「最適化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「最適化」に関する情報が集まったページです。

マーケティングをアップデートする:
パナソニックが実践するCDP活用 コモディティ化した家電を「買ってもらうための訴求」とは
CDP(Customer Data Platform)を活用した広告運用、Webサイト最適化、そして顧客理解の深化について、パナソニックの国内家電部門におけるデジタルマーケティング担当者が語った。(2020/6/5)

IT関連業務の外部委託コストを最適化――ガートナーがフレームワークを発表
国内企業は、海外企業と比べIT関連業務を外部委託する傾向がある。企業が全社のコストを見直している今、ITリーダーたちは、ITの外部委託コストの削減はもちろんのこと、将来を見据えた根源的な対策を取る必要がある。(2020/6/3)

組み込み開発ニュース:
野菜や果物が放出するエチレンを常時モニタリングできる小型センサーを開発
物質・材料研究機構と産業技術総合研究所は、植物ホルモンのエチレンを常時モニタリングできる小型センサーを開発した。エチレンの活用により、熟成や保存の管理など食物に関わるシステムを最適化できるため、フードロスの削減につながる。(2020/6/3)

新型コロナ収束後に向けて外部委託コストを最適化:
開発プロジェクトの提案要請書で注意すべき3つのポイントとは ガートナーがフレームワークを発表
ガートナー ジャパンは、企業が外部委託コスト最適化に向けた施策を進めるためのフレームワークを発表した。新型コロナウイルス感染症の流行収束後に向けた活動の第一歩として、同フレームワークを用いて調達プロセスや調達組織を再構築すべきだとしている。(2020/6/3)

IBMの量子コンピュータハッカソンに1700人が参加 “量子プログラマー”の育成進む
米IBMは、5月4日から8日にかけて行った量子コンピュータのハッカソン「IBM Quantum Challenge」の結果を発表した。世界中から1745人が参加し、量子暗号や、量子回路の最適化方法など、量子計算のノウハウを学習したという。(2020/5/28)

レガシーハードウェアの運用ノウハウ【後編】
「VAX」のクラウド移行も可能? レガシーを使い続けるための延命のヒント
ハードウェアは古くなっても生かせる選択肢がある。運用管理やコストを最適化するために古いハードウェアやそこで動くアプリケーションをどのように扱えばよいかを紹介する。(2020/5/27)

FM:
病院建設から運用まで“100日”、新型コロナに立ち向かう新ソリューションをダッソーとAdenが開発
ダッソー・システムズとAdenグループは、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりを受け、武漢市でわずか14日の期間で病院を建設した取り組みを発展させる形で、医療施設の設計から、施工、運用までのライフサイクル全体を最適化させる新たなシステムの開発に着手する。システムが実用化すれば、病室などの3D空間設計をはじめ、建材や医療機器の製造シミュレーション、施工トレーニングなどが可能になる。(2020/5/25)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【前編】
Googleのクラウドデータベース「Cloud SQL」「Cloud Spanner」とは?
データベース管理システムのコストとパフォーマンスを最適化する手段となり得るのが「クラウドデータベース」だ。Googleが提供する豊富なクラウドデータベースの中から「Cloud SQL」「Cloud Spanner」を取り上げる。(2020/5/21)

レノボ、Yoga Tablet2/Yoga Tab3向けの“充電最適化”アップデートを実施
レノボ・ジャパンは、同社製タブレット「Yoga Tablet2」「Yoga Tab3」一部モデル向けソフトウェアアップデートの実施を発表した。(2020/5/12)

日本ケミコン HXDシリーズ、HSDシリーズ:
導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサーに80V品追加
日本ケミコンは、導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサーの「HXD」「HSD」シリーズに、定格電圧80Vの新製品を追加した。電極箔や導電性高分子材料の最適化により、静電容量が大容量化している。(2020/4/28)

