• 関連の記事

「iQ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iQ」に関する情報が集まったページです。

スマートファクトリー:
PR:アジアで評価急上昇、“元祖”スマート工場「e-F@ctory」が受け入れられるワケ
スマート工場化へのニーズがアジアでも広がる中、三菱電機が推進するFA−IT統合ソリューション「e-F@ctory」が拡大している。「e-F@ctoryアライアンス」を各地で設立するなど、ソリューション提案の体制強化なども進み本格的な拡大が進んでいる。2019年10月22日〜24日にシンガポールで開催されたIndustrial Transformation ASIA PACIFIC(ITAP)での三菱電機の出展内容と東南アジアでの取り組みについて紹介する。(2019/11/28)

医療機器ニュース:
低被ばく、高速ワークフロー、高画質に特化したPET/CTシステムを発売
GEヘルスケア・ジャパンは、低被ばく、高速ワークフロー、高画質に特化した新機能を搭載するPET/CTシステム「Discovery IQ 2.0」シリーズを発売した。再構成アルゴリズム「Advanced MotionFree」などを搭載する。(2019/11/15)

「拡張分析」の用途5選【後編】
「拡張分析」で全社員がデータサイエンティストになる?
拡張分析はユーザー企業にどのような恩恵をもたらすのか。今回は代表的な5例の中からシチズンデータサイエンティスト、組織内の知識活用、洞察の自動化について紹介する。(2019/10/30)

日本TI TPS638xxファミリー:
最大2.5Aの統合型非反転昇降圧DC-DCコンバーター
日本テキサス・インスツルメンツは、統合型非反転昇降圧DC-DCコンバーター「TPS638xx」ファミリーを発表した。出力電流2Aの「TPS63802」「TPS63805」、同2.5Aの「TPS63806」「TPS63810」の4種を提供する。(2019/10/23)

キター トヨタ、未来のFCV「次期MIRAI」初公開 市販決定「チョロQっぽいミニEV」も2020年発売
トヨタブースは「未来人」が出迎えてくれるそうです。【写真40枚】(2019/10/22)

MicrosoftがSurfaceイベントで発表したことまとめ
Microsoftがニューヨークで開催したSurfaceイベントで発表した新製品6モデルをまとめた。折り畳みタブレットの「Surface Neo」と電話にもなる「Surface Duo」は2020年ホリデーシーズン発売の予定だ。(2019/10/3)

容易に業者を選定、プロジェクト管理もできる:
AWS、中堅・中小のユーザー組織と専門家を直接結ぶ「AWS IQ」を発表
Amazon Web Services(AWS)は2019年9月30日、ユーザー組織とAWS認定の専門家/パートナーを直接マッチングする新サービス、「AWS IQ」の一般提供開始を発表した。プロジェクト管理やアクセス権管理も容易にできるという。(2019/10/1)

アイマス声優の小松昌平、高IQ団体「MENSA」に合格 先輩会員の小岩井ことりもすぐに反応
ドヤ顔したくもなる。(2019/9/17)

細かい制御や連携に強み
人工知能を使う「AIOps」ツールと従来の運用管理ツールとの違いは?
従来のIT監視ツールは限られた範囲の情報しか得られず、見落としなどのミスを生みやすい。人工知能(AI)技術によって運用を自動化する「AIOps」ツールを使えば、こうした監視範囲の制限を克服できる。(2019/9/2)

マキシム MAX17301、MAX17311:
2段階のバッテリー保護機能装備の残量ゲージIC
Maxim Integrated Productsは、2段階のリチウムイオンバッテリー保護機能を備えた、1セル残量ゲージIC「MAX17301」「MAX17311」を発表した。深刻な障害状態時には、第2の保護ICを優先させるか、ヒューズを飛ばして障害発生を防止する。(2019/8/30)

MF-Tokyo2019:
“止まらない”板金工場を描く三菱電機、AI搭載レーザ加工機と自動仕分け機で
三菱電機は、「プレス・板金・フォーミング展 MF-Tokyo2019」(2019年7月31日〜8月3日、東京ビッグサイト)において、AI搭載で“止まらない”レーザー加工機と自動仕分けシステムを紹介。個々の機器にとどまらない、総合的な生産性向上を訴えた。(2019/8/5)

