連載
» 2014年01月24日 10時30分 公開

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(31):無償3次元CADだと物足りない人に「MoI 3D」 (2/4)

[水野操 テクノロジーコラムニスト/3D-GAN,MONOist]

フィレット

 次に「Fillet」(フィレット:丸み付け)を見てみましょう。先ほど作成した五角柱の角、側面と上面のエッジにR2.0mmのフィレットを付けます。


Filletを選択

フィレットを付けた

 このフィレットは、いわゆるR2.0mmのボールを転がして作るタイプのフィレットになります。それだけではありません。以下のように、他にもさまざまなフィレットのオプションがあります。

コーナー部分を真っすぐにするオプション
Const Dist(一定距離)フィレット:フィレットの端点間の直線距離を指定した長さで一定にします。
G1 Blend(G1フィレット):この画像では、Bulgeもいじっています
G2 Blend(G2フィレット):Bulgeを小さくするととがり具合がなくなり柔らかくなります

 このあたりになると、モデリング初心者にとってはあまり縁のない話かもしれませんが、ただこの価格の3次元CADでありながら細かい形状を調整していくためのオプションが備わっているのに驚きます。

シェル

 シェルも当たり前に使うオプションですが便利な機能がついています。また、123D Designの場合には複数の面を削除することができないのですが、このCADでは普通に任意の面をどんどん削除することができます。

 まず、直方体を作成します。

直方体を作成

 次に、シェルで削除する面を指定します。ここでは上面と正面です。

面選択すると黄色くなる

 こちらはごく普通のシェルです。

普通のシェル

 さらに「Inset」というオプションを使用すると、任意の深さでくぼみを作ることができます。

Insetで作った形状

 これも普通に作るよりも手数なしに1コマンドで作れるので便利です。しかも、Insetの際に、繰り抜かれる部分を別形状として残すことも可能です。

残したい部分を選択すると……

取り除いた部分が分離した

 残した部分はもちろん別のソリッドとして利用できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.