製造IT導入事例:
クラレが自家発電所の運用最適化システムを導入、蒸気の需要予測から計画立案
東芝エネルギーシステムズは、IoTを活用した自家発電所の運用最適化システムを、クラレから受注した。気象変動や事業所内の電気、蒸気の需要予測に基づいて、発電所全体として最適な運用計画を立案、提案するシステムとなる。(2020/4/28)

LINEモバイル、ネットワーク増強予定を告知 5月は4回を予定
LINEモバイルは、各回線のネットワーク増強工事予定を発表。5月7日から順次、3キャリアとLINEモバイルの「POI:相互接続点」の回線帯域の最適化を行っていく。(2020/4/27)

FAニュース:
電力原単位を5%低減、溶解効率の高い新型誘導炉
富士電機は、新型誘導炉「F-MELT100G」を発売した。炉体構造の最適化により溶解効率を向上した結果、電力原単位を5%低減。鋳物生産の省エネ化に貢献する。(2020/4/24)

材料技術:
トーヨータイヤがマテリアルズインフォマティクス採用、新材料開発で
TOYO TIREは2020年4月22日、「マテリアルズインフォマティクス」を利用したゴム材料の特性予測技術や材料構造の最適化技術を開発したと発表した。新たに構築したシステムによって、材料の特性や配合の推測値を高精度に出力する。(2020/4/23)

シスコがCaaSプラットフォームなど3製品を発表、システムのリアルタイム監視や最適化を支援
「AppDynamics Experience Journey Map」と「Cisco Intersight Workload Optimizer」「HyperFlex Application Platform for Kubernetes」の3製品を発表した。アプリケーションからインフラまでリアルタイムの監視や最適化を可能にするとし、2020年第2四半期に提供を開始する予定。(2020/4/22)

デジタルゴリラに最適化 「う」「ほ」「っ」の3文字しか入力できない「ゴリラ専用キーボード」が開発される
ドラミング感覚でTwitterできる!(2020/4/16)

組み込み開発ニュース:
さまざまな産業で利用可能な産業用LTEゲートウェイの開発を開始
アムニモは、産業用LTEゲートウェイ「Edge Gateway」の開発を開始した。各種産業で利用できるLTE通信機能を搭載し、特に監視カメラ用途に最適化された設計を目指す。産業用IoTの課題を解決する「デバイスマネージメントシステム」も開発する。(2020/4/16)

2年ぶりの新製品群:
HubSpotが「CMS Hub」をリリース Webサイトを最適化してリードを取りやすく
「CMS Hub」を使うことでマーケティング担当者はエンジニアやIT部門の手を借りることなく必要なコンテンツを迅速に更新でき、トラフィックの向上と見込み客(リード)創出に最適化したWebサイトの構築、運用ができる。(2020/4/13)

製造IT導入事例:
量子コンピュータの適用技術を生産計画立案で導入、SMTの生産最適化で
NECは、同社グループ会社NECプラットフォームズにおける生産計画立案向けに、量子コンピュータの適用技術「シミュレーテッドアニーリングマシン」を活用したシステムを導入する。(2020/4/7)

太陽光:
3つの電池で住宅の再エネ活用を最適化、家を系統安定に役立つ「電源」に
大阪ガスと積水ハウスが、燃料電池、蓄電池、太陽電池を導入した住宅を構築し、電力系統の安定化関する実証実験をスタート。3つの電池を最適にコントロールしながら、住宅を電力系統の安定化に貢献する「電源」として運用する。(2020/4/2)

AIと量子アニーリングでごみ収集ルート最適化 総走行距離2300kmを1000kmに短縮 三菱地所ら
AIモデル構築などのクラウドサービスを提供するグルーヴノーツ(福岡市)と三菱地所は、み収集ルートを機械学習と量子コンピュータ(量子アニーリング方式)を用いて最適化すると、従来の総走行距離を約57%削減できるとする計算結果を発表した。(2020/3/31)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(104):
「2020年5月」までに確認しておきたいAzureサービスの重要な変更
Microsoftは「Azure Log Analyticsエージェント」について、2020年5月18日(米国時間)に「SHA-2署名」を強制することを発表しました。この影響により、関連するAzureサービスの一部としてエージェントを利用しているシステムで対応が必要になる場合があります。また、2020年5月には、Linuxコンテナに最適化された「CoreOS」のライフサイクル終了も控えています。(2020/3/30)

