ニュース
» 2020年07月27日 14時00分 公開

小型センサーで走りをリアルタイム評価、アシックスがスマートシューズ新開発ウェアラブルニュース(2/2 ページ)

[池谷翼,MONOist]
前のページへ 1|2       

ORPHE CORE 1.0に比べて軽量化を達成

no new folk studio 代表取締役社長の菊川裕也氏 no new folk studio 代表取締役社長の菊川裕也氏

 ORPHE CORE 2.0を開発したno new folk studio 代表取締役社長の菊川裕也氏は「開発のベースとなったのは2019年に当社が発表したORPHE CORE 1.0だ。1.0と比べると2.0は縦サイズを約50%、重量を15g削減するなど軽量化に成功した。一方でセンシングの精度や速度は向上しており、当社が得意とするリアルタイムの運動解析を生かした仕上がりになっている」と語った。

ORPHE CORE 2.0に進化するに当たり大幅な軽量化を達成[クリックして拡大]出典:アシックス ORPHE CORE 2.0に進化するに当たり大幅な軽量化を達成[クリックして拡大]出典:アシックス
アシックスの猪俣貴志氏 アシックスの猪俣貴志氏

 スマートシューズを通じて実現したいランニングシーンについて、アシックス スポーツ工学研究所 主任研究員の猪俣貴志氏は「開発時のコンセプトは『ランニングシューズをコーチにする』ことだ。最近は趣味でランニングを楽しむ人が増えているが、それに合わせてランナーの悩みも多様化している。開発時にも自身の理想的な走りを実現できないと悩みを抱えている人に多く出会った。そうしたランナーの悩みを少しでも解決するシューズを開発することで、未来のランニングシーンを共に作っていきたい」と語った。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.