ニュース
» 2021年04月23日 06時00分 公開

トヨタが水素エンジンをスーパー耐久シリーズに提供、2021年5月から走るエコカー技術

トヨタ自動車は2021年4月22日、水素エンジンを開発すると発表した。圧縮気体水素を燃料として使用する排気量1.6l(リットル)の直列3気筒インタークーラーターボエンジンをレーシングチーム「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両向けに投入する。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2021年4月22日、水素エンジンを開発すると発表した。圧縮気体水素を燃料として使用する排気量1.6l(リットル)の直列3気筒インタークーラーターボエンジンをレーシングチーム「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両向けに投入する。「カローラスポーツ」をベースにした競技車両に搭載され、2021年5月21〜23日に行われるスーパー耐久シリーズ2021第3戦の富士SUPER TEC 24時間レースから走らせる。

スーパー耐久に水素エンジンを投入する(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 レース中に水素エンジンで使用する水素の一部は、再生可能エネルギーを利用した「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」で製造する。同施設では新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、東芝エネルギーシステムズ、東北電力、東北電力ネットワーク、岩谷産業、旭化成が安価でCO2排出量の少ない水素製造技術の確立に取り組んでいる。

 水素エンジンはガソリンエンジンの燃料供給系と噴射系の部品を変更し、水素を燃焼させて動力を発生させる。エンジンオイルの燃焼を除けば走行時にCO2は発生しない。また、ガソリンよりも燃焼が速いことから応答性が高く、環境性能とクルマを運転する楽しさを両立するとしている。燃料電池車(FCV)と比較すると、レアメタルを使用する燃料電池(FC)システムなど高コストな部品が不要だというメリットもある。過去にはマツダやBMWが水素エンジンを開発していた。

 今回モータースポーツ向けに投入する水素エンジンには、「GRヤリス」など競技で鍛えてきた技術を生かす他、FCVの開発と販売を通じて蓄積してきたノウハウで安全性も確保する。

水素エンジンは環境性能と運転の楽しさを両立できる可能性を持っている(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
水素エンジンのイメージ(クリックで再生)

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.