インフラメンテナンス×AI(2):
AIの本質は「最適化手法」にアリ!インフラメンテ最大の壁“暗黙知”を言語化するには?
国内の土木分野では、インフラの老朽化という喫緊の課題が差し迫っており、道路橋を例にとれば建設後50年に達するものが6割にも及ぶとされている。建設業界での慢性的な人手不足の解消と、必要とされる事後保全から予防保全への転換で必須とされる新技術と期待されるのが「AI」だ。土木学会とインフラメンテナンス国民会議のシンポジウムから、インフラメンテナンス領域でのAI活用の最新動向を追った(2020/3/26)

「意図学習技術」で職員配置を最適化、NECソリューションイノベータが福島市で実証実験
NECソリューションイノベータは、AIを活用した人員配置の最適化と業務効率化の実証実験を始める。人事給与システムなどで扱うビッグデータを分析し、自治体の職員配置を最適化する。NECの「意図学習技術」によって、暗黙知となっているルールを含めた職員配置の最適解を探索するという。(2020/3/24)

1ステップで更新を適用可能:
AWS、コンテナホスト用のLinuxベースOS「Bottlerocket」のパブリックプレビュー版を発表
AWSは、コンテナホストへ最適化した新しいLinuxベースのオープンソースOS「Bottlerocket」のパブリックプレビュー版を発表した。汎用OSを利用した場合と比較してアップタイムが短く、更新を1ステップで完了できる。(2020/3/17)

蓄電・発電機器:
太陽光の電力をレドックスフロー電池で最適化、埼玉工大が実証実験をスタート
埼玉工業大学がレドックスフロー電池をキャンパス内に設置し、太陽光発電などの再生可能エネルギーを有効利用する実証実験を開始。再エネの出力変動対策に有効というレドックスフロー電池を活用したシステムの実用化を目指す方針だ。(2020/3/17)

ストレージベンダーが「一から作り上げた」
容量最適化からクラウドデータ監視まで、いま知るべきストレージ技術の最前線
オンプレミス、クラウド、ハイブリッドとシステムが複雑化する中、効率的かつ素早くデータを管理/活用することは、競争力を強化する上で不可欠になりつつある。そこでいま知っておきたい、ストレージの最新技術について解説する。(2020/3/24)

AWS、コンテナに最適化したLinuxベースのOS「Bottlerocket」をオープンソースで公開
AWSが、コンテナ実行専用に開発されたLinuxベースのOS「Bottlerocket」をオープンソースで公開した。コンテナ環境に特化することで、ストレージやメモリのオーバーヘッドなどの課題解決を目指す。現時点でAmazon EKSに対応し、Amazon EKSでBottlerocket更新を管理できる。(2020/3/12)

ウエスタンデジタル iNAND MC EU521:
新規格UFS 3.1準拠の組み込み型UFS
Western Digital(WD)は、組み込み型UFSの新製品「iNAND MC EU521」を発表した。JEDECの新規格「UFS 3.1」に準拠した書き込みブースター技術により、スマートフォンの5Gモバイルアプリケーション向けに最適化している。(2020/3/12)

AIで小学校の評価テストを自動集計、個別最適化した学びを支援――DNP、学習支援プラットフォームの新機能を開発
大日本印刷(DNP)は、小学校で実施される「評価テスト」の採点結果をスタディーログとして自動集計し、AIで分析して個別最適化した学習を支援する機能を開発した。学習支援プラットフォーム「リアテンダント」の新機能として、2020年度夏以降にサービス提供を開始する。(2020/3/10)

