連載
» 2020年05月18日 10時00分 公開

無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみよう(1):FreeCADってどんな3D CAD? 簡単なモデリングから始めてみよう (3/7)

[小林由美,MONOist]

スケッチを描いてからモデリング

 FreeCADも、他の3D CADの作業と同様に、スケッチで閉じたプロファイルを描いてから3D形状を作り上げていく。まずは単純に、長方形の輪郭を「10mm」押し出したモデルを作ってみることにする。

 最初にワークベンチのPart Designの画面で「ボディー」と呼ばれる、いわゆる「3Dモデルの器」のようなものを作る。画面左下の「コンボビュー」というタブを選択すると、「ボディーを作成」という項目が表示されるので、そのリンクをクリックする。なお、このボディーの作成は、1つパーツを作成する前に必ず行わなければならない。コンボビューには、その時に選択しているコマンドに関する入力画面が表示される。

図6 新しいボディーの作成 図6 新しいボディーの作成 [クリックで拡大]

 コンボビューに表示された「スケッチを作成」をクリックする。

図7 「スケッチを作成」を選択する 図7 「スケッチを作成」を選択する [クリックで拡大]

 次に、スケッチを行う平面を選択する。ビューは、X(横)とY(縦)とZ(高さ/奥行き)で定義される。3方向の平面は、それぞれの軸の組み合わせになる。ここでは「XY_Plane」を選択してOKする。画面右上のアイコンを見ると、XY_Planeは「Top」ビューであることが分かる。

図8 XY_Planeが「Top」ビューであることが分かる 図8 XY_Planeが「Top」ビューであることが分かる [クリックで拡大]

 画面上部を見てみると、ワークベンチは自動的に「Sketcher」に切り替わり、アイコンもスケッチ機能に関するものが並んでいる。

図9 ワークベンチが「Sketcher」に切り替わり、スケッチ機能に関するメニューが並ぶ 図9 ワークベンチが「Sketcher」に切り替わり、スケッチ機能に関するメニューが並ぶ [クリックで拡大]

 長方形の板をモデリングするに当たっては、まずスケッチモードでモデルの輪郭になる長方形のスケッチを描く必要がある。図10の青色○で示した部分が長方形を描くためのアイコンだ。マウスカーソルをアイコンの上に持っていくと日本語の説明が表示される(その他のアイコンの役割も知りたければ、この方法で確認してみよう)。

図10 長方形のスケッチを描くアイコン(青色○で示したもの) 図10 長方形のスケッチを描くアイコン(青色○で示したもの)

 ここではまず、先述したアイコンをクリックした上で、画面中央のX軸とY軸の交点、つまり原点近辺をクリックして、そのままマウスカーソルを右上に持っていき、適当なところでクリックし、長方形を作図してみる。

図11 実際に長方形のスケッチを描いた様子 図11 実際に長方形のスケッチを描いた様子 [クリックで拡大]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.