• 関連の記事

「中小サプライヤのための実践的ISO26262導入」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

自動車向け機能安全規格ISO 26262に取り組む中小の自動車部品サプライヤを対象に、実践的な施策を紹介する連載記事です。

中小サプライヤのための実践的ISO26262導入(5):
「プロセス実装」のポイント(その2):システム設計
中小サプライヤを対象に、ISO 26262に取り組む上での実践的な施策について紹介する本連載。第5回は、「プロセス実装」のポイントのうち、第4回の後半で説明したISO 26262のPart4に当たるシステム設計についてさらに掘り下げる。(2014/8/6)

中小サプライヤのための実践的ISO26262導入(4):
「プロセス実装」のポイント(その1):機能安全管理プロセス
中小サプライヤを対象に、ISO 26262に取り組む上での実践的な施策について紹介する本連載。第4回は、第3回で基礎を解説した「プロセス実装」のうち、Part2の機能安全管理プロセスについて掘り下げる。Part4〜6のエンジニアリングプロセスについても、ティア1サプライヤの取るべき対策を紹介しよう。(2013/11/13)

中小サプライヤのための実践的ISO26262導入(3):
最初の難関「プロセス実装」にいかにして挑むべきか
中小サプライヤを対象に、ISO 26262に取り組む上での実践的な施策について紹介する本連載。第3回は、ISO 26262の導入に当たって最初の難関となる「プロセス実装」について解説する。「テーラリング」や「DIA(開発インタフェース協定)」という、ISO 26262で頻出する用語についても取り上げる。(2013/6/10)

中小サプライヤのための実践的ISO26262導入(2):
推進組織立ち上げの着実な「準備」がISO26262対応活動の形骸化を防ぐ
中小サプライヤを対象に、ISO 26262に取り組む上での実践的な施策について紹介する本連載。第2回は、機能安全対応の推進役が決まった後の「準備」について解説する。(2013/3/8)

中小サプライヤのための実践的ISO26262導入(1):
ISO26262対応を始める前に理解しておくべきこと
国内の自動車メーカー各社や大手ティア1サプライヤは、自動車向け機能安全規格であるISO 26262への対応を加速させている。その一方で、中規模以下のサプライヤは、ISO 26262対応を進められていないのが現状だ。本連載では、中小サプライヤを対象に、ISO 26262に取り組む上での実践的な施策について紹介する。(2012/12/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。