ニュース
» 2017年05月01日 07時00分 公開

ハノーバーメッセ2017:ベッコフが防爆仕様I/Oに参入、プロセス市場開拓へ (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

82×82×40mmの高性能、コンパクトなIPC

 ベッコフでは防爆仕様I/Oターミナルの他、プロダクトハイライトとして既に2016年の「SPS IPC Drives 2016」で発表済みの82×82×40mmというコンパクトで省スペースな産業用PC「C6015」をアピールした。

photo プロダクトハイライトで1番に「C6015」の価値を訴えたBeckhoff Automation創業者で社長のハンス・ベッコフ氏

 「C6015」は、82×82×40mmというコンパクトサイズの筐体に最大で4コアのIntel Atomプロセッサを搭載するファンレス産業用PCである。2GBメモリに30GBのSSDを搭載し、OSにはWindows Embedded Compact 7を搭載している。筐体をさまざまな向きや位置で取り付けられるように取り付けキットなども用意し、装置やラインなどに搭載しやすくしている。

 さらに「Microsoft Azure Certified」を取得しており、直接クラウドと接続することが可能。産業用PCとしての性能に加えて、IoTゲートウェイとしての活用も可能で、幅広い使い方が期待できるという。

photo 82×82×40mmというコンパクトで省スペースな産業用PC「C6015」(クリックで拡大)

フルステンレスのリニア搬送装置

 EtherCATを生かし、高精度な通信制御が可能なことで注目を集めるリニア搬送システム「XTS」も新製品を新たに用意※)。レール部や稼働子ともにフルステンレス製のモデルを投入することを発表した。「既に医薬品や食品などでのニーズが高まっていたというが、従来は衛生面の問題で導入できないところがあった。こうしたニーズに対応していく」と川野氏は述べている。

※)関連記事:メカ機構と制御で複雑な動作が可能に、ベッコフのリニア搬送システムが進化

photo フルステンレス製の「XTS」の防水性能を示すデモ(クリックで拡大)

≫ハノーバーメッセ2017特集はこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.