方やさまざまなツールが紹介された。(2018/5/1)

各種の消費モデルをカバー:
Nutanix、ソフトウェアライセンスを日本国内で提供開始
ニュータニックス・ジャパンは2018年2月27日、日本国内における同社ソフトウェア「Enterprise Cloud OS」単体ライセンスの正式提供開始を発表した。このソフトウェアライセンスプログラムは、複数の意味で興味深い。(2018/2/28)

製造ITニュース:
専門家によるサービスと技術力を融合したトータルITサービスを展開
日商エレクトロニクスは、同社の技術力に日本ヒューレット・パッカードのITエキスパートによる組織「HPE Pointnext」が提供するサービスを組み合わせた、トータルITサービスの提供を開始した。(2018/2/13)

日商エレが提供するデジタルレイバーを安全に戦力化するサービスとは!?
日商エレクトロニクスとRPAテクノロジーズおよびABBYYジャパンが販売代理店契約を締結し、デジタルレイバー総合サービスの提供を始める。(2018/2/5)

日商エレとHPEが、国内で企業のDXを支援するトータルITサービスを提供開始
日商エレクトロニクスと日本ヒューレット・パッカードが協業し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するトータルITサービスを始める。(2018/1/25)

実はx86サーバも25周年:
レノボがHCI製品「ThinkAgileシリーズ」を拡充、同社初のvSAN搭載製品も
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズがThinkAgileシリーズを拡充し、ラック型のNutanix搭載モデルとVMwareのvSAN搭載モデルを発売する。(2017/12/14)

Weekly Memo:
ハイブリッドクラウドを支える「ハイパーコンバージドシステム」の選び方
企業のITシステムにおいてハイブリッドクラウドの需要が高まるにつれ、それを支えるハイパーコンバージドシステムに注目が集まっている。果たしてユーザーから見てどう選べばよいのか。(2017/12/11)

企業のデジタルトランスフォーメーションを支援:
レノボが日商エレと協業、Azure Stackによるハイブリッドクラウドを共同展開
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズと日商エレクトロニクスが、ハイブリッドクラウド・ソリューション事業の拡大にむけて協業する。(2017/12/9)

高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC):
IoT時代に求められるITインフラ技術者を育成、NTTコムやCTCなど6社
NTTコミュニケーションズ、伊藤忠テクノソリューションズ、NEC、KDDI、シスコシステムズ、日商エレクトロニクスの6社は、IoT時代のITインフラを支える人材育成に向け、「高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC)」を設立し、活動を開始した。(2017/9/4)

理事長には慶應SFCの村井教授が就任:
「IoT時代の技術者」の育成を支援する業界団体「AITAC」が発足 国内IT大手6社が共同で
「IoT時代の技術者育成」を目的とした業界団体「AITAC」が発足。国内大手通信事業者/システムインテグレーターの6社が協業し、ネットワークとコンピューティング両方のスキルに加え、仮想化やクラウドなどのソフトウェア資源を利活用できるスキルを身に付けた、IoT時代の技術者に必要とされる人材を育成していく環境を整える。(2017/8/29)

顧客の「“4つ”のトランスフォーメーション」を強力に支援:
PR:新生Dell EMCがパートナーとともに築く、「業界全方位をカバーするラインアップとパートナーシップを持つ」真意と強み
「Dell EMC Business Partner Forum 2017」が4月18日に開催された。新生Dell EMC初のパートナーイベントとあって、500人超が参加し、新しいパートナープログラムの解説やパートナーアワードの表彰などが盛大に行われた。「HCIは“本物”」「オールフラッシュは“常識”」──。今後の企業に必要とされている「4つ」のトランスフォーメーションについて、Dell EMCとそのパートナーはその解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2017/5/29)

ソリューションの開発も:
ニュータニックス・ジャパン、10社と「Enterprise Cloud Association」を設立
ニュータニックス・ジャパンは2017年5月16日、同社のITインフラ運用ソフトウェア「Enterprise Cloud Platform(以下、ECP)」をベースとしたソリューションの開発やベストプラクティスの確立などを目指すグループ「Enterprise Cloud Association」を設立したと発表した。(2017/5/16)

