「工作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「工作」に関する情報が集まったページです。

ウイスキーの空き箱からダークファンタジー感溢れる騎士が誕生……! 工作とは思えないビジュアルに衝撃
これを作るためのパッケージだったと勘違いしてしまいそうになる……。(2019/5/19)

金属3Dプリンタ:
“量産”に使える金属3Dプリンタ、カギとなる技術を三菱重工工作機械が開発
三菱重工工作機械は海外市場に向けて金属3Dプリンタの展開を開始することを発表した。2019年5月20〜23日に米国デトロイトで開催される先端立体造形技術の見本市「RAPID+TCT2019」で、金属3Dプリンタ「LAMDA」を披露し、世界初となる関連技術「モニタリングフィードバック機能」や「ローカルシールド機能」などを紹介する。(2019/5/17)

FAニュース:
産業用ロボットや工作機械向けの精密制御用サイクロ減速機
住友重機械工業は、産業用ロボット、工作機械、FA機器などの用途に使用される「精密制御用サイクロ減速機DA」シリーズを発売した。機器ラインアップを27種類に拡充し、装置にあった最適な機種を選定できる。(2019/4/18)

FAニュース:
CNC装置に対応した工作機械向けプロトコルコンバーター、スマート工場化に貢献
サイレックス・テクノロジーは、CNC装置に対応した工作機械向けのプロトコルコンバーター「FBR-100AN」を発表した。MT Connect対応の稼働監視システムや上位システムと工作機械を容易に接続できるため、生産現場のスマート化を支援する。(2019/4/5)

FAニュース:
フレキシブル旋回主軸を搭載した5軸マシニングセンタ、主軸の旋回角度230度
ジェイテクトは、フレキシブル旋回主軸を搭載した5軸マシニングセンタ「FH630SX-5A」を発売した。パレット上の積載質量は1500kgで、主軸の旋回角度が230度と広いことから、多様な工作物に対応する。(2019/4/3)

FAニュース:
文字レス対話ソフトを搭載した精密平面研削盤、3次元機上測定装置も搭載
岡本工作機械製作所は、CNC超精密平面研削盤「UPG-CALi」シリーズを発表した。生産現場のグローバル化を視野に入れた文字レス対話ソフトと、3次元機上測定装置を搭載している。(2019/3/26)

FAニュース:
スリムで高いロック強度特性を備えるソレノイド付き安全スイッチ
IDECは、ロック強度が高く、従来製品から大幅にスリム化したソレノイド付き安全スイッチ「HS1T形」を発表した。ロック強度が高いため、ロックの強度不足による故障が懸念される大型工作機械の扉や自動車製造設備などに適している。(2019/3/19)

VRニュース:
任天堂、手軽にVRゲーム体験ができる工作キットを発売
任天堂は、「Nintendo Labo」シリーズの新作として「Nintendo Labo: VR Kit」を発表した。段ボール製の工作キット「Toy-Con」を組み立て、Nintendo Switchと組み合わせることで手軽にVRゲームを楽しめる。(2019/3/18)

コインを入れるとお客さんの髪がサッパリ 小学生の工作「ちょっきん貯金箱」の散髪ギミックが天才的
小学生でこれはすごいっ。(2019/3/14)

FAインタビュー:
工作機械でも進む「つながる化」、欧州では「umati」に注目
工場のスマート化などが進む中、工場で使用される工作機械でも通信への対応などに大きな注目が集まっている。ドイツの国際金属加工見本市「EMO Hannover」を主催するドイツ工作機械工業会(VDW)のEMOハノーバー マネージングダイレクターであるクリストフ・ミラー氏に工作機械の最近の傾向について聞いた。(2019/3/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの「スパイ工作の証拠」を米国が示さない理由
中国の通信機器大手、ファーウェイを巡る情報が飛び交っている。排除を進める米国に対して「スパイ工作の証拠はない」と主張。トランプ大統領がファーウェイ排除の「見直し」を検討しているという話もある。今、ファーウェイ問題はどうなっているのか。(2019/2/28)

「より多くの子どもたちに『工作のたのしさ』を伝えたい」 YouTuberになった「ワクワクさん」デビューした理由を聞く
ワクワクさんは今でもワクワクさんでした。(2019/3/3)

「明和電機」初のオフィシャルショップが秋葉原に3月オープン 「ジャンク屋」的な混沌を目指したスペースに
電子工作系クリエイター向けのレンタルスペースも併設。(2019/2/19)

