「社員教育」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社員教育」に関する情報が集まったページです。

賃料は2倍に:
コロナの渦中でオフィスを拡大移転 新卒1万7000人が殺到する中小企業社長の考え
コロナの渦中で、あえて今よりも大きなオフィスに移転する決断をした筆者。新しいオフィスに「本当に今、必要な機能」を持たせれば、業績だけでなく、人材採用でも大きな成果を上げられるからという。(2020/7/28)

電子化がボトルネックを解消!:
経理業務のテレワーク移行の勘どころ
経理業務においては各種証憑を取り扱うため、テレワークを導入しづらいという声も聞こえます。そこで、経理担当者が速やかにテレワークを導入するために求められる対応策を解説します。(2020/7/22)

AR/MR:
“HoloLens 2”でマンション外壁の打診検査を1人で完了、長谷工版DXが本格始動
長谷工コーポレーションとアウトソーシングテクノロジーは、日本マイクロソフトと連携して、最先端のデジタル技術を駆使した建設・不動産業界の生産性改革を推進していくと発表した。初弾として、マンションの外壁タイル打診検査を対象に、検査員1人だけで完了し、報告書作成の業務量を半減するMixed Realityソリューション「AR 匠RESIDENCE」を共同開発した。(2020/7/15)

社員研修も“集まらない”学びへと進化が必要
事例で分かる「ニューノーマルに向けた社員研修の在り方」とは
テレワークを中心とした新しい働き方が提唱される中で、企業の社員教育はこの先どう進化すべきなのか。あるIT企業の実体験から、リモートネイティブ時代に即したマインドシフトの重要性が見えてきた。(2020/6/25)

新卒1万7000人が殺到する中小企業社長が語る:
アフターコロナ、本当にオフィスは不要か? それでも“大きなオフィス”に移転する理由
コロナ禍の真っ只中の4月末、あえて今よりも大きなオフィスに移転する決断した筆者。その理由は「オフィスに事務的業務を行うこと以外の新しい機能を持たせることで、業績のみならず、従業員満足度の向上につながると考えているから」だ。新しい機能とは何なのか。(2020/6/18)

社員研修のプロが語る:
リモートワークでも、社員の心の健康を維持するために
リモートワーク期間中、人事部門の中には「コミュニケーションが不足して社員のメンタルが弱ってしまうのではないか不安」と考える人もいるのでは。人はどういうときに病むのか、どういうときに元気を取り戻すのか、社員研修のプロが解説。(2020/6/16)

ファシリティマネジメント フォーラム 2020:
施設業務を止めず保全工事を行う日本メックス、高い技術力を支える充実の“人財育成術”
日本メックスは1972年の創業以来、建物の維持管理・保全工事を数多く手掛けている。豊富な実績を支えているのは、他ならぬ高度な技術や知識を持った人財の育成にあり、現在では4種類の社員教育をはじめ、品質向上と事故撲滅を目的とした自社トレーニング施設を運用するなど、充実した人材育成術を確立している。(2020/5/14)

テレワーク推奨から1カ月超 見えた課題
新型コロナウイルスの感染対策で、政府などが在宅勤務の推奨が始まってから1カ月以上が経過し、在宅勤務などのテレワークをする上での課題も見え始めている。(2020/4/16)

テレワーク推奨から1カ月超、見えた課題 「会議で声がかぶる」「そもそもできない」
新型コロナウイルスの感染対策で在宅勤務が推奨され始めてから1カ月以上が経過し、「会議で声がかぶって発言しにくい」「業務内容がテレワークに向いていない」などの課題が見え始めている。(2020/4/16)

【経済インサイド】テレワーク推奨から1カ月超 見えた課題
 新型コロナウイルスの感染対策で、政府などが在宅勤務の推奨が始まってから1カ月以上が経過し、在宅勤務などのテレワークをする上での課題も見え始めている。対面とは異なるコミュニケーションへの対応や、社員教育などで、もともとテレワークに向かないとされる業界からは戸惑いの声も聞こえる。準備が不十分だったことで生じている課題も多い。現場の声を拾った。(2020/4/15)

組織の認証を「安く、気軽に、安全に」は可能か?:
PR:パスワード使い回しの危険を避け、運用コストもかからない「トークンレス・ワンタイムパスワード」で認証強化を
「パスワードは『漏えいするもの』と考えるべきだ」――毎回同じ文字列を使用する固定パスワード認証は手軽で低コストに導入できる一方、なりすましによる不正アクセスのリスクが高い。手軽さと安さを損なわずに認証を強化する方法とは?(2020/3/4)