Interop Tokyo 2016速報:
2016年のInterop Tokyo、Best of Show Award受賞製品・サービスが決定
千葉・幕張メッセで開催中のInterop Tokyo 2016で、優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardの受賞製品が決定した。(2016/6/8)

Interop Tokyo 2016ピックアップ(1):
2016年のInterop Tokyoに登場する、SD-WANとセキュリティのユニークな製品たち
2016年6月8〜10日に、千葉・幕張メッセで「Interop Tokyo 2016」。ネットワークおよびセキュリティで、数々の先端的な製品やサービスが登場する。ここではSD-WANとセキュリティで注目の製品を簡潔に紹介する。(2016/6/7)

堅守性99.999999999999%のクラウドストレージ、KDDIが提供
利用料は1テラバイトあたり月額8000円。(2015/8/31)

「OpenStack Summitの歩き方」リポート(2):
OpenStackの波に乗る企業、それぞれの市場創出へのアプローチ
OpenStackのエコシステムに参加する企業が増えている。日本国内でも、OpenStackの技術を軸に多様なアプローチで市場をもり立てようと試みる企業が増えてきた。(2015/8/6)

ホワイトペーパー:
INTEROP TOKYO 2015リポート(1):企業が注目すべき「SD-WAN」とは何か
2015年6月第2週に開催されたINTEROP TOKYO 2015における展示を通して、一般企業が活用できる、ネットワークの最新トレンドを紹介するシリーズの第1回として、SDN的な考え方を企業WANに適用した「SD-WAN」に関する動きを紹介する。(2015/7/3)

INTEROP TOKYO 2015:
国内市場に登場した「SD-WAN」、企業にどんなメリットをもたらすか
2015年6月上旬に千葉・幕張で開催されたINTEROP TOKYOでは、「SD-WAN」と呼ばれる製品が2つ、デビューした。一つは「Viptela」、もう一つは「VeloCloud」だ。これらの製品は、一般企業の拠点間を結ぶ広域閉域網のあり方を変えることを目的としている。国内企業における利用が、急速に進む可能性がある。(2015/6/25)

INTEROP TOKYO 2015速報:
2015年のINTEROP TOKYO、Best of Show Award受賞製品が決定
INTEROP TOKYOにおける優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardで、2015年の受賞製品が決定した。(2015/6/10)

INTEROP TOKYO 2015の歩き方(1):
ネットワークはさらに高速化、SDNも当たり前に
INTEROP TOKYO 2015では、ネットワーク製品の高速化対応がさらに進む一方で、柔軟性を確保するとともに高度な制御を実現する手段として、各種のSDN(Software Defined Networking)、あるいはSDN的な仕組みが自然に使われつつある状況を、体感できるはずだ。(2015/6/9)

導入促進のためのエコシステム:
レッドハットのOpenStackで、11社がレファレンス・アーキテクチャを提供
レッドハットの日本法人は2015年1月19日、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformに関し、テクノロジーパートナー11社がレファレンス・アーキテクチャを提供すると発表した。(2015/1/19)

導入事例:
慶應SFC、約6000人利用のオンラインストレージ構築
オンプレミスで構築したシステムにより、データを外部のパブリッククラウドに持ち出す必要が無くなったという。(2014/9/9)

INTEROP TOKYO 2014:
Best of Show Award受賞製品が発表
6月12日、INTEROP TOKYO 2014のBest of Show Award受賞製品が発表された。(2014/6/13)

Server & Storageイベントリポート CloudStack Day Japan 2014:
北大「アカデミッククラウド」を支えるCloudStack
クラウドサービス事業者らが多数参画するIaaS構築環境であるCloudStack。国内初の大規模イベントから、プロジェクトの進捗や機能、参画企業のサービス展開などをリポートする。(2014/4/2)

