「ロボット」最新記事一覧

・こちらもご覧ください
「ロボット」特集− MONOist

ロボデックス:
900万円の女 AI搭載の受付ロボ「協栄アイちゃん」の実力
協栄産業がAIエンジンを搭載する受付ロボットを「ロボデックス」で展示。空港、ホテル、イベント会場などでの活用を見込む。(2018/1/17)

ロボットでお茶作り:
「職人ロボットを輸出したい」 お茶を煎れる人型ロボットの需要は?
THKは茶摘みから焙煎まで行うロボット「SEED-noid-mover」を披露した。「職人がいなくてもおいしいお茶を作れるように研究開発を進める」という。(2018/1/17)

エレクトロラックス、17年ぶりにロボット掃除機を日本で発売
エレクトロラックス・ジャパンはロボット掃除機「PUREi9」(ピュア・アイ・ナイン)を3月に発売する。フロント部には2つのレーザー発信部と受信用カメラを備え、障害物検知とマッピングに利用する。(2018/1/17)

ロボデックス:
Tシャツ折りたたむロボ 「高速3Dカメラ」でクラボウが実演
ロボデックスで、Tシャツを折りたたむロボットが展示された。高速3Dセンシングの技術を活用している。(2018/1/17)

ロボデックス:
フライパンで、緑茶をほうじ茶に焙煎するロボット 茶審査技術9段保持者が挑戦
ロボデックスで、「緑茶をほうじ茶に焙煎する」デモが行われた。(2018/1/17)

1台で1人分の人件費を削減:
「飲食店の人手不足を解決する」配膳ロボット登場
ロボットなどが一堂に集結する展示会「ロボデックス」で、飲食店向けの配膳ロボット「BUDDY」が披露された。配膳と同時に注文を受け付けたり、空いたお皿やグラスなどの回収にも利用できるので「人手不足対策に有効」だという。(2018/1/17)

医療機器ニュース:
ロボット医療機器がFDAより医療機器承認を取得
CYBERDYNEは、米国食品医薬品局(FDA)より、ロボットスーツ「HAL」医療用下肢タイプ(医療用HAL)の医療機器としての市販承認を取得した。歩行機能の改善が認められる医療機器として、米国市場でも展開可能になった。(2018/1/17)

CES 2018:
ホンダのロボットが「もち肌」になった理由
本田技研工業が「CES 2018」に出展したロボット「3E-A18」。表面を触ってみると、柔らかい“もち肌”だった。開発担当者に詳しい話を聞いた。(2018/1/16)

モーター1個で動くシンプルさ:
人間の手を徹底的に模倣して生まれたロボットハンド
最小でモーター1個という極めてシンプルな制御で動かせるロボットハンドが登場した。人間の手を、骨格から腱まで徹底的に模倣したという。(2018/1/16)

斬新な形の家具やIoTロボットでオープンコラボを活性化――ヤフー、参加型公開実験を開始
ヤフー(Yahoo! JAPAN)本社内のオープンコラボレーションスペースで、新しい働き方を探求する公開参加型の実験を開始。コミュニケーションを活性化させる仕掛けで、新たな事業やサービスにつながるイノベーションの創出を目指す。(2018/1/16)

デジタルサイネージ付き自律走行ロボ、成田空港で実証実験 パナソニック
デジタルサイネージ付き自律走行ロボット「Signage HOSPI」の実証実験が成田空港でスタートする。(2018/1/12)

産業用ロボット:
ロボット普及の課題となるハンド、人間の手の構造を「からくり」で再現
NEDOとダブル技研、都立産業技術高専は人間の手の構造を模倣することで、簡単な制御でさまざまなモノを安定的につかめるロボットハンド機構を開発した。(2018/1/12)

情報化施工:
人と機械が協働しやすく、「からくり」ロボットハンドを新開発
NEDOとダブル技研、都立産業技術高専は、単純な制御だけで多様な形状のワークを安定して把持できるロボットハンド新機構の開発に成功したと発表した。複雑な電子制御への依存を最小限に抑え、高性能なロボットハンドが実現できる。(2018/1/12)