シリコン・ラボ EFR32MG22:
Zigbee Green Powerに最適化した新SoCファミリー
シリコン・ラボラトリーズは、近距離無線通信規格Zigbee向けの新たなSoCファミリー「EFR32MG22」を発表した。コイン電池や照明制御、環境発電によるスマートホームセンサーなどのZigbeeデバイスへの採用を想定している。(2020/3/10)

第4回 建築BIM環境整備部会:
標準ワークフロー記載のBIMガイドライン案がレイアウト変更や文章をスリム化
国土交通省は国内のBIM利用が設計、施工などの各プロセスで、業務を最適化するにとどまっている状況を打開すべく、BIMの標準ワークフローなどを記載したガイドラインの作成に注力している。(2020/3/6)

工場ニュース:
パナソニックがテスラとの太陽電池の共同生産を解消、ソーラー事業最適化で
パナソニックはテスラと共同で運営していた米国バッファロー工場での太陽電池セルおよびモジュールの生産を2020年5月までに停止し、2020年9月に撤退すると発表した。(2020/2/27)

CAEニュース:
最適設計パッケージシステムで、空調用ファン形状最適化の工数を約85%削減
三菱重工サーマルシステムズは、ヴァイナスの設計者向け最適設計パッケージシステム「New Sculptor」を活用し、空調用ファン形状最適化の工数を約85%削減した。自動化システムを構築し、効率的なファン形状のパラメーター設計に成功した。(2020/2/27)

組み合わせ最適化問題を高速に解く:
東工大ら、全結合型アニーリングプロセッサ開発
東京工業大学は、北海道大学や日立北大ラボ、東京大学と共同で、組み合わせ最適化問題を高速に解くことができる新しいアニーリング処理方式と、これを実行するための全結合型アニーリングプロセッサを開発した。(2020/2/20)

医療機器ニュース:
日常診療のリアルワールドデータ活用へ向けて、新会社を設立
京都大学とNTTは、「新医療リアルワールドデータ研究機構株式会社」を設立した。日常診療におけるリアルワールドデータを高いセキュリティレベルで管理し、これを統合、解析することで、医療の最適化と医療実態の可視化を図る。(2020/2/17)

Rustで処理速度を改善:
実装言語を「Go」から「Rust」に変更、ゲーマー向けチャットアプリ「Discord」の課題とは
ゲーマー向けチャットアプリケーション「Discord」では、基盤サービスの一つである「Read States」が十分に高速化できない問題が明らかになった。開発チームは既存のコードをさらに改善することで対応しようとした。だが、Rust言語で再実装したところ、最適化を施す以前からパフォーマンスが向上した。なぜだろうか。開発チームがその理由を語る。(2020/2/10)

施工管理:
飛島建設、「to施工BPOサービス」導入で施工管理体制を合理化
飛島建設は、トランスコスモスのBPOサービスを活用した新たな施工管理体制を構築する。2024年の改正労働基準法適用を前に、現場の業務負荷軽減を図るべく、ワークフローの最適化と運用体制の安定化を目指すのが目的だ。(2020/2/10)

従来型のNAS製品では不十分
“クラウド推進派”の企業が最適なストレージにこだわるべき3つの理由
「クラウドでは、それに最適化されたストレージを使うべし」──この考えには確かな理由がある。エキスパートがそれを語った。(2020/2/4)

人工知能ニュース:
機械学習向けハイパーパラメーター自動最適化フレームワークを正式公開
Preferred Networksは、オープンソースソフトウェアの機械学習向けハイパーパラメーター自動最適化フレームワーク「Optuna v1.0」を正式に公開した。(2020/2/3)