新人が勝手に育つ「10秒会話と質問」:
第1回:相談できない新人にはこう向き合え
新人は先輩方に質問できずに悶々と時間を過ごしてしまいがちだ。しかし、この無駄な時間を過ごしている事実は変えなければならない。(2020/2/26)

中国拠点を踏み台にマルウェア侵入 三菱電機、不正アクセス事件の詳細を明らかに
三菱電機は同社の不正アクセス事件について、攻撃の手法の詳細を発表した。攻撃者はファイルレスマルウェアを使って同社を攻撃し、中国拠点を踏み台に社内ネットワークに侵入した。(2020/2/14)

東京都、LINE Creditに業務改善命令 年収の3分の1を超える貸し付け、個人情報漏えいなど問題視
個人への過剰な貸し付け、返済能力の調査義務違反、個人情報の取り扱い不備などがあったとして、東京都がLINE Creditに業務改善命令を出した。(2020/1/21)

PR:Windows 7のサポート終了も心配なし――VDIをお試し感覚で導入できる「おまかせクラウドVDI」
これまでのVDIは、高価で構築も容易ではないために、大企業向けのソリューションと思われていた。クラウドサービスを利用するNTT東日本の「おまかせクラウドVDI」は、VDIの運用・管理の手間を省力化し、安価に導入できることから、中堅・中小規模の企業にも安心してお勧めできるサービスである。(2020/2/17)

【第2回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「成功はアート、失敗はサイエンス」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長が語る「会社経営失敗の法則」
2020年がいよいよ幕を開けた。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長のインタビューを前後編でお届けする。後編となる第2回目では、OWNDAYS再建時に大切にしていた考え方に迫っていく。人材採用や社員教育など話は多岐にわたった。(2020/1/4)

詐欺そのものの悪質手口を黙認する組織体質〜かんぽ・日本郵便、業務停止命令へ
おかしい組織の体質のまま民営化した果て。(2019/12/19)

1万7000人の新卒が殺到する中小企業社長が語る、優秀な人材の集め方
社員20人の新興企業ながら、新卒採用に学生が殺到することで注目を集めるLegaseedの近藤代表に、人材採用のヒントや日本企業の課題を聞いた。(2019/12/6)

住友林業が研修にVRを採用 シンプルな実写の360度動画を使うメリットは?
住友林業が若手向けの研修に360度のVR動画を採用する。これまで行っていた現場研修をVRで行うことで、移動時間やコストの削減と学習効率の向上を狙う。その効果は……?(2019/11/27)

目当ての情報を見つけやすくするルールが必要
「Microsoft Teamsを入れたら共有ファイルだらけ」を避ける5つの注意事項
「Microsoft Teams」を導入する際は、業務目的のファイルやメッセージ、予定が無秩序に作成されてしまう状況に陥らないようなルールや戦略を立てる必要がある。そのために注意すべき5つのポイントを紹介する。(2019/11/22)

クラウドの知識が必要なのはIT担当者だけではない
「クラウドの高額請求」を避けるために全社に徹底すべき6大項目
クラウドサービスを使うと、想像以上に高い利用料が請求されることがある。出費を抑えるには、従業員がクラウドのコストの管理と最適化のプロセスを理解することが必要だ。(2019/11/18)

IoTで予防保全:
PR:設備要因の“ドカ停”をゼロに、コベルコ建機が選んだIoTによる予防保全
工場でのIoT活用で期待される用途の1つとして予防保全がある。しかし、実際には成果を出すまでに至らない製造現場が多い。その中で、難易度の高い搬送ハンガーの予防保全に取り組み、成果を出しつつある工場がある。コベルコ建機の五日市工場である。同工場での取り組みを追う。(2019/9/11)

「保育士はPC使えなくていい」「資料はFAXで送って」――業界の風潮に違和感 保育園が「Box」導入しペーパーレス化
千葉県内で10カ所の認可保育園を運営するハイフライヤーズは、各園の書類管理のためにクラウドストレージ「Box」を導入。社員に社用のiPhoneも貸し出し、電子化した書類をチェックしやすくしている。(2019/8/20)

ウェザーニューズ元営業課長を逮捕 勤務先のPC 18台盗んだ疑い
勤務先のウェザーニューズからPC 18台を盗んだ窃盗などの疑いで、同社の営業課長だった男が警視庁に逮捕された。坂田容疑者は「借金の返済にあてた」などと供述しているという。(2019/8/14)