将来のクラウド活用やDXを見据えた選択を:
PR:「オールフラッシュはまだ高い」は本当か? 限られた予算でデータ管理を“モダナイズ”するための最適解
オールフラッシュのメリットは十分に理解しているが、問題は価格──。中堅・中小企業からはそんな声を聞く機会が増えてきた。オールフラッシュストレージは、エントリー向けの最小構成モデルでも導入時に500万円を超えるケースがほとんど。そんな中、ネットアップが中堅・中小企業でも手が届く新たなオールフラッシュモデルを提供開始した。最小構成で270万円からという新モデル「AFF C190」を投入した狙いを、ネットアップの神原豊彦氏と大野靖夫氏に伺った。(2019/8/8)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
スマホの急速充電に使いたいUSB PD対応アクセサリー
USBの急速充電規格であるPowerDeliveryを使うと、スマートフォンの場合、最大18W程度で素早く充電できる。PDを利用するには、対応を明記する充電ケーブルや充電器、モバイルバッテリーなどを使う必要がある。本稿では、おすすめの周辺機器を紹介したい。(2019/7/1)

日本法人設立のThoughtSpot、他社のセルフサービスBIツールとの決定的な違いは?
データ分析プラットフォームのThoughtSpotは、これまでになかったセルフサービスBI製品だという。本当にそうなのだろうか。他のセルフサービスBI製品との違いを、独自の視点で探ってみた。(2019/6/27)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
改革に成功するリーダーと失敗するリーダーはどこが違うのか “きれいごとですまない仕事”をやり遂げるために
フジテックCIOの友岡氏とクックパッド情シス部長、中野氏の対談最終回。今回は「改革に成功するリーダーと失敗するリーダーの違い」というテーマで話が進んだ。(2019/6/22)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
多すぎてよく分からない、スマホの「急速充電」規格を整理する
スマートフォンの「急速充電」は、さまざまな規格が乱立している。スマホや周辺機器のメーカーが定めた規格もあり、分かりにくさに拍車を掛けている。規格の種類や出力数など、急速充電にまつわる情報を整理した。(2019/6/16)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
リーダーに大事なのは「IQより愛嬌」? 変革の大敵、“変わりたくない人々”を巻き込む方法
企業の変化を妨げる「変わりたくない人々」。CIOはどうやって彼らを納得させればいいのか。(2019/6/15)

「IQサプリ」が伊東四朗、今田耕司と一緒に5年ぶりに帰ってくる! 今回は“チーム令和”と“平成軍団”の戦いに
“モヤッとボール”の箱ごとぶちまけもある?(2019/6/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
「大麻合法化しようぜ」に感じる“胡散臭さ”の正体 医療大麻の論点とは
有名人が大麻で逮捕されるたびに、日本でも「合法化」が議論になる。だが、医療大麻の話を持ち出す容認派には、医学的な根拠を示して真剣に議論する姿勢が感じられない。医療大麻ビジネスに乗り出しているイスラエルでは、薬剤として適切に取り扱う体制がある。(2019/5/30)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
天才ギレン・ザビの失敗から学ぶ 宇宙世紀で生き残れる意外な“スキル”とは
宇宙世紀ではニュータイプなどの才能が活躍。ただ、ギレン・ザビはじめ必ずしも天才が生き残れる訳ではない。真に必要な“スキル”とは?(2019/5/29)

RPAで仮想環境での作業や非構造データ処理の自動化が可能に
オートメーション・エニウェアは、RPA関連の2製品「IQ Bot 6.5」と「Automation Anywhere Enterprise 11.3.2」を発表した。仮想環境での利用や、bot開発時の利便性を向上させた(2019/5/27)

シルエットが美しい……! 32万個のレゴで作った原寸大「シビック タイプR」豪ホンダが公開 1300時間かけて組み上げた力作
いい曲線が出てる。(2019/5/8)

FAニュース:
AI機能を搭載したファイバー2次元レーザー加工機、加工条件を自動調整
三菱電機は、ファイバー2次元レーザー加工機「GX-F」シリーズ3機種を発売した。自社製の新型ファイバーレーザー発振器と、自動で加工条件を調節するAI機能を搭載し、生産性・保全性を向上する。(2019/4/24)

