連載
» 2020年05月18日 10時00分 公開

無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみよう(1):FreeCADってどんな3D CAD? 簡単なモデリングから始めてみよう (7/7)

[小林由美,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

角にフィレットを入れる

 次は、角にフィレット(ラウンド、R)を入れていく。フィレットを入れたいエッジを先に選択(緑色にハイライト)してから、フィレットを選択する。

図24 フィレットのアイコン(赤色○で示したもの) 図24 フィレットのアイコン(赤色○で示したもの) [クリックで拡大]

 コンボビューには、4箇所のエッジが選択されている状態であることが示され、半径の入力域が出てくる。ここでは「2mm」のフィレットを入れてOKする。

図25 半径を「2mm」に設定する 図25 半径を「2mm」に設定する [クリックで拡大]

 面取り(チャンファー)もフィレットと同じ要領で加えられる。ここでは先ほど開けた貫通穴の縁に面取りを入れる。こちらもコマンドを選択する前に、エッジを選ぶ。

図26 面取りのアイコン(赤色○で示したもの) 図26 面取りのアイコン(赤色○で示したもの) [クリックで拡大]

 ツリービューに「Fillet」と「Chamfer」が表示された。

図27 ツリービューに「Fillet」と「Chamfer」が追加された 図27 ツリービューに「Fillet」と「Chamfer」が追加された [クリックで拡大]

3Dモデルの保存

 出来上がった3Dモデルは「.FCStd」という拡張子で保存できる。また、エクスポートは非常に多くのファイル形式に対応している。3Dプリンタなどで使えるSTLやOBJの他、他のミッドレンジ3D CADで安定して読み込める「STEP」にも対応する。

図28 エクスポート可能なファイルの一部 図28 エクスポート可能なファイルの一部 [クリックで拡大]


 次回は、FreeCADのスケッチやモデリング機能についてもう少し詳しく紹介する。(次回に続く

前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.