電力変換効率を大幅に向上:
可視光波長域で作動する高速応答ダイオード開発
東北大学は、金属層で絶縁層を挟み込むMIM構造のトンネルダイオードにおいて、トンネル層と金属の間に自然酸化膜を成長させることで、ダイオードの高速応答を実現した。電力変換効率は現行ダイオードに比べ約1000倍向上する。自然酸化膜の膜厚を最適化すると、約1万倍に高めることも可能だという。(2020/2/3)

建設業におけるDX推進の起点となり得るか?:
「縦割りの業界を横断して施工ロボットを開発」、鹿島と竹中工務店がゼネコン初の技術連携
国内の建設業界で、なかなかデジタル変革が進まないのは、受注依存の一品毎生産かつ現地屋外生産に要因があると、度々指摘されている。では、製造業とは全く異なるビジネスモデルの建設業で、DXを浸透させるにはどうすべきか?一つの答えが、長らく5大スーパーゼネコンを中心に縦割りで内向きにしか進化ができなかった壁を打破し、業界が一致団結して横に連携することにある。実現すれば、新技術の標準化や業界構造も含めた全体最適化も見込めるはずだ。その第一歩となるゼネコン連携が、鹿島建設と竹中工務店の間で交わされた。(2020/1/31)

視点:
次世代サプライチェーンマネジメントによる全体最適の拡張
全社、あるいは、取引先も含めたサプライチェーン全体での最適化を図ることで収益力を高めるには?(2020/1/27)

自動化プロセスをAI予測モデルで最適化、Blue PrismがRPA向けSaaSソリューションを発表
Blue PrismはRPA向けSaaSソリューションを発表した。自動化プロセスの運用管理や機械学習による最適化を支援する。(2020/1/20)

製造マネジメントニュース:
産業界のコネクテッドエンタープライズ変革を支援するため協業
ロックウェル・オートメーションとアクセンチュアが、デジタル製品の開発で協業する。産業界のコネクテッドエンタープライズ変革を支援するため、両社の専門知識を活用してサプライチェーンを最適化する新しい機能を提供する。(2020/1/17)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理[実践編](第3回):
PR:インターネット上で利用する端末をあらゆる脅威から守ろう
本稿では「Windows 10のモダン管理」を実際に設定して展開していきます。モダン管理の手法は管理者の負担を軽減できるだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広がる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2020/1/15)

MONOist 2020年展望:
エッジは強く上位は緩く結ぶ、“真につながる”スマート工場への道筋が明確に
IoTやAIを活用したスマートファクトリー化への取り組みは広がりを見せている。ただ、スマート工場化の最初の一歩である「見える化」や、製造ラインの部分的な効率化に貢献する「部分最適」にとどまっており、「自律的に最適化した工場」などの実現はまだまだ遠い状況である。特にその前提となる「工場全体のつながる化」へのハードルは高く「道筋が見えない」と懸念する声も多い。そうした中で、2020年はようやく方向性が見えてきそうだ。キーワードは「下は強く、上は緩く結ぶ」である。(2020/1/9)

今日のリサーチ:
マーケターの4割以上が重要業務に時間を割けていない実態――アライドアーキテクツ調査
多様化する顧客接点に最適化したデジタルマーケティングはあらゆる企業の共通課題。分かっちゃいるけどできていない背景には、多忙を極めるマーケターの労働環境があるようです。(2019/12/27)

製造IT導入事例:
製薬メーカーがクラウド調達購買プラットフォームを採用
SAPジャパンは、同社のクラウド調達購買プラットフォーム「SAP Ariba」を第一三共が採用したと発表した。間接材支出の取引情報などを網羅的に管理、蓄積することで可視化し、コストの最適化とコンプライアンスの向上を図る。(2019/12/27)

TDK MAF1608GAD-L:
音質劣化抑制ノイズサプレッションフィルター
TDKは、ノイズサプレッションフィルター「MAF1608GAD-L」タイプを発表した。ノイズ除去特性を維持しつつ、音声ひずみを抑制する低歪フェライト材料を採用。また、内部構造を最適化することで、音質劣化を防止する。(2019/12/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。