連載
» 2021年09月17日 10時00分 公開

米国の医療DXを支えるブロックチェーンと分散台帳はオバマ政権時代からの積み重ね海外医療技術トレンド(75)(1/5 ページ)

本連載の第23回や第65回で触れたように、米国の保健医療行政機関がDX(デジタルトランスフォーメーション)施策を本格化させる中、変革ツールとしてブロックチェーン/分散台帳技術が注目されている。

[笹原英司,MONOist]

 本連載第23回第65回で触れたように、米国の保健医療行政機関がDX(デジタルトランスフォーメーション)施策を本格化させる中、変革ツールとしてブロックチェーン/分散台帳技術が注目されている。

⇒連載「海外医療技術トレンド」バックナンバー

オープンイノベーションが主導する米国の医療ブロックチェーン

 米国の医療分野におけるブロックチェーン/分散台帳技術利用は、オバマ政権下で始まった保健福祉省(HHS)のオープンイノベーション推進策が発端となっている。例えば、2016年7月6日、HHS傘下の国家医療IT調整室(ONC)は、「医療ITおよび医療関連研究におけるブロックチェーンとその新たな役割」(関連情報)と題する通知を公表し、ブロックチェーン技術と医療ITおよび/または医療関連研究データにおける利用の可能性をテーマとしたホワイトペーパーを公募する「ブロックチェーン・チャレンジ」を開始している。

 ONCは、ブロックチェーンについて、改ざんを防止する秘密鍵を利用して、タイムスタンプの記録や署名を可能にするデータ構造であり、そのタイプには、パブリック型、プライベート型、コンソーシアム型の3つがあるとした上で、医療分野で想定されるブロックチェーンの適用領域として、以下のような例を挙げている。

  • デジタル署名情報
  • ポリシーおよび契約(スマートコントラクト)の電算処理可能な執行
  • IoT(モノのインターネット)デバイスの管理
  • 分散型暗号化ストレージ
  • 分散型の信頼

 その後2016年8月29日、ONCは、表1の通り、「ブロックチェーン・チャレンジ」の入賞者を発表した。

表1 表1 「ブロックチェーン・チャレンジ」の入賞者一覧(クリックで拡大) 出典: Capital Consulting Corporation「Use of Blockchain in Health IT and Health-related Research Challenge」を基にヘルスケアクラウド研究会作成

 ブロックチェーン技術の適用想定領域を見ると、医事会計に代表される病院情報システム(HIS)に加えて、電子医療記録(EMR)/電子健康記録(EHR)、臨床情報システム(CIS)、プライバシーエンジニアリングなど、多岐にわたっていることが分かる。

 さらにONCは、2017年3月14〜15日、医療ブロックチェーン・コードアソン(Code-A-Thon)を開催している(関連情報)。本イベントでは、オープンソースの分散台帳技術と医療固有の標準規格を利用して、以下の3つの領域のうちいずれかに取り組むことを課題としている。

  • アイデンティティー管理とAPI:医療機関同士および患者を介した交換の双方向けAPIのアイデンティティー管理要求事項を支援するブロックチェーン利用を明確に示す
  • メタデータのタグ付けとポリシーの表現:セキュリティメタデータや、アクセスを管理し、監査・来歴情報を提供するタグ付けに関するブロックチェーン利用を明確に示す
  • データアグリゲーションとリンク付け:セキュアに患者データを選択先に集約やリンク付け、共有するブロックチェーン技術の利用

 このように、オープンイノベーションを活用した施策のアウトプットは、トランプ政権下の保健医療行政機関に引き継がれていくことになる。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.