最大44GHz、400MHz幅に対応:
ローデ、5G時代の“ミドルクラス・スペアナ”を発表
Rohde & Schwarzの日本法人であるローデ・シュワルツ・ジャパンは2019年4月12日、都内で記者会見を開き、スペクトラムアナライザー(スペアナ)の新製品「R&S FSV3000」と「R&S FSVA3000」を発売したと発表した。2つの新製品は、周波数40GHz前後まで対応し、価格数百万円クラスのミドルエンド領域のスペクトラムアナライザー。従来のミドルエンド機に比べ、対応する帯域幅を拡大させるなどし、需要が増加している第5世代移動通信(5G)対応機器の開発、製造用途に対応する性能を備えた。(2019/4/15)

小岩井ことりがMENSA会員に! きっかけは「IQテストで遊んでみたらスコアが良かったので」
かわいくて天才って最高かよ。(2019/4/3)

UIデザインの次の大きな波
Google Empathy Labのアプローチは“デザイン感覚” 共感型UIを追求する
Google Empathy Labの責任者であるダニエル・クレテック氏が、国際カンファレンス「Wisdom 2.0」で、UIデザインの次の大きな波について解説した。それは人々の痛みや幸福といった感情を感じる技術だ。(2019/4/2)

FAニュース:
CC-Link IE TSNに対応し高速で高精度な位置決めをするサーボシステム
三菱電機は2019年3月7日、生産設備などに組み込み、高速で高精度な位置決めを実現する汎用ACサーボ「MELSERVO-J5シリーズ」67機種と「MELSEC iQ-Rシリーズ モーションユニット」7機種を2019年5月7日に発売すると発表した。(2019/3/29)

「また出ていただきます」 「SICK'S 覇乃抄」堤幸彦監督、宇垣美里アナの演技に再起用を約束
“女優”宇垣美里の誕生も近そう。(2019/3/18)

やっぱりMT! 走りを楽しむ「200万円そこそこで狙えるMT小型スポーティーカー」6選
探せばあるのでしょうか。(2019/2/25)

SPECサーガ完結篇「SICK’S 恕乃抄」が地上波で放送決定 Paraviでは放送後に続編配信スタート
待ちに待ってた!(2019/2/18)

ある人、ない人:
ビジネスセンスを磨くにはどうすればいいのか
サラリーマンであれ、起業家であれ、うまく問題を解決し、結果を出す人と、同じようなインプットと行動をとっているように見えても、まったく結果を出さない人がいる。何が違うのだろうか。(2019/2/18)

人間のAI化が問題:
AIに職を奪われないための「メタ能力=能力をひらく能力」
AIが人間の職を奪うかどうかの議論において真の問題は、AIの高度化ではなく、むしろ人間のAI化です。つまり、人間がAIと同じ土俵に下りてしまっていて、物事の処理能力で競走をすることです。それを防ぐのは能力の高次化ではないでしょうか。(2019/2/4)

70年ぶりの法改正:
“ニッポン漁業”は成長できるのか?
2018年12月の臨時国会で、70年ぶりとなる改正漁業法が成立した。同法案の改正は、企業の新規参入を促すなど、漁業を成長産業につなげるための第一歩となるのだ。(2019/1/30)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「いい加減にしてよアグネス」から30年 “子連れ出勤”論争に根付く3歳児神話の呪縛
30年前のアグネス論争がきっかけで生まれた言葉「子連れ出勤」。いまだに政治家が「3歳児神話」を持ち出し、批判されている。まだまだ子連れ出勤には課題がある。難しい問題だが、神話ではなく「ケア」の考え方が必要だ。(2019/1/25)

代表的製品を紹介
IT運用向け人工知能「AIOps」活用で仮想インフラの管理をスムーズに
仮想インフラはますます複雑になり、管理が難しくなってきている。「AIOps」を利用すれば、管理者はデータを手動で加工することなく有益な情報に変換できるようになる。(2019/1/24)

ITはみ出しコラム:
世界を席巻する「GAFA」 Google、Apple、Facebook、Amazonの2018年まとめ
昨今は「GAFA」とまとめて呼ばれることも多い、Google、Apple、Facebook、Amazon.com。世界を騒がせたこの4社の2018年を振り返ります。(2018/12/30)

