特集
» 2016年04月05日 10時00分 UPDATE

「Raspberry Pi 3」の実力をベンチマークで検証する (1/4)

ボードコンピュータ「Raspberry Pi」に新製品、CPU強化と無線機能を搭載した「Raspberry Pi 3」が登場した。ベンチマークによるパフォーマンス検証と、ターミナルでのBluetooth有効化を行う。

[作倉瑞歩,MONOist]

CPUは64bitに 無線関係のデバイスにも対応

「Raspberry Pi 3 Model B」 「Raspberry Pi 3 Model B」

 電子工作やプロトタイピングのツールとして人気のボードコンピュータ「Raspberry Pi」に、最新製品「Raspberry Pi 3」が登場した。

 これまでにも「Raspberry Pi 2」や「Raspberry Pi Zero」などシリーズ製品を紹介してきたが、今回も国内での一般市販が開始された「Raspberry Pi 3 Model B」を入手したので、ご紹介していきたい。

・連載:ラズパイ2で遊ぼうぜ

 まずは、スペックはRaspberry Pi 2とどこが変わったのだろうか。以下の表を参照してもらいたい。

概要 Raspberry Pi 3 Model B Raspberry Pi 2 Model B
SoC Broadcom BCM2837 Broadcom BCM2836(CPU、GPU、DSP、SDRAM、USB)
CPU ARM Cortex-A53/1.2GHz 4コア ARM Cortex-A7/900MHz 4コア
GPU デュアルコア VideoCore IV 400MHz(3D 300MHz) デュアルコア VideoCore IV 400MHz(3D 250MHz)
メモリ(GPUと共用) 1GB DDR2 450MHz 低電圧 SDRAM (ELPIDA B8132B4PB-8D-F)
USB2.0ポート 4(LAN9514内蔵ハブ)
映像入力 15ピンMIPIカメラインタフェース (CSI)
映像出力 コンポジットRCA(PAL/NTSC)、HDMI 1.3/1.4
音声出力 3.5mmジャック、HDMI、I2S
ストレージ microSDカード
ネットワーク (RJ45) LAN9514(10/100 Mbpsイーサネット) LAN9514(10/100 Mbpsイーサネット)
無線LAN IEEE 802.11 b/g/n 2.4GHz(Broadcom BCM43143) ――
Bluetooth Bluetooth 4.1, Bluetooth Low Energy(Broadcom BCM43143) ――
低レベル周辺機器 GPIOヘッダーピン40ピン
消費電力 約9W 約12.5W
大きさ(コネクタ部の突起を除く) 85 × 56 × 17mm
公式に提供されるOS Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OS、Windows 10
既存モデル「Raspberry Pi 2 Model B」との比較

 Raspberry Pi 3は既存モデル「Raspberry Pi 2」からハードウェア自体の性能が上がっており、SoCには同じクアッドコアながらも900MHzのARM Cortex-A7から1.2GHzのARM Cortex-A53となり、64bit対応となった。

 一番目を引くのはやはりオンボードでの無線対応だろう。Broadcom BCM43143がSDカードスロットの横に搭載されており、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nとBluetooth 4.1/ Bluetooth Low Energyに対応する。これまで無線LANやBluetoothを使おうとすると、USBコネクタにアダプターを差して対応しなければならなかったので、この分のポートが空くことになるのは歓迎したい。

Raspberry Pi 2(左)とRaspberry Pi 3(右) Raspberry Pi 2(左)とRaspberry Pi 3(右)。ボードサイズも同じで、USBコネクタやRJ-45のコネクタなども同じ位置にあるので、一見すると区別が付かない

 無線関係のデバイスを国内で使う際には、総務省の「技術基準適合証明」(技適)を取らなければいけないが、パッケージにも表示されているよう、Raspberry Pi 3は技適認証を取得している。総務省の技術基準適合証明等の公示(リンク先PDF)を見ると、リストの一番下に確かに書かれており、2016年2月末には既に認証を得ていることが分かる。

 ただ、このリストにRaspberry Pi 3が載っているからと言って、全てのRaspberry Pi 3が技適を得ているわけではない。並行輸入版などを取り寄せる際には気をつけたいところだ。

Wi-Fiのアンテナ部。中国産を意味する「Made in PRC」の文字が見えるので、この筐体は中国製のようだ Wi-Fiのアンテナ部。中国製を意味する「Made in PRC」の文字が見える。この筐体は中国製のようだ。ほかにも「Made in the UK」と書かれたイギリス製のものもある
「Broadcom BCM43143」 MicroSDカードスロットの横に、無線LANとBluetoothのチップ「Broadcom BCM43143」が付けられている
photo LEDの位置がRaspberry Pi 2でのGPIOコネクタそばから、MicroUSBコネクタの近くに変更されている
パッケージの技適マーク 「技適」マークがあるか、しっかり確認しよう

関連キーワード

Raspberry Pi | Raspberry Pi 2 | 電子工作


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.