業務を効率化するITツールの最新事情:
話題のSlackを導入するコツは? 基本と活用を解説
ビジネスチャットツールの現在の潮流を作ったのはSlack Technologiesの「Slack」であり、その潜在性はMicrosoftが同社買収を巡ってトップ間で激論があったことからもうかがえる。今回はそのSlackの基本から、活用までの情報をまとめたい。(2019/8/9)

大前研一大いに吠える!【後編】:
大前研一が息子たちに施した「21世紀型教育」とは?――「先生の言うことを聞くのよ」と言ってはいけない
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/9)

大前研一大いに吠える!【前編】:
大前研一が尊敬した「ウォルト・ディズニーの構想力」――ワニしかいない湿地帯に「ディズニーワールド」を作った
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/8)

上場の陰で問題が頻発
Slackで発生した「12時間以上の大規模障害」を振り返る
2019年6月28日、Slackが障害に見舞われた。大きな接続問題が起きたのは、2019年に入ってこれで5回目だ。同社はこれまでのところ、原因について詳細を明らかにしていない。(2019/8/1)

移行には従業員の理解が不可欠
Slackから「Microsoft Teams」へ移行したくなる理由と、従業員を説得する方法
「Microsoft 365」を使っている組織は、「Slack」から「Microsoft Teams」へ移行すれば従業員のワークフローを効率化できる。ただし移行には慎重さが必要だ。(2019/7/30)

「メディアの企業体質」に苦言:
暴力団取材の第一人者・溝口敦 「刺されてもペンを止めなかった男」が語る闇営業問題の本質
暴力団や新興宗教、同和利権、裏社会など、タブーに斬り込み続けてきたノンフィクション作家・溝口敦氏――。背中を刺されても決してペンを止めなかった溝口氏に、これまでの仕事哲学と、芸能人・反社会的勢力の「闇営業問題」に何を思うのか聞いた。(2019/7/26)

東京メトロ幻(?)の駅「センター東駅」に堂々潜入 ワックワクな「新木場車両基地公開イベント」に行ってきた
鉄道車両基地、ここはすばらしい鉄分補給処&鉄道ファン養成所。(2019/7/9)

消費者庁がLINEモバイルに措置命令 Webサイトの表記に「優良誤認」
消費者庁が、LINEモバイルに対して景品表示法に基づく措置命令を発出。LINEモバイルの「エントリーパッケージ」に関する同社Webサイトの表記が同法第5条第1号に定める「優良誤認」に抵触したことに伴うもので、すでに表記は改善されている。(2019/7/2)

全社員が無関係ではない
間もなく開始の「軽減税率」、情シスも経理部も事業部も対策は万全か?
軽減税率は全ての企業活動に影響する重要事項であるにもかかわらず、対策がいまだ十分になされているとはいえない。制度スタートまでに対策を講じておくべきポイントをまとめた。(2019/5/28)

個人利用だけでない「AR」「VR」とHMDの使い道【前編】
社員研修や人材採用に「VR」(仮想現実)をどう生かせるのか?
コンシューマー用途が目立つ「VR」(仮想現実)技術を、ビジネスに生かそうとする動きがある。ベンダー各社の製品から、その動向を追う。(2019/5/24)

工場や病院、店舗などの“現場”に特化:
日本マイクロソフトがオープンする謎の施設? 「X(クロス)インテリジェンス・センター」が生まれた背景
日本マイクロソフトは2019年6月に、顧客企業向けの「X(クロス)インテリジェンス・センター」をオープンする。その内容について紹介した記者会見からは、現場のコミュニケーションが業務を大きく変える様子が見えてきた。(2019/4/23)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第17回】
「人の脆弱性」がセキュリティ最大のリスク どうやって「最悪の事態」を想定する?
どれだけシステムにセキュリティ対策を施しても、最後に残るのは「人の脆弱性」。全社員に「情報漏えいが起きたら大変なことになる」と意識付けるにはどうすればよいか――ポイントは「情報の洗い出し」です。(2019/4/1)

500以上のコンテンツが利用できる:
セールスフォース・ドットコム、企業向け学習プラットフォーム「myTrailhead」の提供開始
セールスフォース・ドットコムは社員教育に向けたプラットフォーム「myTrailhead」の提供を開始した。分野が多岐にわたる500以上のコンテンツが無料で利用できる。管理者は、チームメンバーの学習状況やスキルを把握できる。(2019/3/7)

マルエツがNECのRPAを導入 交通費精算と会計システム入力の工数を約9割削減
スーパーマーケットチェーンのマルエツは、NECのRPAのソリューションを導入し、本部経理業務の交通費精算業務と会計システム入力業務を自動化した。(2019/2/21)