FAニュース:
欧州工作機械展「EMO」、インダストリー4.0、積層造形、5Gなどに注目
日本能率協会は2019年2月18日、ドイツのハノーバーで開催される国際金属加工見本市「EMO Hannover 2019」(2019年9月16〜21日)の概要を発表し、日本からの出展や来場者の拡大を呼びかけた。主催はドイツ工作機械工業会(VDW)で、ドイツメッセが協力を行う。国内ではドイツメッセと代理店契約を結ぶ日本能率協会が普及促進活動を行っている。(2019/2/19)

企業戦略:
工作機械のインテリジェント化に向け10年先を見据えるDMG森精機がIoTでMSと協業
日本マイクロソフトと工作機械大手のDMG森精機は、IoT(Internet of Things)関連の取り組みで協業することを「IoT in Action Tokyo」(会期:2019年1月22日)の基調講演で明らかにした。本稿では、その具体的な中身とDMG森精機がAzureを選択した背景、そしてマイクロソフトが掲げる「Tech Intensity」を象徴するDMG森精機のビジョンについて紹介する。(2019/1/30)

任天堂、キッザニアに「ゲーム会社」 Nintendo Labo活用、今夏オープン
任天堂が「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」にパビリオンを今夏オープンする。段ボール工作キット「Nintendo Labo」を活用する。(2019/1/28)

工作機械の支援サービス「CELOS Club」をAzureでクラウド化 エッジのインテリジェント化も視野に――日本マイクロソフトとDMG森精機が協業
DMG森精機は、日本マイクロソフトと協業し、工場の生産性を継続的に向上するソフトウェアソリューション「CELOS Club」を「Microsoft Azure」上に移行する。工作機械のデータをAzureのAIで分析し、機器の予防保全や生産工程の効率化などにつなげることも可能になる。(2019/1/24)

IoT in Action Tokyo:
マイクロソフトとDMG森精機の協業が第2段階へ、工作機械をインテリジェント化
日本マイクロソフトは、IoTをテーマとするパートナーイベント「IoT in Action Tokyo」でDMG森精機との協業を発表した。同イベントの基調講演には、日本マイクロソフト 社長の平野拓也氏と、DMG森精機 専務執行役員の川島昭彦氏が登壇し、両社が目指すIoT活用の方向性を示した。(2019/1/23)

「4600台の工作機械が常時データを吐き出す」 “自前”は限界、クラウド移行に踏み切った工作機械メーカー
工作機械メーカー、DMG森精機が自社サービスにMicrosoft Azureを導入。顧客の工作機器から収集したデータをクラウド上で分析する。(2019/1/22)

製造現場のIoT活用を成功に導く5つのポイント(4):
工作機械とクラウドをどうつなぐ? 製造業IoTで考慮すべき「通信」について
IoTコンサルタントとして、主に製造業でのIoT導入を支援してきた筆者の経験を踏まえ、工場(製造現場)におけるIoT導入を進める上で「まず考えておくべきこと」や「気を付けておきたいポイント」などを詳しく解説する。連載第4回は、工場内の各機器とクラウドサービスなどをつなぐ「通信」について取り上げる。(2019/1/18)

スマート工場EXPO2019:
あらゆる産業機器の接続ソリューションを提供、特殊な工具なしの結線体験も
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「第3回 スマート工場 EXPO」(2019年1月16〜18日、東京ビッグサイト)において、産業用ロボットや工作機械、半導体製造装置、サーボドライブシステムなどのFA機器全般に向けて、さまざまな接続ソリューションを出展する。(2018/12/28)

あの「ベーマガ」が15年ぶり“再創刊”! 「電子工作マガジン」12月19日号の別冊付録として
創刊号掲載プログラム「エイリアンフィールド」も2018年版になって復活。(2018/12/14)

JIMTOF2018:
若者に支持される町工場の作り方、事業承継の苦労と工夫
「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)の特別講演として、ダイヤ精機 代表取締役の諏訪貴子氏が登壇した。「町工場の娘〜ダイヤ精機代表取締役諏訪貴子氏に学ぶ2代目の事業継承〜」をテーマに、急な事業引き継ぎにもかかわらず、従業員の力を集結し危機を乗り越えた「経営改革」、若手採用に当たって自社の強みを効果的に伝える重要性や、キメ細やかな育成方針で退職を防止する「人財育成」などについて紹介した。(2018/12/10)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
「危険の研修こそVRの出番」 積木製作に聞く「研修用VR」ビジネスの現状
建設現場で起こる高所からの落下や、工作機械への巻き込まれ事故など、危険な体験をVRでシミュレーションする研修用VRコンテンツが注目を集めている。こうしたコンテンツを手掛ける積木製作に話を聞いた。(2018/12/11)

