ニュース
» 2020年04月30日 10時00分 公開

工場ニュース:トヨタが医療用フェイスシールドを月4万個生産、デンソーもマスク生産開始

トヨタ自動車が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で厳しい状況にある医療現場や医療用品への支援施策のうち、医療用フェイスシールドの生産状況について発表。2020年4月27日から月4万個の体制で生産を始めた。デンソーも従業員向けマスクの生産を開始している。

[朴尚洙,MONOist]

 トヨタ自動車は2020年4月28日、同年4月7日に発表した、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で厳しい状況にある医療現場や医療用品への支援施策のうち、医療用フェイスシールドの生産状況について発表した。4月13日から貞宝工場(愛知県豊田市)で試作型や3Dプリンタを活用して週500〜600個で生産してきたが、4月27日からは元町工場(愛知県豊田市)でも生産を行うことで生産能力を約20倍となる月4万個(日2000個)に引き上げた。今後は月7万個(日3600個)レベルまで拡大する予定だ。

 また、トヨタ自動車本社だけでなく、同社グループ全体で医療用フェイスシールドの生産に取り組んでいる。トヨタ自動車東日本は、4月20日から宮城大衡工場(宮城県大衡村)で月1万2000個(日600個)で生産を開始しており、既に地元である宮城県に3000個を提供した。豊田自動織機は、4月29日から共和工場(愛知県大府市)で月1万個(日500個)で生産を始める予定。これらを合計すると、4月末時点でのトヨタグループの医療用フェイスシールドの生産能力は月6万2000個となる。

医療用フェイスシールド装着イメージ トヨタ自動車が生産した医療用フェイスシールド(左)と装着イメージ(右)(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 これらの他にも、豊田合成、ダイハツ工業、日野自動車も医療用フェイスシールドの試作を開始しており、ダイハツ工業と日野自動車は近隣の医療機関への提供を行っている。トヨタ車体は5月中旬の生産開始に向けて検討を進めているという。トヨタ自動車本社本体が今後計画している月7万個の生産能力とグループ会社の取り組みを加味すれば、月10万個以上の生産が可能になりそうだ。

デンソーは従業員向けにマスクを生産

 デンソーは2020年4月27日、COVID-19の影響によるマスク不足への対策として、同社グループ従業員向けのマスク生産を開始したと発表した。5月以降に月200万枚(日10万枚)の生産を目指す。

 デンソーによるマスク生産は、トヨタ自動車が4月7日に発表した施策の1つ。製造現場を中心に社内で必要となるマスクの自主生産に向けて4月中の生産開始を目指して試作品の生産に着手しており、軌道に乗れば日10万枚の量産が可能になるとしていたが、それを実現したことになる。

 なお、白物家電や携帯電話機などさまざまな製品を手掛けてきたデンソーの歴史の中でもマスク生産は初の試みとなる。自動車部品の開発と生産で培ってきた経験と技術を活用し、設備設計から製作までを全て内製で行い、社内にクリーンブースを設け、衛生面が確保された環境で生産しているという。

デンソーにおけるマスク生産の様子 デンソーにおけるマスク生産の様子(クリックで拡大) 出典:デンソー

⇒特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.