ロボットにも履歴書や出勤管理システムを 住友林業流、RPAロボ管理術
情シス主導のRPA導入に成功し、成果も着々と上がっているところで突然、ロボットの開発を中断した住友林業の成田さん。なぜ、このタイミングでブレーキをかけたのか。(2018/1/12)

人の手をヒントにした新構造ロボットハンド、NEDOなどが3種を試作 紙でも作れる
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、ダブル技研、都立産業技術高専の3者がロボットハンド用の新構造を開発。人間の手を模倣したものや、産業用の3本指のもの、紙だけで作ったものなど3種のロボットハンドを製作した。(2018/1/11)

“まるで本物”の新aibo ペットのように「育て方で個性が出る」
1月11日、ソニーが犬型ロボット「aibo」を発売。渋谷にはaiboと触れ合える「aibo room」もオープンし行列ができた。新しいaiboの魅力を、aibo room担当者に聞いてみた。(2018/1/11)

aiboは繭から生まれる ソニーの「aibo」、誕生イベント開催
ソニーは犬型ロボット「aibo」の誕生イベントを開催した。(2018/1/11)

ソニーの「aibo」発売 渋谷に触れあいスペースがオープン【動画あり】
1月11日――「わん、わん、わんの日」、ついにソニーの犬型ロボット「aibo」(アイボ)が発売された。渋谷モディの1階広場には触れあいスペースがオープン。(2018/1/11)

CES 2018:
ロボットのポールダンサー、CES 2018で踊りまくる
CES 2018開催中のラスベガスのストリップクラブSapphire Las Vegasで、イベント期間中、ロボットのポールダンサーのショーが開かれている。(2018/1/11)

RobiZy設立記念セミナー:
「生産現場でのロボット活用」を進めるために必要なプレイヤーとは
人と一緒に働く協働ロボットは生産現場でも徐々にその存在感を増しているが、普及のへの障壁があることも事実だ。人とロボットがともに働くために、いま何が必要なのか。ロボットビジネス支援機構(RobiZy)設立セミナーの基調講演から解き明かす。(2018/1/11)

aiboの性別は? 大人になるまでどれくらいかかる? 修理料金は? ソニーの「aibo」質問まとめ
ソニーの犬型ロボット「aibo」発売を前に、ちょっと気になる疑問をまとめてみた。(2018/1/10)

CES 2018:
「『人間研究』の先に見えたロボティクス技術」――ホンダ、「CES 2018」でロボットのいる社会語る
本田技研工業は、「CES 2018」で同社の目指すロボティクスの方向性について述べた。(2018/1/10)

ロボット開発ニュース:
車いす型パーソナルモビリティ「WHILL」の研究開発用モデルを発売
WHILLは、外部から制御可能な研究開発用途のパーソナルモビリティ「WHILL Model CR」の予約販売を開始した。スマートモビリティの開発や自律ロボットを研究するプラットフォームとしての利用を想定する。(2018/1/10)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
ロボット共生を実現する7つのチカラ――さがみロボット産業特区(神奈川県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第8回。生活支援ロボットの「実用化」に徹底して取り組み、「さがみ発」ロボットの商品化で実績を上げている「さがみロボット産業特区」を紹介する。(2018/1/10)

2017国際ロボット展レポート:
ヒューマノイドに再び脚光、コンビニ店員ロボも――iREX2017サービスロボットレポート
過去最大規模の開催となった「2017 国際ロボット展(iREX2017)」。本稿では、会場の4分の1ほどの面積を占めていたサービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。注目を集めていたのは、トヨタ自動車と川崎重工業が展示した新型のヒューマノイドロボットだ。(2018/1/10)

アイボがなくてもアイボと遊べるアプリ、ソニーが提供開始 本体とも連携可能な「My aibo」
ソニーが犬型ロボット「aibo」と連携するアプリ「My aibo」の提供を始めた。aibo本体の設定やカスタマイズができるだけでなく、aiboを持っていない人でもアプリ上のaiboと遊べる。(2018/1/9)