NEWS
サーバ/ストレージ統合基盤を提供するNutanix、日本法人を設立
サーバ機能とストレージを一体化した垂直統合型アプライアンス製品を、サーバ仮想化やVDIサービス、ビッグデータ向けの基盤として提案する。(2013/6/6)

大塚商会、北海道にディザスタリカバリ向けデータセンターを開設
日商エレクトロニクスとエヌシーアイが所有・運営する石狩市の施設を利用してサービスを提供する。(2013/2/5)

日商エレと日本HP、ストレージ製品「3PAR」の動作検証センターを共同設立
日商エレクトロニクスと日本HPが、ストレージ製品「3PAR StoreServ Storageシリーズ」の販売に関するパートナーアライアンスを設立。同製品の検証施設を共同で立ち上げ、日商エレクトロニクスのパートナー企業による3PARの販売を支援する。(2012/12/20)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

エヌシーアイがvCloud Suite採用のIaaSを発表:
後発の企業向けクラウドサービスはどう差別化できるか
エヌシーアイは11月5日、企業向けのプライベートクラウドサービスである「ZETA Cloud」を12月12日に提供開始すると発表した。しかし、データセンター事業でも企業向けクラウドサービスでも後発の同社は、どのように差別化していくのだろうか。(2012/11/5)

サーバ仮想化からプライベートクラウドへの道(2)
プライベートクラウド実装の鍵はサポート付きOSSクラウド管理ソフト
プライベートクラウドに不可欠なクラウド管理ソフトウェア。だが多くのIT部門にとって、OSSはよくてもスクラッチ開発はハードルが高い。OSSでありながらサポートが受けられる低コストな製品が望まれる。(2012/7/11)

iOS端末の普及・促進を目的とした「iOSコンソーシアム」設立
企業におけるiPhone/iPadの利用を促進し、さまざまなサービス・ソリューションを生み出すことを目的とした任意団体「iOS コンソーシアム」が設立した。(2012/6/21)

IaaS型クラウドソリューション「N-Block」
特定ベンダーにロックインされない「オープン」なクラウド基盤
クラウド基盤を効率的かつ柔軟に構築する方法として、特定ベンダーの技術に縛られないオープンな技術が注目を集めている。日商エレクトロニクスの「N-Block」は、これを全面採用したクラウドソリューションだ。(2012/6/21)

月額10万円のシステム丸ごとバックアップで事業継続に挑む
直下型地震や計画停電を耐え抜くためのキーワード“クラウド型DR”とは?
自然災害や停電時などの事業継続は、地域や企業規模を問わずシステム管理者共通の課題だ。迅速にシステムを復旧させたいが、コストは抑えたい。こうした現場の悩みを解決する災害・事業継続対策サービスが登場した。(2012/5/28)

サーバ仮想化からプライベートクラウドへの道(1)
単なる“全社仮想化”とは違うプライベートクラウドの本質的価値
仮想化によってITシステムを統合することと、プライベートクラウドを展開することは違う。両者の違いを整理しながら、プライベートクラウドへの移行ステップを解説。プライベートクラウドの本質的な価値に迫る。(2012/5/24)

蓄電・発電機器:
太陽光発電パネルの電力を直流で流して損失を最小限に、データセンターで検証開始
データセンターの消費電力量削減のために、直流に変換した電力を再度交流に変換せず、直流のままサーバに流すシステムが登場し始めている。さくらインターネットは直流給電システムに太陽光発電パネルを組み合わせ、自然エネルギーを効率良くデータセンターで利用することを狙って検証を始めた。(2012/5/8)

スマートグリッド:
電力を食い過ぎるサーバ、NTTデータが直流とクラウドで解決
300台のサーバを社内に抱える日本無線。ITコストや消費電力がばかにならない。仮想化技術でサーバを集約したことに加え、NTTデータやNTTデータ先端技術とともに高電圧直流(HVDC)技術を採用し、消費電力を引き下げた。HVDCはどのような場合に消費電力を低減できるのだろうか。(2012/3/8)

