ニュース
» 2013年12月06日 21時30分 公開

エコカー技術:ホンダ「Nシリーズ」の新たな革新「N-WGN」、燃費性能で競合車種と肩を並べる (3/3)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

15%の軽量化とN-ONEを上回るCd値

 N-WGNは、従来のNシリーズよりも軽量化技術を積極的に導入している。車体骨格は、N BOXやN-ONEと同様にインナーフレーム高効率継ぎ手骨格を採用している。しかし、板厚や材質の異なる複数の鋼板をプレス成形前に溶接しておくテーラードブランク製法を用いたサイドパネルや、1180MPa(パスカル)級の高張力鋼板をホットスタンプしたスティフナーなどにより剛性を高めて軽量化した。

 外板にも、340MPa級の高張力鋼板や強固な接合が可能な短ピッチスポット結合を採用し、板厚を下げることで軽量化を実現している。これらの施策により、従来工法と比較して15%の軽量化が達成したとしている。

340MPa級の高張力鋼板を採用した外板(左)と短ピッチスポット結合の採用事例 340MPa級の高張力鋼板を採用した外板(左)と短ピッチスポット結合の採用事例(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 燃費性能は空力特性を示すCd値との関連も深い。N-WGNは、前面投影面積が大きいハイトワゴンタイプ軽自動車ではあるものの、空力パーツの配置やボディ各部のデザイン処理により、ハイトワゴンタイプよりも全高の低い軽自動車と同等レベルまでCd値を低減しているという。これは、前面投影面積がN-WGNよりも小さいN-ONEを大きく上回っている。

「N-WGN」の前面投影面積とCd値 「N-WGN」の前面投影面積とCd値。前面投影面積は「N-ONE」より大きいものの、Cd値は全高の低い軽自動車と同レベルと小さい(クリックで拡大) 出典:ホンダ

関連キーワード

燃費 | 本田技研工業 | 軽自動車 | エコカー


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.