羽田、ロボ働く「未来空港」に 警備、物流、翻訳……9日から実証実験
日本の空の表玄関である羽田空港で、ロボット導入に向けた取り組みが急ピッチで進んでいる。(2018/1/9)

「われに続け!」 手振りに従うロボット部隊が陸自に登場!? 「数年内に技術的なメド」
「われに続け」と手を振り上げる陸上自衛隊員の後ろから、ロボット部隊が従っていく――SF小説のような光景が、近未来の自衛隊では当たり前なのかもしれない。(2018/1/9)

ロボット犬「aibo」の体験イベント 1月11日からソニーストアで
「aibo」に触れられます。(2018/1/9)

FAニュース:
最大可搬質量をX軸20kg、Y軸15kgに増加した多機能型卓上ロボット
蛇の目ミシン工業は、多機能型卓上ロボット「JR3000」シリーズの高可搬仕様を発売した。最大可搬質量をX軸20kg、Y軸15kgに増加し、電源遮断時にZ軸の落下を防止するブレーキや、LAN、USBメモリポートを標準装備している。(2018/1/9)

企業戦略:
川崎重工とABBが双腕ロボット分野での知識共有や活用促進で協業
川崎重工業は、ABBグループと双腕ロボット分野での知識の共有やロボット活用の促進に関して協業することで合意した。(2018/1/9)

特集「Connect 2018」:
好きなキャラクターが身近に? ロボットの可能性とは――ユカイ工学・青木CEO
コミュニケーションロボット「Bocco」や、しっぽの付いたクッション型セラピーロボット「Qoobo」などを開発、提供している企業ユカイ工学。2018年はロボットの活用が進むのか。青木CEOは、ロボットの可能性について、どのように考えているのかを聞いてみた。(2018/1/4)

疲れたOLを中古の家事ロボット(おっさん)がひたすら癒す漫画に癒やされる こんなおっさんロボがほしい……
どこで売ってますか……?(2017/12/29)

ロボット開発ニュース:
自然な対人コミュニケーションができるロボットAIプラットフォーム
富士通は、自然な対人コミュニケーションを可能にする「ロボットAIプラットフォーム」を発表した。ロボット「unibo」と、自然な対話や表情認識などコミュニケーションに関わるAI技術を搭載した同製品を接続し、クラウドサービスとして提供する。(2017/12/28)

なんで作った!? すごいけど、発想がナナメ上の“変な”ロボットまとめ
2017年に見つけた“変な”ロボットを振り返る。(2017/12/27)

FAニュース:
高加圧スポット溶接への対応力を強化した新型ロボット
安川電機は、自動車の高加圧スポット溶接向け新型ロボット3機種「MOTOMAN-SP110H」「MOTOMAN-SP180H」「MOTOMAN-SP225H」を発売した。上アーム中空構造により、メンテナンス性や対象物との接近性が向上している。(2017/12/27)

ますますスマートに
2018年テクノロジー予測:ドローンとロボットの浸透は予想以上に早い
2017年を振り返れば、テクノロジーが人々の生活に大きな影響をもたらした年だったが、2018年のトレンドはどうなるだろう。(2017/12/27)

ヒトが入れない「立ち入り禁止区域」にロボットが潜入するバラエティ番組、TBSが放送
TBSテレビは、立入禁止区域や危険地帯などに潜入するバラエティ番組「立入禁止の向こう側!ココから先は人間NG」を放送する。(2017/12/26)

「変なホテル」のノウハウ活用:
ハウステンボス、園内スタッフ約1000人削減へ 
ハウステンボスの澤田秀雄社長は、園内でのロボットの活用を進め、3年をめどに運営スタッフ約1700人を約600人に削減する方針を明らかにした。(2017/12/26)

福田昭のデバイス通信(128) 2月開催予定のISSCC 2018をプレビュー(4):
ISSCC技術講演の2日目午前ハイライト(その1)、強化学習する超小型ロボット、Wi-Fi電波からエネルギーを収穫する回路など
「ISSCC 2018」2日目午前から、注目講演を紹介する。低ジッタのクロック回路技術や、2.4GHz帯のWi-Fi電波からエネルギーを収穫する環境発電回路などについての講演が発表される。(2017/12/26)