人自本部・西巻本部長が明かす:
ZOZO 前澤社長の理想を現場に伝えるマネジャーの「翻訳力」とは?
現場のチームメンバーが自律し、能動的に動けるようになるには、組織のトップの思いやビジョンが現場にまで伝わっている必要があるだろう。どうすればマネジャー職の人たちはそれをうまくくみ取り、社員一人一人に伝えることができるのか。そんなマネジメント術について、“カリスマ経営者”前澤友作氏率いる株式会社ZOZOの採用、社員教育、社内制度などを統括する社長室室長兼人自本部本部長 西巻拓自さんを直撃した。(2019/2/8)

没入感が違う:
「こんな接客は嫌だ」をリアルに体感 そごう・西武がVRのマナー教材を開発したワケ
そごう・西武が社員研修事業に進出する。VRを使って“最悪の接客”と“適切な接客”を体験できるコンテンツを開発した。新規事業立ち上げの苦労とは?(2019/1/21)

社内資格制度や大学の教育プログラムを活用
テクノロジーに10億ドル投資する会計事務所 STEM人材をどう採用し育成するか
Ernst & YoungではSTEM人材の採用や、従業員へのAI講座の提供などを行っている。追求するのは、急速な時代の変化を有効に生かせるデジタルビジネスモデルだ。(2018/12/18)

ダイドーの新卒採用アカウントに不正ログイン 採用候補者含む最大約2000人分の個人情報が一時閲覧できる状態に
不正ログインされたアカウントを使って、115件の不審なメールが送られていたことが判明。(2018/12/14)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(13):
設計者は確かに忙し過ぎる――だからといって自己研鑽を怠っていては先はない
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。最終回となる今回は、「これからの設計者CAE」をテーマに筆者の考えを示します。(2018/12/10)

社員教育や採用にフォーカス
ジョンソン・エンド・ジョンソン、アクセンチュアなどが語る「人事部門で使えるテクノロジー」
Accenture、Johnson & Johnsonなど大手企業のリーダーが、人事(HR)業務の最優先事項について語った。各社のHRテクノロジーの導入効果と、導入の際に重視すべきポイントとは。(2018/12/4)

ERPの概念と基本的な要素とは?
いまさら聞けないERPシステムの基礎知識、導入形態やコンポーネントを理解する
クラウド、オンプレミス、ハイブリッドのどの導入形態を選ぶにしても、ERPシステムの選択は簡単なことではない。本稿では、メリット、課題、核となるコンポーネントなど、ERP購入時に必要な基礎知識を紹介する。(2018/11/20)

面接官はつらいよ:
学生から人気のない「圧迫面接」、実は2種類ある
就活では、新卒・中途を問わず面接が必ずあります。面接を受けるのは憂うつだと感じる人は少なくない……どころか嫌なものと思うのが普通です。一方面接をする側、面接官はどんな気持ちなのでしょうか?(2018/10/24)

【週刊】ママさん設計者 番外編:
長野県の町工場コミュニティーSESSAの切磋琢磨っぷり(前編)
2014年から町工場のコミュニティー化に取り組み、協業ならではの高いテクノロジーで医療機器分野に貢献することを目的に設立された、長野県諏訪市の任意団体 SESSAを紹介します。(2018/10/10)

企業の存続に関わる後継者問題
「社内で7人のCEO候補者を確保」、企業が常に考えるべき後継者計画とは?
企業や人事部のリーダーはなぜサクセッション(後継者)管理が大切なのか、企業や人事部のどの人員がサクセッション管理に関わる必要があるのかを知らなければならない。(2018/9/28)

モノづくり最前線レポート:
インダストリー4.0時代に最適な働き方とは何か、“Work4.0”が示す道
ロボット革命イニシアティブ協議会は「第4次産業革命下における製造業の人材育成について」をテーマに、RRI“Work4.0”セミナーを開催。日本とドイツの両国での人材育成の状況把握や課題認識などについて意見交換を行った。(2018/9/26)

“負け組”だからこその戦略:
ピンチをチャンスに変えてきた――旭酒造・桜井会長が振り返る「獺祭」と歩んだ日々
日本酒「獺祭」を製造する旭酒造の桜井博志会長が、東京工科大学(東京都八王子市)で行われた特別講義に登壇。「獺祭」を世界的なブランドに育てる上で味わった苦労や、酒づくりに対するこだわりなどを語った。(2018/9/13)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。