• 関連の記事

「“BREW”アプリケーション開発入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「“BREW”アプリケーション開発入門」に関する情報が集まったページです。

“BREW”アプリケーション開発入門(10):
MascotCapsuleによるボーンアニメーション
MascotCapsuleシリーズの強み、3Dモデルの「ボーンアニメーション」。最終回はボーンアニメーションの概要から実装までを解説する。(2010/6/25)

“BREW”アプリケーション開発入門(9):
MascotCapsuleで立方体の3D描画に挑戦
「MascotCapsule eruption」を用いたBREW上での3Dプログラミングについて解説。今回は、立方体の3D描画にチャレンジする!!(2010/5/18)

“BREW”アプリケーション開発入門(8):
MascotCapsuleによる3Dグラフィックスプログラミング
エイチアイ社の組み込み機器向け3D描画エンジン「MascotCapsule」を利用した3Dグラフィックスプログラミングについて詳しく解説する。(2010/3/31)

“BREW”アプリケーション開発入門(7):
OpenGL ESプログラミングで本格3D描画体験
OpenGL ESによる3Dグラフィックス描画プログラミングに挑戦! 投影、ライトなどの各種要素を理解し、立方体の描画を行ってみよう。(2010/2/23)

“BREW”アプリケーション開発入門(6):
はじめよう3D描画、BREWでOpenGL ESプログラミング
OpenGL ESプログラミングの準備とEGLインターフェイスの設定を行い、OpenGL ESによる3Dグラフィックス描画にチャレンジする。(2010/1/8)

“BREW”アプリケーション開発入門(5):
スプライトアニメーションはゲーム開発の超基本
2Dラスタデータを使った処理について解説。今回は、ゲームなどで多用される「スプライト」処理を利用した“アニメーション”に挑戦する!!(2009/11/27)

“BREW”アプリケーション開発入門(4):
ラスタ/ベクタ、2Dグラフィックスの基礎のキソ
BREWアプリケーション開発におけるグラフィックス処理とは? 今回は比較的扱いやすく、利用範囲の広い2Dグラフィックスについて解説。(2009/10/28)

“BREW”アプリケーション開発入門(3):
BREWアプリケーションの構成を理解しよう!
『HelloWorld』プログラムを基に、BREWアプリケーションの全体像を詳しく解説する。「BREWモジュール」「BREWアプレット」とは一体?(2009/9/15)

“BREW”アプリケーション開発入門(2):
BREWアプリケーション開発の流れを押さえよう
今回は「HelloWorld」を題材に、プロジェクトの作成からエミュレータ環境での実行まで、BREWアプリケーション開発の流れを解説する。(2009/9/1)

“BREW”アプリケーション開発入門(1):
ケータイアプリ開発の第一歩を踏み出そう!!
BREWの基礎から開発環境の構築・アプリケーション開発までを詳しく解説。BREWアプリケーション開発の世界を体験しよう。(2009/8/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。