ニュース
» 2020年10月27日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:ダイハツがトヨタとレクサスを抜いてトップに、「自動車耐久品質調査」で

J.D.パワージャパンは2020年10月21日、「2020年日本自動車耐久品質調査」の結果を発表した。ブランド別の総合ランキングではダイハツが初めて1位を獲得した。

[齊藤由希,MONOist]
輸入車を含めたブランド別のランキング(クリックして拡大) 出典:J.D.パワージャパン

 J.D.パワージャパンは2020年10月21日、「2020年日本自動車耐久品質調査」の結果を発表した。ブランド別の総合ランキングではダイハツが初めて1位を獲得した。

 同調査では新車購入から37〜54カ月が経過した日本国内のユーザーを対象に8分野177項目について質問し、ブランドごとにクルマ100台当たりの不具合指摘件数(Problems Per 100、PP100)を算出する。

 輸入車ブランドも含めた業界平均の総合不具合指摘件数は62PP100(クルマ100台当たり62件)で、前年から10ポイント減少して改善となった。改善が進んだのは「エンジン/トランスミッション」で、「アイドリングストップ機能の不具合」や「AT/CVTの変速中のもたつき、シフトタイミングの悪さ」に関する不具合の指摘が減少した。この他にも、外装や内装に対する不具合の指摘が減ったことも改善に貢献した。一方、オーディオやナビゲーションシステムに関する不具合の指摘は増加傾向であり、品質改善が進んでいない領域もあるという。

車両セグメントごとのランキング(クリックして拡大) 出典:J.D.パワージャパン

 輸入車も含めた14ブランド中、12ブランドで前年よりも不具合指摘件数が減少し、品質改善が進んだ様子が伺えた。前年から10ポイント以上改善したのは7ブランドで、特にマツダとダイハツ工業、BMWの品質向上が進んだという。ダイハツはレクサスやトヨタ自動車を押さえてブランド別ランキングトップに立った。ラグジュアリーブランドではレクサスが3年連続のトップだった。

 車両セグメントごとの不具合指摘件数もまとめられている。軽自動車セグメントではダイハツ「ムーヴキャンバス」、コンパクトセグメントではトヨタ「パッソ」、ミッドサイズセグメントではSUBARU(スバル)「レヴォーグ」とトヨタ「カローラ」が同点でトップとなった。ミニバンセグメントでは「エスティマ」が1位となった。

軽自動車セグメントでトップに立ったダイハツの「ムーヴキャンバス」(クリックして拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.