ホワイトペーパーレビュー
企業のクラウドストレージ導入に役立つ3つのホワイトペーパー
クラウドコンピューティングの利用を検討する企業が増え、ストレージ分野でも関連製品やサービスが登場してきた。本稿では、クラウドストレージを実現する技術や活用事例などを解説したコンテンツを紹介する。(2011/12/9)

Juniper製品を取り扱う新会社を設立――双日と日商エレ、ジュニパー アジアでも事業展開
データセンターや企業の情報システム向けにJuniper製品を展開する「ジェイネットワークイニシアティブ株式会社」を双日ら3社が設立した。国内およびアジア市場で事業展開するという。(2011/12/7)

ホワイトペーパーレビュー
遠隔レプリケーションを解説した3つのホワイトペーパー
広域災害に対応するデータ保護対策として、遠隔レプリケーションを活用したバックアップ環境を検討する企業が増えている。本稿では遠隔レプリケーションを解説したコンテンツを紹介する。(2011/11/24)

郊外型データセンターの最前線:
さくらインターネットの石狩DCが本格始動、ITコストの世界標準を目指す
北海道石狩市で建設が進められてきたさくらインターネットの新データセンターが完成した。外気冷却を全面的に採用するなど電力コストの大幅な低減化を目指した施設となっている。(2011/11/16)

ホワイトペーパー:
何から始める? DR対策とBCMS導入のススメ
DRをゼロから考えたい。BCPを有効に機能させたい。これらを実現する為には、「手段」より先に考えるべきことがある。業務継続のミッションを抱えるシステム部門へ送る、「BCMS」導入の手引き(提供:日商エレクトロニクス)。(2011/11/15)

ホワイトペーパー:
NetAppを活用した遠隔地(大阪と北海道)へのバックアップサービス
お客さまが利用しているネットアップ株式会社のストレージ「NetApp FAS シリーズ」に蓄積されたデータを遠隔地のストレージへ定期的に保管する サービスです(提供:日商エレクトロニクス)。(2011/11/9)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第3回】
物理環境とは異なる、仮想環境の監視とバックアップ
仮想化を導入するとリソースが集約されるため、これまでの物理サーバの監視やバックアップとは運用が異なる部分がある。本稿では仮想化環境における平易な監視・バックアップ運用について解説する。(2011/10/14)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第2回】
サーバ仮想化導入の肝、失敗しないサイジングとP2V
無計画なサーバ仮想化の導入は、後々のリソース不足やオーバースペックによる過剰投資を招く。本稿ではSMBがサーバ仮想化で失敗しないための3つのプロセスから、既存環境の現状分析と移行作業のポイントを解説する。(2011/9/16)

アイネット、仮想ネットワークに対応したシトリックスのNetScalerを導入
アイネットは、シトリックスの「NetScaler SDX」をデータセンターに導入し、自社のデータセンターサービスや仮想化支援サービスに活用していく。(2011/8/30)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第1回】
クラウド時代に中堅・中小企業がサーバを仮想化する7つのメリット
クラウド時代といわれる中、企業はITを一足飛びにクラウド化できていないのが現状である。そこでクラウド移行への準備として検討されるのがサーバ仮想化だ。本稿ではSMBのIT事情とサーバ仮想化のメリットを解説する。(2011/8/16)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
ビジネスを止めないBCP(事業継続計画)作成の手引き
未曾有の事態に備えて企業が策定しておくべき事項として、システムのバックアップ/ディザスタリカバリ、在宅勤務の導入など、各項目別に成功のためのノウハウを紹介する。(2011/7/19)

ディスプレー技術:
「デジタルサイネージにこそ3D映像」、日商エレ子会社が裸眼3Dディスプレーを発売
エヌジーシーが販売を開始した裸眼3D(立体)ディスプレー「BDL5231v-3D2R」は、高輝度で広視野角ながら、低価格であることが特徴だ。(2011/5/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。