JIMTOF2018:
クリエイティブな仕事こそAIに奪われる? AIと人間の望ましい関係とは
「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)の特別講演として、情報学研究所教授、総合研究大学院大学教授、東京工業大学特定教授、人工知能学会前会長・顧問の山田誠二氏が登壇。「人と機械の“調度よい”関係を探る」〜AI活用の現状と今後の可能性〜」をテーマにHAI(ヒューマンエージェントインタラクション)、IIS(知的インタラクティブシステム)の開発状況など、これからのビジネスにおける可能性について紹介した。(2018/12/7)

FAニュース:
AIを活用した工作機械の自己診断技術による主軸軸受の診断機能
オークマは、AIを活用した工作機械の自己診断技術OSP-AIによる主軸軸受の診断機能を開発した。自己診断により主軸損傷の予兆を検知できるため、予知保全ができる。(2018/11/26)

スタバのカップが「トトロ」の名場面に!? ロゴの人魚を変身させる工作がInstagramで人気
人魚の顔だけを生かし、さまざまな場面にアレンジしています。(2018/11/23)

JIMTOF2018:
レーザー加工だけで実現する撥水効果、金型表面に施し離型効果2割以上増加
牧野フライス製作所は「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」において、切削加工だけで撥水効果をもたらす加工パターン「ロータスパターン」を紹介した。(2018/11/19)

電気自動車:
EVの進化は生産技術に懸かっている、「車体重量半減」「全固体電池の量産」
「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)の基調講演に、日産自動車 取締役副社長で生産事業担当の坂本秀行氏が登壇した。電気自動車(EV)「リーフ」の初代モデルと、2代目となる現行モデルの開発を担当した同氏が、EVの進化に必要な技術を生産の側面から語った。(2018/11/19)

FAニュース:
AIを活用してドリル加工の異常を検知する診断技術を開発
オークマは、NECと共同で、AI(人工知能)を活用して工作機械が自律的にドリル加工を診断する技術「OSP-AI 加工診断」を開発した。リアルタイムにドリル加工の異常を検知し、摩耗状態を可視化して、工作物の損失や工具費用を大幅に削減する。(2018/11/16)

FAメルマガ 編集後記:
一石二鳥のチャンスをつかむ工作機械メーカーの幸せ
よくよく考えるとものすごく恵まれているのかもしれません。(2018/11/16)

JIMTOF2018:
汎用技術を寄せ集めたAI搭載マシニングセンタ、“つながる機械”の可能性示す
ベッコフオートメーションと駿河精機、コアコンセプト・テクノロジーの3社は「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、IoTやAIなどの機能を組み込んだ小型マシニングセンタを参考出展した。(2018/11/13)

JIMTOF2018:
超大型機械でこそ生きるIoT、東芝機械が新基盤「machiNet」を訴求
東芝機械は「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」において、独自のIoTコンセプト「IoT+m」によるIoTプラットフォーム「machiNet(マシネット)」の価値を訴えた。(2018/11/12)

JIMTOF2018:
フィン造形やギア加工が1台で! ハイブリッド複合加工機の魅力
ヤマザキマザックは、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、青色レーザーを用いた金属積層造形、摩擦撹拌(かくはん)接合、ギア加工・計測機能を備えた“ハイブリッド”複合加工機をそれぞれ展示し、同社が持つ工程集約技術を訴求した。(2018/11/9)

JIMTOF2018:
石フレームのMCと3mmでつかめるバイス、ドイツの工作機械たち
愛知産業は、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、HERMLE(ハームレ)製5軸マシニングセンタやLANG(ラング)製クランプシステムなどを展示した。(2018/11/8)

JIMTOF2018:
頭脳を持つ製造機械は“計画的に止まる”、ファナックがAIの用途拡大
ファナックは「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、製造機械におけるAI活用の多様なソリューションを出展した。新たに主軸の故障監視や熱変異補正、AIサーボチューニングなどを紹介している。(2018/11/8)

