ニュース
» 2019年11月01日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:アイシン精機とアイシンAWが経営統合、トヨタも合意済み

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは2019年10月31日、経営統合することに基本合意したと発表した。トヨタ自動車が保有するアイシン・エィ・ダブリュ株式全数を自己株式取得した後、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが合併する。

[齊藤由希,MONOist]

 アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは2019年10月31日、経営統合することに基本合意したと発表した。トヨタ自動車が保有するアイシン・エィ・ダブリュ株式全数を自己株式取得した後、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが合併する。トヨタ自動車からも合意を得ている。存続会社はアイシン精機となる。2合併の期日は2021年4月1日を予定している。重点領域へのリソースシフトを加速し、事業と管理機能のシナジー効果を創出することで競争力向上を目指す。

 アイシングループでは2017年4月から「バーチャルカンパニー制」を導入し、パワートレインや走行安全、車体、情報系、アフターマーケットなど事業ごとにグループ内の企業同士の連携を強化している。アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは、パワートレインや情報・電子、アフターマーケットといったバーチャルカンパニーで協力していた。パワートレインでは電動ユニットや電気自動車、燃料電池車への対応、情報・電子では乗員へのおもてなしや位置情報活用サービスに取り組む。また、2019年4月にはグループ内の車載ソフトウェア開発子会社であるアイシン・コムクルーズとエィ・ダブリュ・ソフトウェアの経営統合を発表した。

アイシングループのバーチャルカンパニーの構成(クリックして拡大) 出典:アイシン精機

 バーチャルカンパニー制導入から2年半が経過し、会社をまたいだ事業領域での連携や管理機能の集約が進んだが、構造改革を一段と推し進めるため、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュの経営統合を決めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.