ニュース
» 2020年04月24日 06時00分 公開

車両デザイン:ジュネーブショーで披露予定だった「ヤリスクロス」、日本発売は20年秋

トヨタ自動車は2020年4月23日、新型車「ヤリスクロス」を世界初公開した。同年3月に開催中止となったジュネーブ国際モーターショーで披露する予定だったモデルだ。日本では2020年秋に、欧州では2021年半ばに発売を計画している。日本仕様はトヨタ自動車東日本で、欧州仕様はフランス工場で生産する。

[齊藤由希,MONOist]
新型車「ヤリスクロス」(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 トヨタ自動車は2020年4月23日、新型車「ヤリスクロス」を世界初公開した。同年3月に開催中止となったジュネーブ国際モーターショーで披露する予定だったモデルだ。日本では2020年秋に、欧州では2021年半ばに発売を計画している。日本仕様はトヨタ自動車東日本で、欧州仕様はフランス工場で生産する。

 ヤリスクロスは、ヤリスブランドの「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎながら、都市型コンパクトSUVを再定義することを目指して開発したという。ヤリスと同じコンパクトカー向けのTNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォーム「GA-B」やハイブリッドシステムによって、基本性能と環境性能を高い次元で実現するとしている。エクステリアデザインでは、SUVならではの頑強さをシンプルに表現している。インテリアは、ワンクラス上の質感と居心地の良さを感じられる造形とした。

ヤリスクロスのサイドビュー(左)とリアクオータービュー(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 ヤリスクロスの車両サイズは全長4180×全幅1765×全高1560mmで、ホイールベースは2560mmとなる。ヤリスの車両サイズは全長3940×全幅1695×全高1500mmなので、全長が240mm、全幅が70mm、全高が60mm大きくなっている。

 ヤリスクロスのパワートレインは、排気量1.5l(リットル)の直列3気筒ダイナミックフォースエンジンとダイレクトシフトCVTを組み合わせたガソリンエンジンモデルと、リダクション機構付きのTHS II(トヨタハイブリッドシステム)のハイブリッドモデルを設定する。ハイブリッドモデルは2WD(FF)とE-Four(電気式4WDシステム)から、ガソリンエンジンモデルはFFと4WDから選択することができる。

ヤリスクロスのインテリア(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.