「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2021年06月10日 06時00分 公開

クルマとスマートフォンから興味関心を的確に推定、デンソーとNTTデータモビリティサービス

デンソーとNTTデータは2021年6月8日、クルマや人の流れのデータからユーザーの行動を理解する実証実験を実施したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 デンソーとNTTデータは2021年6月8日、クルマや人の流れのデータからユーザーの行動を理解する実証実験を実施したと発表した。

 車載機から収集した運転特性や運転の状況などの「車流データ」と、スマートフォンのGPSやビーコンのログなどから収集した人流データを組み合わせて個人の特性を分析し、運転状況の推定や個人の好みに合わせた店舗情報のレコメンドを行った。モニターとしてユーザーがー参加し、3カ月間の走行検証を行った結果、レコメンドの有効性を確認できたとしている。

車流データと人流データを組み合わせて活用する(クリックして拡大) 出典:デンソー

 今後はデンソーとNTTデータで事業化に向けた検討を進める他、自動車メーカーやカーシェアリング事業者、レンタカー事業者、小売事業者、観光業界や商業施設などに向けて新規ビジネスとして提案していく。

「クルマの中」を新たなビジネスに

 デンソーとNTTデータが目指すサービスは、車載機やスマートフォンを通じて得られるデータからユーザーの運転特性や行動特性を分析し、最適なタイミングで個人の興味関心に合わせたコンテンツの提供やレコメンデーションを行うというものだ。

 実証実験では、ユーザーの同意の下でドライブレコーダーやGPSモジュール、スマートフォンの情報を取得する車載機を設置し、スマートフォンにはGPSやビーコンによる位置情報を取得する実験用のアプリをインストールさせた。移動の目的や目的地の設定の有無、日常的な移動かどうか、人流や車流から推定できる行動特性などユーザーのデータを基に、好みを分析するとともに、クルマが停止しているときなどレコメンドが受容されやすいと推定されるタイミングでレコメンド情報を提供した。スマートフォンのアプリは実証実験の期間中、運転時は常時起動することとし、レコメンド情報は運転動作を妨げないように通知された。ユーザーはレコメンド情報の内容やタイミングの良しあしをその場で評価し、アプリにフィードバックした。

実証実験の流れ(クリックして拡大) 出典:デンソー

 実証実験の期間は2020年6月〜2021年3月末までで、車両走行による検証は8月まで、ビジネスモデルの検証を9月から翌年3月末まで行った。6〜8月の3カ月間に2217カ所の施設に関してレコメンド情報を提供したところ、運転状況やユーザーの行動の理解に基づいたレコメンドであるほど高い評価が得られた。

 こうした取り組みにより、ドライバー体験の向上が顧客取り込みにつながるとともに、自動車を媒体とした新たな収益源の創出などが期待できるという。また、車内向けのサービスが新たな市場として見込まれる他、利用者の行動変容によって顧客獲得につなげられるとしている。デンソーとNTTデータは次世代コックピットやスマートフォン向けのサービスなど幅広いユーザーとの接点を確保し、車流データと人流データによる行動理解を軸としたユーザー体験やコンテンツの可能性を検討していく。

実証実験の結果(クリックして拡大) 出典:デンソー

→その他の「モビリティサービス」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.