ニュース
» 2020年04月15日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:ホンダが新型コロナ軽症者の搬送車両を開発、陰圧状態の後部座席で飛沫感染防ぐ

ホンダは2020年4月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止に向けた支援活動を発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ホンダは2020年4月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止に向けた支援活動を発表した。

 同年5月末までに、ものづくりセンター栃木や鈴鹿などの国内事業所においてフェイスシールドの生産を開始し、医療現場に無償提供する。人工呼吸器も生産支援を検討している。また、軽症の感染者を搬送するための車両を、東京都内など感染者の多い自治体に納車していく。既に4月13日に港区と渋谷区に納車を完了した。

 軽症者向けの車両は、「オデッセイ」「ステップワゴン」をベースに後部座席との仕切りを設置する。運転席側を陽圧状態、患者が乗る後部座席を陰圧状態とすることで、圧力差によってドライバーへの飛沫感染を抑制する構造となっている。埼玉製作所(狭山工場)を皮切りに、国内事業所で生産する予定だ。

ドライバーの飛沫感染を防止する仕組み(クリックして拡大) 出典:ホンダ
前後席の仕切り(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 ホンダも所属する日本自動車工業会では、マスクの自給自足や医療機器メーカーの生産工程の改善、患者の移送に必要な車両の提供や、患者の移送に対応するための車両の改造、病室用ベットの部品生産などに取り組む方針だ。人工呼吸器の生産に対しては「人命に直結するモノづくりは簡単ではない」(自工会 会長の豊田章男氏)とし、直接生産は行わない姿勢だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.