ニュース
» 2021年05月11日 07時30分 公開

ウーブンシティーに水素ステーション、トヨタとENEOSが協力燃料電池車

ENEOSとトヨタ自動車、ウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年5月10日、トヨタが建設中のスマートシティー「Woven City(ウーブンシティー)」(静岡県裾野市)での水素エネルギー利活用の検討で合意したと発表した。水素の製造、運搬、利活用のサプライチェーンに関する実証をウーブンシティーとその近隣で行う。

[齊藤由希,MONOist]

 ENEOSとトヨタ自動車、ウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年5月10日、トヨタが建設中のスマートシティー「Woven City(ウーブンシティー)」(静岡県裾野市)での水素エネルギー利活用の検討で合意したと発表した。水素の製造、運搬、利活用のサプライチェーンに関する実証をウーブンシティーとその近隣で行う。

ENEOSとトヨタ自動車、ウーブン・プラネット・ホールディングスはウーブンシティーでの水素利活用で協力する(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 水素の製造に関しては、ENEOSがウーブンシティー近隣に設置した水素ステーションで、水電解装置と再生可能エネルギー由来の電力でグリーン水素を生成。このグリーン水素をウーブンシティーに供給し、トヨタは定置式燃料電池発電機で利用する。また、ウーブンシティーと近隣の物流車両を燃料電池車とし、実用性のある事業として成立する水素需要を検証する。水素の需給管理システムも構築する。ウーブンシティーの敷地内には、水素供給に関する技術研究を行う実証拠点も設ける。

 ENEOSは都市部で商用ステーションを45カ所展開している。ENEOS 社長の大田勝幸氏は「世界規模でカーボンニュートラルに向けた動きが加速するなか、水素エネルギーはその実現の切り札として期待されている。今回、水素社会の形成をリードするトヨタとともに、ヒトと水素が共存する新しいライフスタイルの創出につながる実証を進めていく意義は極めて大きい」とコメントした。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.