JIMTOF2018:
日本精工が軸受診断技術「ACOUS NAVI」を展開拡大、「FIELD」「Edgecross」にも
日本精工は、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」において、独自の軸受診断技術「ACOUS NAVI(アコースナビ)」の展開を拡大する方針を打ち出した。(2018/11/8)

JIMTOF2018:
高精度X線CTに測定データ一元管理――カールツァイスの検査ソリューション
Carl Zeiss(カールツァイス)は「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、同社の工業用X線CTや測定データ管理ソリューションなどを訴求した。(2018/11/7)

JIMTOF2018:
工作機械でトポロジー最適化したらこうなった――DMG森精機
DMG森精機は「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、金属積層造形技術の価値を訴求するために、トポロジー最適化を駆使して実現した工作機械を参考出典した。(2018/11/7)

JIMTOF2018:
リニアガイドのレールをCFRP製に、軽量ながら金属製と同等の剛性を実現
日本トムソンは、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」において、CFRP(炭素繊維強化樹脂)製のレールを参考展示した。(2018/11/7)

JIMTOF2018:
毎秒15mの超高速LMガイドは「技術の証」――THK
THKは、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」において、毎秒15mもの速度で動く超高速LMガイドのデモンストレーションを披露した。(2018/11/7)

JIMTOF2018:
“工場丸ごと”のIoTソリューション、村田機械が提案
村田機械は、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」において、さまざまなIoT(モノのインターネット)プラットフォームとつなげる「ムラテックIoTソリューション」をはじめ、工場をスマート化するためのIoTやAI(人工知能)の関連技術を一同に集めて披露した。(2018/11/6)

JIMTOF2018:
つながる工作機械を推すマザック、クラウドとオンプレの両輪で戦う
ヤマザキマザックは2018年11月2日、IoT(モノのインターネット)を活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT(マザック アイコネクト)」について、2019年4月から提供を開始すると発表した。(2018/11/6)

FAニュース:
高精度仕上げや精密な歯車の量産ラインに対応可能な歯車研削盤
三菱重工工作機械は、高精度仕上げや精密な歯車の量産ラインに対応可能な歯車研削盤「ZE16C」「ZE26C」を発表した。構造面の見直しにより剛性や加工精度が向上し、非加工時間が従来の約半分に短縮している。(2018/11/5)

JIMTOF2018:
熱流束を検知して工作機械主軸の焼き付き防止、NTNのセンサー内蔵軸受ユニット
NTNは、「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」において、マシニングセンタなど工作機械主軸用のセンサー内蔵軸受ユニットを参考出品するとともに、独自開発のパラレルリンク構造を用いた手首間接モジュール「i-WRIST(アイリスト)」のデモを披露した。(2018/11/5)

JIMTOF2018:
旋盤内部にロボット組み込みました――オークマの提案
日系工作機械メーカーの雄であるオークマは、JIMTOFにCNC旋盤の加工室内部にロボットアームを組み込んだロボットシステム「ARMROID(アームロイド)」を出展し、多くの来場者の注目を集めた。(2018/11/2)

JIMTOF2018:
工作機械がつながった先には何があるのか、JIMTOFが開幕
「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」が開幕。「IoT オープニングディスカッション」として、主催団体会長の日本工作機械工業会会長の飯村幸生氏らが登壇し、「つなぐ」からその先の価値創出へと急ぐ必要性を訴えた。(2018/11/2)

JIMTOF 2018 開催直前情報:
工作機械は“盛って”“つなげて”が当たり前に、JIMTOFプレビュー
2018年11月1〜6日に開催される「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」だが、前回の2016年開催に引き続き、「IoT活用によるつながる化」と「金属積層造形」が大きなテーマとなりそうだ。注目の展示テーマをプレビューする。(2018/10/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
「米粒スパイチップ」だけじゃない 中国に“情報を盗まれる”恐怖
米大手企業に対する中国のハッキング疑惑が報じられ、話題になった。しかし、その手口はこれまでも世界中で行われてきたサイバー工作だ。中国があの手この手で実践してきた、ターゲットが気付かないうちに膨大な情報を盗み出す手法とは……(2018/10/18)

「ロシアは戦争状態」:
スパイ騒動で浮かび上がるロシア軍の「戦時モード」
国外では、ロシアの軍事スパイはヘマばかりするとして嘲笑の対象になっている。だが、ロシア政府の外交政策に対する軍の影響力は増大しており、軍が「秘密工作(ブラック・オペレーション)」を止める可能性はほとんどない。(2018/10/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。