シナノケンシ:
異型物を柔軟につかむ「電動3爪ロボットハンド」――手作業が困難な工程を支援
シナノケンシは、異型物を柔軟につかめる「電動3爪ロボットハンド」を開発した。3本の爪の開閉により、直径約10〜114mmサイズの物体を把持できる。(2017/12/26)

SCF2017/iREX2017 特別企画(オムロン):
PR:IoT、AI、ロボティクスの現実的活用とは? オムロンが訴える現場革新の現在地
IoT、AI、ロボティクスなどにより、製造現場の進化が加速している。オムロンは「SCF2017/計測展2017 TOKYO」と「2017 国際ロボット展(iREX2017)」で、製造現場の現実的な未来を示した。オムロンが「i-Automation!」で描く柔軟性の高い生産ラインの現在地について紹介する。(2017/12/26)

5本腕のクモヒトデ型ロボット登場 腕1本壊しても前進、東北大など開発
クモの脚のような長い5本の腕を持つヒトデの一種「クモヒトデ」をモデルにしたロボットが登場した。外敵に襲われ腕を数本失っても動ける「本物」の機能を模倣し、東北大などが開発した。(2017/12/25)

製造ITニュース:
NECと日本電産、ロボットモーターをリアルタイムに協調制御する技術を共同開発
NECと日本電産は、ロボットを駆動する「インテリジェントモーター」を無線ネットワーク経由でリアルタイムかつ高精度に協調制御する技術を共同開発した。複数のロボットを無線で高精度に制御できる。(2017/12/25)

FAニュース:
ロボットとねじ締めを融合した、ねじ締め自動化装置を共同開発
安川電機と日東精工は、多関節ロボットとねじ締めドライバーを融合させた「ねじ締め自動化装置」を共同開発した。ロボットが持つ位置情報とねじ締めドライバーが持つトルク情報を組み合わせることで、ねじの締め付け品質をリアルタイムで把握できる。(2017/12/25)

日本は「いつのまにかアニメ後進国」:
アイドルが登場するのは「ガンダムファンが嫌いそうだから」 「マクロス」河森監督の企画論
「アイドル×ロボット×戦争」で“ロボットアニメ観”に風穴を開けた「マクロス」シリーズ。河森正治監督はいかにしてマクロスを生み出したのか? キーワードは「ガンダムじゃないもの」だ。(2017/12/22)

写真でふりかえる2017年:
アニメから“現実化”したロボットまとめ(2017年) 「ハロ」「タチコマ」など
ガンダムの「ハロ」、攻殻機動隊の「タチコマ」――2017年は、日本のアニメ史を彩ってきた個性豊かなロボットたちがいくつも“現実化”した1年間だった。(2017/12/23)

Over the AI ―― AIの向こう側に(18):
儲からない人工知能 〜AIの費用対効果の“落とし穴”
AI技術に対する期待や報道の過熱が増す中、「抜け落ちている議論」があります。それが、AIの費用対効果です。政府にも少しは真剣に考えてほしいのですよ。例えば「荷物を倉庫に入れておいて」と人間に頼むコスト。そして、AI技術を搭載したロボットが「荷物を倉庫に入れておく」という指示を理解し、完璧にやり遂げるまでに掛かるトータルのコスト。一度でも本気で議論したことがありますか?(2017/12/22)

人事×RPAで始める「働き方改革」(4):
人事システムで行う業務のうち、7割以上がロボットで代替できる
本連載では「企業がRPAを効果的に導入するためにはどうすればいいか」というテーマでお話ししてきましたが、今回は人事部門にRPAを導入すると、どういった効果が期待できるのかをお話しします。(2017/12/22)

ヤマハ発動機 YHX-HCU-HP:
ヤマハ発動機、CPU処理能力が従来比3倍向上したホストコントローラーユニット
ヤマハ発動機は、FA統合コントローラー「YHX」シリーズの新製品としてホストコントローラーユニット「YHX-HCU-HP」を発表。ロボットや周辺機器の高機能化を見込み、CPU処理能力を従来機比約3倍に向上させた。(2017/12/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。