ニュース
» 2019年02月18日 09時00分 公開

SOLIDWORKS World 2019:新時代の3D設計環境「xApp」、設計をクラウドで完結する時代は来るのか (2/2)

[松本貴志,MONOist]
前のページへ 1|2       

デスクトップのSOLIDWORKSはこれからも提供を続ける

――デスクトップで動作するSOLIDWORKSは将来的にどうなるのでしょうか? SOLIDWORKSもクラウドに移行する計画はありますか?

Endersby氏 一定のユーザーはデスクトップを使い続けたいというニーズをやはり持っているため、デスクトップのSOLIDWORKSも提供を継続する。デスクトップのSOLIDWORKSとxAppの両方を利用する顧客はこれから増えていくのではないか。

SOLIDWORKS 2020では図面に関する機能などが強化される(クリックで拡大)

――xDesignとデスクトップのSOLIDWORKSとのすみ分けはどうなるのでしょうか?

Endersby氏 デスクトップのSOLIDWORKSが提供する全機能をxDesignがカバーすることはない。ホビーイストのレベルや金型設計といった業務であれば、xDesignの提供機能でカバーできるのではないか。

――xDesignやxShapeに続き、今後のxApp製品の展開を教えてください。

Endersby氏 デスクトップのSOLIDWORKSではできないこと、例えばレンダリングやリバースエンジニアリングなどの機能を追加したい。xAppシリーズは全てクラウドで動作するが、デスクトップのSOLIDWORKSとの連携も深めていく。

 現時点のxAppでは、シミュレーションを行うことができない。しかし、(ダッソー・システムズのCAEシステムである)SIMULIAをxAppファミリーに加えてくれと社内で依頼はしている。シミュレーションとクラウドコンピューティングは完璧な組み合わせと考えているためだ。

取材協力:ダッソー・システムズ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.