AIアシスタントIQテスト、「Googleアシスタント」がトップで「Siri」が2位
「Googleアシスタント」、Appleの「Siri」、Amazonの「Alexa」、Microsoftの「Cortana」に800件の質問をした結果、正解率が最も高かったのはGoogleアシスタントだったと、Loup Venturesが調査の結果を報告した。(2018/12/21)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンとその系譜に見る、「国力」とは何か?
我々はしばしば「国力」という言葉を使う。国力とは、GDPといったフローの経済指標だけでは測れず、保有する資源や資産というストックも含めた、広い概念なのだ。そこで今回は、ガンダム作品の敵役であるジオンとその系譜を題材に、国力について考察する。(2018/12/10)

「日本人の9割は90%」「IQが5億にアップしました!」 同人CD特設サイトが宇宙的センスでトレンド入りの快挙
5000兆円のところが今だけ500円! 99.9999999999999%引き!!(2018/11/20)

可能性は無限大? スマホでなんでもスイッチをオン・オフできるガジェット「SwitchBot」がめっちゃ力技
タイマー機能もあるよ!(2018/11/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
「才能ある貧乏」と「無能な金持ち」はどちらが成功する? 浮かび上がった不都合な事実
遺伝子から子供の才能を調査し、育つ家庭の裕福度によって学歴がどう変わるかを明らかにした研究が話題になっている。「才能」と「環境」のどちらが将来を決めるのか。その結果から、現代社会の問題も浮き彫りになった。(2018/10/25)

グレートですよこいつはァ 勢いに圧倒されるカオス漫画「ジョジョに奇妙な昔話」が拾いきれないネタの数々
またまた笑わせていただきましたァン!(2018/10/22)

プライバシー侵害の懸念も
iPhone XSでも採用 「顔認識」は利器か“凶器”か
顔認識技術がビジネスにもたらす可能性は幅広い。一方でプライバシーの侵害につながるのではないかという懸念もある。顔認識技術とどう向き合い、どう活用すべきなのか。(2018/9/24)

13〜110GHz帯域をカバー:
キーサイト、高性能オシロに13G〜70GHz帯モデルを追加
キーサイト・テクノロジーは、オシロスコープ「Infiniium UXRシリーズ」に、13G〜70GHz帯域の13モデルを追加する。発表済みの80G〜110GHz帯域モデルを含め、必要な時期に帯域を最大110GHzまで拡張することができる。(2018/9/21)

あらためて「有明プロジェクトとは」:
「ファーストリテイリングがGoogle Cloudと協業」の本当のインパクトは何か
「情報製造小売業」を目指すファーストリテイリングが、「有明プロジェクト」でGoogle Cloudと協業していることを明らかにした。具体的には何をやろうとしているのだろうか。(2018/9/20)

IDC Japan:
ウェアラブルデバイスの世界出荷台数、2022年に1億9976万台
IDC Japanは、2022年までのウェアラブルデバイスの「世界/国内出荷台数予測」および「市場動向予測」を発表した。(2018/8/22)

ウェアラブルニュース:
2022年のウェアラブルデバイス出荷台数は、全世界で1億9976万台を予測
IDC Japanは、2022年までのウェアラブルデバイスの「世界/国内出荷台数予測」および「市場動向予測」を発表した。2018年の全世界の出荷数は前年比8.2%増の1億2489万台で、2022年には1億9976万台の出荷を予測する。(2018/8/6)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「キラキラ広報」に未来はあるのか 仕事と外見の問題を考える
「キラキラ広報」という言葉を聞いたことがあるだろうか。文字通り、雰囲気がキラキラしている広報担当者のことを意味するが、彼女たちはどういった振る舞いをしているのか。また、どのように接すればいいのか。(2018/8/3)

経営情報ダッシュボードに必須
企業が設定すべき「KPI」(重要業績評価指標)10選
KPIは企業目標の達成度を評価するのに役に立つ。有益な経営情報ダッシュボードを作成するための適切なKPIは、どのように選べばよいのだろうか。本稿では、主要なKPIを10件紹介する。(2018/8/1)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年6月版】:
モノづくりのノウハウとIoTを融合させたパナソニックの現場カイゼンプロセス
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、多品種少量生産拠点としての顔と、先進技術の実証実験場としての顔を併せ持つ、パナソニック佐賀工場の取り組みを紹介した記事が第1位を獲得しました。その他、ある有名な問題を取り上げた組み込みエンジニアの現場力養成ドリルや、地下足袋型トレーニングシューズの開発秘話に注目が集まりました。(2018/7/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。