特集
» 2014年07月04日 08時30分 公開

DMM 3Dプリンティングセンターに潜入:手にしたら分かるクオリティ――「DMM 3Dプリント」にグランプリ作品を出力してもらった (2/3)

[八木沢篤,MONOist]

グランプリ作品の出力結果やいかに?

 さて、そんな環境で出力してもらったのが、第1回 3Dモデリングコンテストでグランプリを受賞した3作品だ。

 以降、各作品の概要とともに出力結果を紹介していこう。

実用部門

 まず、実用部門でグランプリを獲得した三出印太さんの「判緒(はんお)」だ。この作品は、へその緒のようにグネグネと長く伸びた形状をしており、どこの断面で切っても同じ名前でありながら、変形した印面が現れる不思議なハンコだ。この斬新なアイデアが高く評価され、見事グランプリの座を獲得した(STLデータはこちら)。

 こちらの作品では、微細な表現が可能なアクリル樹脂(高精細)を選択。出力時間は15時間程度で、グネグネと連なる空洞部分のサポート材除去が大変だったとか。


データ実物 三出印太さんの「判緒(はんお)」のデータと造形物 ※画像クリックで拡大表示

断面 判緒の正面

スマートデバイスケース部門

 そして、スマートデバイスケース部門のグランプリ作品が、和風テイストで柄のカスタマイズにも対応した、えつえもんさんの「iPhone case −3次元和柄−」だ。取り外し可能な3層のパーツから構成されており、真ん中の模様の入ったパーツは好みで取り換えられる。奥行きのあるデザインが高く評価された作品である(データはこちら)。

 こちらは、3つのパーツとも強度と剛性に優れたABSライク素材で造形。出力時間は3〜4時間程度だったとか。データチェックの際に、柄の一部で厚みが足りないと指摘を受けたが、それ以外特に大きな問題もなく出力できたという。

データ実物 えつえもんさんの「iPhone case −3次元和柄−」のデータと造形物 ※画像クリックで拡大表示

3層に このように3層で構成されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.